面白い広告まとめ | ネットでバズった話題の広告

インターネット上でバズって話題となった、面白い広告をまとめています。

2021年1月 駅広告を上手く活用した遺物展

東京メトロ丸ノ内線新宿駅のメトロプロムナードに現れた「ビジネス界の遺物展」

新年の仕事始めに併せて実施された、Wantedly(ウォンテッドリー)の駅広告が面白いとSNSで話題となりました。

Wantedlyとは、2012年にリリースされた「はたらく」を面白くするビジネスSNSサービスです。今回の広告は、「Wantedly」のプロフィール欄を2020年12月に一新し、新プロフィールのローンチを受け始動したプロジェクト「#つながり方改革」の企画の一環として掲出されました。

新宿駅では、名刺交換の光景や履歴書、職務経歴書がそれぞれ額縁で飾られたデザインとなっています。

遺物展と銘打つだけあって、例えば、履歴書の説明書きでは、「修正液を使うことが許されない為、極度の緊張感が書くものを襲い、そのプレッシャーで書き損じるという悪循環を巻き起こした。」といったクスッと笑える、あるあるネタを掲載。それぞれの説明書きが面白いと、多くの通行人が立ち止まって見入る姿が印象的でした。

横長の広告スペースを「美術館」の展示スペース、今当たり前の光景を「遺物品」として捉えた発想が面白いですよね。

広告実施期間:2021年1月4日(月)~1月10日(日)

その他、2021年1月に行われた面白い広告はこちら。
【2021年1月版】ネットでバズった面白い広告3選 | 新宿駅に登場したビジネス界の遺物展

2021年2月 渋谷駅に登場した「墾田永年私財法」

渋谷駅に現れた「墾田永年私財法」

株式会社明治が2月に実施した、『明治プロビオヨーグルトR-1』の広告。そのインパクトとあるあるネタが面白いと話題になりました。

これは、2020年12月から2021年1月まで、TBSラジオで放送していた「集まれ!悩めるすべての受験生!『受験生は夜悩む Presented by 明治プロビオヨーグルトR-1』」の番組内で受験生から寄せられた、受験生のリアルな声を元にした面白い広告です。「数学で腹が立ったこと:移動する点P」「受験勉強で覚えた『語感の気持ちいい言葉』:墾田永年私財法」「四択で迷ったら:3は裏切らない」など、集まった受験生のリアルな声は、どれも受験を経験した人なら誰もが“あるある”と感じるものばかり。

移動する点P

実物を見に行きましたが、スクランブル交差点の反対側からでも認識できるほどに目を引くデザイン、デカデカと描かれた「墾田永年私財法」「移動する点P」の文字の異質さに驚いていた方も多くいらっしゃった印象でした。渋谷のど真ん中で「墾田永年私財法」とデカデカ描かれたクリエイティブは、何もしなくても話題になりそうではありますが、世間の注目を集めるきっかけとなったのは2月3日に発信された東京都総合防災部のツイートでした。


職員がソーシャルディスタンスを確保しながら呼びかけを行う写真の背景に「墾田永年私財法」と大きく文字が映り込んでおり、SNSを中心にがこれが話題となり、SNSを中心に多くの声・感想が寄せられました。同ツイートは、2021年2月15日時点で約1万リツイート、6,600いいねとなっております。

同社の広告は渋谷駅では屋外看板として「墾田永年私財法」「移動する点P」を掲載、その他のメッセージは東京メトロ銀座線・丸ノ内線内で掲出されました。

広告実施期間: 2021年2月1日(月)〜2月14日(日)

その他、2021年1月に行われた面白い広告はこちら。
【2021年2月版】ネットでバズった面白い広告3選 | 渋谷駅に登場した「墾田永年私財法」

2021年3月 「毎日のお弁当づくり、おつかれさまでした。」お弁当づくりからの卒業

京王線明大前駅に掲示されたキュキュットの駅貼りポスター広告

花王株式会社が3月に実施した、『キュキュット』の駅貼りポスター広告が話題となりました。

こちらの広告では、お弁当箱・お弁当の中身を卒業証書に見立てた面白いデザインとなっており、卒業を迎えた高校生へのエールと、子供の卒業に伴ってお弁当づくりを卒業される方に敬意をこめた内容となっています。

