【2021年3月版】ネットでバズった面白い広告3選 | 「毎日のお弁当づくり、おつかれさまでした。」

インターネット上でバズった面白い広告まとめ。
今回は2021年3月に話題となった広告3選についてご紹介します。

「毎日のお弁当づくり、おつかれさまでした。」

京王線明大前駅に掲示されたキュキュットの駅貼りポスター広告

花王株式会社が実施した、『キュキュット』の広告が話題となりました。

本広告は、お弁当箱・お弁当の中身を卒業証書に見立てた面白いデザインとなっており、卒業を迎えた高校生へのエールと、子供の卒業に伴ってお弁当づくりを卒業される方に敬意をこめた広告となっています。

同社が行った「お弁当づくりの感謝」に関する調査では、多くの学生がお弁当を作ってくれている家族に感謝の気持ちを持っていることがわかりました。また、下記のような具体的なエピソードも。

・「今までありがとうございました」と高校卒業をした時に言いました。その時の心境としては、なんか照れ臭い気がして、すごく恥ずかしかったのですが、あの時を振り返るとあまり後悔はしていないし、むしろ満足な感じがする。(19歳男性)

・お弁当に母が手紙を入れてくれたので、学校で写真を撮り、「6年間お弁当作ってくれてありがとう。美味しかった。」とメッセージを送った。家に帰ってお弁当箱を出す時に、再び感謝の気持ちを伝えた。「こちらこそ、毎回おいしかったと言ってくれてありがとう。嬉しかった。毎朝大変だったけど励みになっていた。メッセージ見た時ちょっと泣きそうになった。」と母に言われた。「もうお弁当を作ることがないから、少し寂しい」とも言われた。(20歳女性)

今回キュキュットでは、卒業を迎えられた高校生へのエールと、お弁当づくりを卒業される皆様に敬意をこめて今回の広告を制作・掲示を実施。キュキュットのブランドサイトで紹介しているほか、京王線明大前駅や他の一部駅でも掲出されました。


京王線明大前駅に掲示されたキュキュットの駅貼りポスターですが、新宿方面のホームのみの掲出となっていました。
場所的にも、新宿方面に向かう人しか見る事が出来ない為、多くの方へのリーチを狙ったというよりは、見つけた人がほっこりする…そんなイメージでの展開だったように思えます。

駅によって「お弁当をつくってきた人向け」と「卒業生(高校生)向け」がそれぞれある様子でした。

広告実施期間:2021年3月~

「¥1,990+THANKS」お客様への感謝を表現した新聞広告


ユニクロが実施した新聞1面広告が話題となりました。

同社は3月4日に、同月12日から商品価格を税抜き価格から総額表示へ移行するにあたって新聞広告を出稿。総額表示義務の特例措置が2021年3月31日に終了するにあたり、各小売会社では総額表示への表示切替が行われ、多くが実質値上げや端数調整で対応する店舗が多い中、同社は旧価格と比較して約9%の値引きとなります。

「従来の表示価格(商品本体価格)=税込み価格」とする内容となっており、多くの読者を驚かせました。

広告クリエイティブには、「¥1,990+TAX」ではなく「¥1,990+THANKS」と記した商品タグで価格を表現。「お客さまを支えていくと、強く誓った一年でした。」と、新型コロナで混乱する状況下の中でもユニクロを利用してくださったお客様への感謝のメッセージを発信しています。

私のアカウントでも発信させて頂きましたが、多くの反響がありました。

ファーストビューでは、どういった内容か判断がつかなかったのですが、「例えば、1,990円+消費税=2,189円の商品は、消費税込みで1,990円に。」の部分を読んで意味を理解でき、賞品タグの「¥1,990+THANKS」の意味・真意に感動しました。

同広告は3月4日付の読売新聞、朝日新聞、毎日新聞、産経新聞、日本経済新聞の朝刊各紙の一面広告に掲載、新聞読者を中心に広くメッセージが発信されました。

広告実施期間:2021年3月4日

「パワー!」を連呼!焼肉のたれのCM

株式会社ダイショーが実施した「焼肉のたれ」のCMが面白いと話題となりました。

本CMでは、真っ赤な背景に焼き肉のホットプレートが置かれた食卓と、それを見つめるなかやまきんに君という構図からスタート。同社商品「焼肉一番」を模したタンクトップを着たなかやまきんに君がさらに2人に現れ、ホットプレートの上で焼かれる焼肉に向かって「パワー!」と連呼。

全36秒の動画中、約25秒は「パワー!」と連呼しているシーンが流れ続ける内容となっており、最後に「焼肉一番」の説明が流れてやっと焼き肉のたれのCMと分かるようなストーリーとなっています。

SNS上でも話題となり、下記の投稿を皮切りに多くのコメント・反響が寄せられました。

・ずっと「パワー!」じゃなくて「パァ!」って言ってると思ってて、だいぶ変なCMやなって思いながら5週くらい見てた
・いつか友達と焼肉屋さんに行く時に小声でやってみます。
・何してるかと思ったらパワー届けてたんやwwww
・プロテインのCMなのかと思った笑

また、同社のCMは別バージョンもあり、