広告は、キュキュットのブランドサイトで紹介しているほか、京王線明大前駅や他の一部駅でも掲出されました。

京王線明大前駅に掲示されたキュキュットの駅貼りポスターですが、新宿方面のホームのみの掲出となっていました。場所的に、新宿方面に向かう人しか見る事が出来ない為、多くの方に視認いただく目的というよりは、見つけた人に喜んでもらえるような意図があったように思います。また、明大前駅以外にも掲出が確認されており、場所によって「お弁当をつくってきた人向け」と「卒業生(高校生)向け」がそれぞれある様子でした。

広告実施期間:2021年3月~

その他、2021年3月に行われた面白い広告はこちら。
【2021年3月版】ネットでバズった面白い広告3選 | 「毎日のお弁当づくり、おつかれさまでした。」

2021年4月 渋谷駅に現れた、折込チラシ風の駅広告

田園都市線・半蔵門線渋谷駅に掲示されたNetflix(ネットフリックス)の駅看板広告

Netflixが4月に実施した、同社が配信しているアニメ『極主夫道(ごくしゅふどう)』にちなんだ駅広告が話題となりました。

『極主夫道』はおおのこうすけ氏が描く、元・最凶ヤクザの主夫業の日常を描いたハートウォーミングコメディで、2021年3月時点の累計発行部数は360万部を突破。2021年4月よりアニメ化され、同社の動画配信サービスNetflix独占で全世界に配信されています。

今回の駅広告では、登場人物である元最凶のヤクザ“龍(たつ)”が主夫であることにちなんだスーパーのチラシを彷彿とさせる面白いデザインとなっています。

電気屋さんの折込チラシを彷彿とさせる広告デザイン

田園都市線渋谷駅でも、比較的スペースの広いビッグ14に掲載された同広告。JRハチ公口に向かう方面、エスカレーターを下りてすぐの場所に出稿されていたこともあり、驚きを隠せない歩行者の姿が印象的でした。作品を知らなくても、思わず気になった調べた方も多いのではないでしょうか。実際、多くの方がSNSにこの光景を投稿し、話題になりました。

この広告以外にも、テレビCMや電車の中吊り広告等も実施していました。自社サービスの説明を漫画(アニメ)の世界観を使って上手く表現した面白い事例だったように思います。

広告実施期間:2021年4月~

その他、2021年4月に行われた面白い広告はこちら。
【2021年4月版】ネットでバズった面白い広告3選 | 折込チラシ風の駅広告

2021年5月 気分は謎解きライブ会場を推理するための看板広告

渋谷駅前に設置された看板広告

5月にRed Bull(レッドブル)が実施した、渋谷駅前での看板広告が話題となりました。

この広告は、レッドブルとKing Gnuがコラボレーションした「Go Louder」プロジェクトの新たな取り組み『Red Bull Secret Gig(レッドブル・シークレット・ギグ)』にちなんで掲載されました。

今回、レッドブルとKing Gnuがタッグを組み、いまだかつてどのアーティストも行ってこなかった衝撃の場所でのシークレットライブ実施を決定。この広告は、そのライブ会場を探し当てるためのヒントとして掲載された面白い広告です。全国各地で目撃情報がありました。

この企画では、各地に出現するヒントを手掛かりにシークレットライブの会場を推理、正解すると、シークレットライブへの現地参加(A賞)またはオンラインでの参加(B賞)が可能になります。

各地の看板広告などを謎解きのヒントとして使っている点が面白い同広告。渋谷駅前一等地の大型媒体をまさか謎解きの要素にしてしまうとは…。スケールの大きさを感じます。多くの方の興味関心を刺激した面白い内容だったと思います。

広告実施期間:2021年5月~

その他、2021年5月に行われた面白い広告はこちら。
【2021年5月版】ネットで話題となった面白い広告3選 | ライブ会場を推理するための看板広告

2021年6月 史上初!?ハチ公前の大型ジャック広告

渋谷ビッグシートファイナル、渋谷ビックシートファイナル中段

6月に実施された、にしたんクリニックが渋谷駅周辺で実施した大型ジャック広告が話題となりました。

今回の広告は、同社が5月から全国放送しているテレビCM「フラメンコ」篇の世界観をそのまま再現した広告です。CM内で出てくる「♪たん、たん、にしたんクリニック!」のユニークなリズムがそのまま屋外看板となっています。

渋谷憲章ボード

同社によると、ハチ公前の4大広告媒体(渋谷ビッグシートファイナル、渋谷ビッグシートファイナル中段、渋谷憲章ボード、ハチコーボード)を4面ジャックするのは日本初の試みであるとのこと。渋谷駅で話題となることが多い大型媒体をジャックする、そのスケールの大きさに驚きを隠せません…!

その他、渋谷センター街の屋外看板やアドトラック、渋谷駅東口構内など渋谷エリア全域で広告展開していました。

渋谷駅エリアの広告は、1週間など短期で販売されている広告枠が多く、かつハチ公前4媒体は人気の高い広告なので、全ての実施時期を合わせるのは相当難しかったのでは…?と思っています。規模もスケールも何もかもが突き抜けている、なかなか見ることができない面白い取り組みでした。

広告実施期間:2021年6月7日~

その他、2021年6月に行われた面白い広告はこちら。
【2021年6月版】ネットで話題となった面白い広告4選 | 渋谷駅の大型ジャック広告

2021年7月 新宿東口に現れた3D巨大猫

7月から新宿東口にある屋外ビジョン「クロス新宿ビジョン」で放映された“3D巨大猫”映像が話題となりました。

「クロス新宿ビジョン」は株式会社マイクロアドデジタルサイネージと株式会社ユニカが共同運営する屋外ビジョンです。湾曲したディスプレイを活かした3D動画など、最先端の表現方法を駆使することができるビジョンとなっています。

話題となった“巨大猫”は、クロス新宿ビジョンの仮放映期間(2021年7月1日~)に放映されたコンテンツの一部となります。放映コンテンツの間に現れる愛くるしい猫の動画を一目見ようと、新宿駅東口周辺は“猫待ち”の人で賑わっていました。

また同時期に、渋谷駅でも3D映像を使った面白い動画広告が配信されました。

頭髪治療のDクリニックは、東京渋谷「シブハチヒットビジョン」と大阪道頓堀「ツタヤエビスバシヒットビジョン」を使った3D広告の配信を行いました。7月5月より放映された同広告では、お笑いコンビ「ナインティナイン」が出演。Dクリニックのグループ企業であるアンファー株式会社が販売する“スカルプD”のCMソングを熱唱する内容となっています。

巨大猫、Dクリニックともに、今までになかった“3D映像”を上手く取り入れた面白い内容でした。一歩先に導入された中国の3D広告映像がSNSで度々話題になることがありましたが、ついに日本にも上陸です。今後、3Dを使った面白い広告クリエイティブが多数生まれてくるかもしれませんね。

広告実施期間:巨大猫2021年7月1日~日、Dクリニック7月5日~

その他、2021年7月に行われた面白い広告はこちら。
【2021年7月版】ネットで話題となった面白い広告3選 | 新宿東口に現れた3D巨大猫

2021年8月 全国の花火大会開催地に掲出「あんさんぶるスターズ!!」ポスター

スマホゲーム「あんさんぶるスターズ!!」で実施された駅広告が話題となりました。

あんさんぶるスターズ!!は、Happy Elements株式会社が提供する、アイドル育成ジャンルの人気スマートフォンゲーム。前作「あんさんぶるスターズ!」のリニューアル版として2020年にリリースされました。

今回の企画は、2021年7月より実施している「夏休みはあんスタ!!キャンペーン」の「みんなでは花火!100,000発!!」にちなんだポスター広告です。全国各地で有名花火大会が開催されている各駅にキャラクターをデザインした広告を掲出されました。

参考:あんさんぶるスターズ!!公式Twitter

各駅によってポスターに描かれたキャラクターが異っていたこともあり、自分の“推し”を探したり、各地のファンがアップした画像を通してコミュニケーションが取られていました。

各駅のポスター写真を投稿したツイートは、数千、数万とリツイートされ、県外にいるなどで実物を見る事ができないユーザーにも広く届けられました。最近流行っている「応援広告」同様、ファンが好きな人を“応援したい”と思う気持ちは計り知れません。

広告実施期間:2021年8月23日~

その他、2021年8月に行われた面白い広告はこちら。
【2021年8月版】ネットで話題となった面白い広告 | 花火開催地に駅貼りポスター

2021年9月 東京リベンジャーズ「オレの地元が最強」


2021年9月にJR東京駅構内で実施された、東京リベンジャーズの広告が話題となりました。

東京リベンジャーズは、若年層を中心に人気の高い人気を誇るの漫画作品。週刊少年マガジンにて2017年より掲載されており、直近ではテレビアニメ化、実写映画化、舞台化が行われるなど、勢いのある作品です。

今回の広告は、JR東京駅の中央通路から駅ホームをつなぐ階段沿いを中心に掲出。各ホームに向かう階段沿いに複数枚の広告が掲出されました。作中に登場するキャラクターが全国各地のご当地代表として登場、各地方あるあるネタを漫画の1コマとして描いたデザインとなっています。ポスターは各都道府県分、全47種類掲出されました。

掲載開始直後から多くの関連ツイートが発信され、掲出日当日の昼頃には全てのクリエイティブを撮影してTwtterに投稿する強者もいらっしゃいました。

広告実施期間:2021年9月13日~

その他、2021年9月に行われた面白い広告はこちら。
【2021年9月版】ネットで話題となった面白い広告5選 | 東京駅に登場した東リベ広告

2021年10月 ソードアートオンライン「絶望を照らす<閃光>となれ」

東京メトロ新宿駅

東京メトロ新宿駅構内に掲出された、2021年10月30日公開の映画「劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 星なき夜のアリア」の広告が話題となりました。

「ソードアート・オンライン」は川原礫氏によるライトノベルが原作で、2012年7月に初めてTVアニメ化されて以降、第1期~第3期までが放送された人気作です。

今回の広告は新宿駅を中心に各地で展開されました。その中でも新宿駅構内の大型広告は、特殊な印刷で描かれた真っ黒なデザインで、カメラのフラッシュ機能で撮影することでキャラクターが浮かび上がって見える面白い仕様となっていました。

同時期にはテレビCMや駅サイネージ、駅貼りポスターも掲出。同作の人気の高さを裏付けるような、大規模な出稿だったように思います。

東京メトロ四ツ谷駅

その他、2021年10月に行われた面白い広告はこちら。
【2021年10月版】ネットで話題となった面白い広告5選 | フラッシュ機能を使った面白広告

2021年11月 出前館 交通広告ジャック

渋谷駅構内

宅配ポータルサイト「出前館」が新宿駅や渋谷駅など首都圏の主要駅を交通広告ジャックし、話題になりました。

全国80,000店舗以上の中から検索・注文できる宅配ポータルサイト「出前館」は、一都三県で実施される送料無料キャンペーンと、週替わり半額WEEKキャンペーンのPRとして、2021年11月1日より新CMの放映を開始。これに伴い、首都圏の主要駅を大型ポスター広告やサイネージ広告などでジャックする広告キャンペーンも行いました。

広告には新CMにも出演している人気の動画クリエイターHIKAKINさんとはじめしゃちょーさんが登場。法被を着てコミカルに歌って踊る「ソーリョー節」篇と、二人が宇宙飛行士に扮する「それ地球にいるうちに言ってよ」篇の2パターンの広告が掲載されました。

掲出された駅では、大型枠のジャック展開も多く、かなりのインパクトがあったようにも思います。
また、この広告ジャックは11月初旬から始まり、12月に入っても継続されていたので長期的なジャックとなりました。長期実施により、多くの認知が獲得できているのではないでしょうか。

新宿駅構内

その他、2021年11月に行われた面白い広告はこちら。
【2021年11月版】ネットで話題となった面白い広告5選 | 出前館による大型駅ジャック

2021年12月 ゲムトレ「勉強ばかりしてないで、ゲームしなさい。」

東京メトロ新宿駅構内

東京メトロ新宿駅構内にて掲出された、ゲームのオンライン家庭教師「ゲムトレ」の大型広告が話題になりました。

「ゲムトレ」とは、オンラインでゲームを教わることができる日本初のゲームのオンライン家庭教師。全国大会や世界大会経験者など高い実力を持ったプロのゲームトレーナーから指導を受けることができるため、子供の習い事を考える親たちの間で話題になっています。

広告のデザインは白地にコピーだけのとてもシンプルなものですが、「勉強ばかりしてないで、ゲームしなさい。」というインパクトのあるコピーで注目を集めました。大きなコピーの横には、ゲームがどのように教育に役立つのか、ゲームが子供に悪影響というのは過去の話であることを伝える文章が記載されています。

かつてゲームは「子供へ悪影響を与えるもの」として、親たちは口々に「ゲームばかりしないで、勉強しなさい。」と子供に言っていましたが、現在ではeスポーツの発展もあり、「ゲーム=悪いもの」というイメージは変わりつつあります。今回の広告はゲームの今までのイメージを覆す斬新な広告だったように思います。

大きなコピーの横に記載されている文章

その他、2021年12月に行われた面白い広告はこちら。
【2021年12月版】ネットで話題となった面白い広告5選 | 「勉強ばかりしてないで、ゲームしなさい。」

2022年1月 明治プロビオヨーグルトR-1「受験当日の我が子に、かけてあげたい言葉とは?」

南北線東大前駅構内に掲出されていた交通広告

東京メトロ銀座線・丸ノ内線車内と、南北線東大前駅・京王井の頭線駒場東大前駅構内にて掲出された「明治プロビオヨーグルトR-1」の交通広告が話題となりました。

6,000種類以上の乳酸菌から選び抜かれた乳酸菌のひとつ、“1073R-1乳酸菌”を使用した「明治プロビオヨーグルトR-1」は、毎日食べたり飲んだりすることで風邪罹患リスク低下効果やインフルエンザの抑制効果が期待でき、人々の免疫力強化をサポートしています。

今回の交通広告は大学入試共通テスト初日の2022年1月15日より掲載されました。都内最大級の試験会場である東京大学の最寄駅、南北線東大前駅と京王井の頭線駒場東大前駅の構内には様々な駅広告を掲載。さらに、試験会場までの交通機関である東京メトロ銀座線と丸ノ内線でも、多数の車内広告を掲出しました。

中でも話題になったのは、見る角度によって書かれている文字が変わる駅貼りポスター広告。南北線東大前駅の構内に掲載されたもので、試験会場へ行く時と、試験会場から帰る時とで読めるメッセージが変わるようになっていました。

(左)会場へ向かう時に見えるメッセージ(右)会場から帰る時に見えるメッセージ

粋な演出で受験生の背中を押す、心温まる広告でした。昨年は「受験生あるある」で受験生を応援したR-1らしいユニークな広告でした。

その他、2022年1月に行われた面白い広告はこちら。
【2022年1月版】ネットで話題となった面白い広告5選 | 受験生に送る応援メッセージ

2022年2月 Tinder・Netflixコラボ広告

渋谷の街頭に掲出されていた屋外広告

マッチングアプリ「Tinder」と動画配信サービス「Netflix」のコラボ広告が渋谷の街頭に掲出され、話題になりました。

位置情報によるマッチングアプリ「Tinder」では、世界190カ国40言語に対応し、多様な出会いや新しいつながりを提供。一方、動画配信サービス「Netflix」では、相手の顔を見ずに会話のみで婚活をする男女を追ったリアリティ番組「ラブ・イズ・ブラインド JAPAN」の配信が開始しました。今回はこの番組とTinderのコラボ広告として掲載されました。

コピーのみのシンプルな広告ですが、内容はまるでTinderとNetflixがお互いのサービスについて喧嘩しているようにも感じる面白いものでした。
ジャンルの異なる企業同士の喧嘩のようなやり取りと聞くと、2021年に掲載された日経新聞と大日本除虫菊株式会社(KINCHO)の新聞広告上でのやり取りを思い出します。

※日経新聞と大日本除虫菊株式会社(KINCHO)が掲載した新聞広告については以下の記事をご覧ください。
「誰が一方通行やねん。」NIKKEIがKINCHOへのアンサー広告を掲載
【2021年7月版】ネットで話題となった面白い広告3選 | 新宿東口に現れた3D巨大猫

喧嘩していながらも、お互いのサービスの魅力をさりげなくアピールしたこの広告はセンスの良さも感じました。

その他、2022年2月に行われた面白い広告はこちら。
【2022年2月版】ネットで話題となった面白い広告5選 | Tinder×Netflixのコラボ広告

2022年3月 ロートZ トレインジャック

広告ジャックされた東京メトロ銀座線の車内

ロート製薬が実施した目薬「ロートジーシリーズ」のトレインジャックが話題になりました。
“目覚めるような清涼感”が特徴の目薬「ロートジーシリーズ」の新CMが2022年3月から放送開始。新CMにはチョコレートプラネットの二人と金子みゆさんが出演しています。

この新CM放送に合わせ、トレインジャックを実施。ロートジーのカラーでもある青を基調とした広告にはチョコプラの二人と金子みゆさんも登場していました。
中でも特にインパクトがあったのは、車内のフロアに敷かれたスマートフォンのアラーム画面をモチーフにした広告。数分おきにたくさんのアラームが設定されており、すっきり起きれない状況でも時間に追われている様を表現しています。
朝に二度寝をして起きられない大半の理由は、目の渇きを眠気と勘違いしているからなのだそうです。そんな二度寝したくなる時こそ、目薬をさせば一発で目が覚めるという知識を広げたいという思いが込められた広告でした。

数分おきに設定されたアラーム画面は朝が弱い人々の共感を得た広告だったのではないでしょうか。

その他、2022年3月に行われた面白い広告はこちら。
【2022年3月版】ネットで話題となった面白い広告5選 | 電車のフロアがスマホのアラーム画面に

2022年4月 シーブリーズ 広告ジャック

東京メトロ渋谷駅構内に掲出された柱巻広告

株式会社ファイントゥデイ資生堂が渋谷駅構内に掲出したシーブリーズの駅広告が話題になりました。
シーブリーズがパッケージを15年ぶりに大幅リニューアルし、さらに新CMの放送開始に併せて、東京メトロ渋谷駅構内を広告ジャック。東京メトロ渋谷駅構内の柱にはシーブリーズ デオ&ウォーターのパッケージデザインそのままのデザインの広告を掲出しました。さらに巨大デジタルサイネージでは、新CMにも登場している高橋文哉さん、吉川愛さん、曽田陵介さん、福山絢水さん、安斉星来さんの5人が登場するサイネージ広告を配信しました。

シーブリーズにぴったりの5人の爽やかな姿が魅力的な広告で、ネット上でもファンを中心に盛り上がっていました。
シーブリーズのボトルデザインの柱巻広告はとても面白いアイディアだったと思います。商品そのものの姿にした柱巻広告は、2021年6月の『キンカン』の広告も同様でしたが、やはり目に留まりやすく、記憶にも残りやすい広告だと思います。新パッケージを多くの人にしっかりとアピールしていた広告でした。

2021年6月の『キンカン』の柱巻広告については以下の記事をご覧ください。
キンカンの金冠堂、切実すぎる本音広告を渋谷駅に掲出

その他、2022年4月に行われた面白い広告はこちら。
【2022年4月版】ネットで話題となった面白い広告5選 | 渋谷に出現したシーブリーズの柱巻広告

まとめ

2021年以降、インターネット上で話題となった面白い広告を紹介しました。

依然として新型コロナの影響は否定できませんが、2020年に比べても広告出稿量は戻りつつあるように感じています。特に、新宿・渋谷などの大型ターミナルに関しては、毎週違った大型広告が掲出されるなど、積極的な広告展開を行う企業が増えてきました。10月には緊急事態宣言が明け、今まで空き枠の目立っていた大型広告も徐々に回復傾向にあります。駅全体に活気が戻ってきている印象があります。

各企業のこれからの展開には注目していきたいところです。

また、2021年は数多くの新媒体が登場しています。国内2位の駅サイネージ(※弊社調べ)「新宿ウォール456」、3D対応の「クロス新宿ビジョン」、4月に実証実験が行われた「3Dホログラムサイネージ」など、最新技術が盛り込まれた媒体が多数生まれています。

こちらについても、広告クリエイティブ幅の広がりには注目していきたいところです。


関連記事

前の記事へ

Biz Life Style(ビズスタ)東京版 - 世帯年収1500万以上にリーチできる情報紙 | メディアインタビュー

次の記事へ

大学生向け広告の種類や効果を徹底解説 | 『学食トレイ広告』や『学生発行のフリーペーパー』など媒体多数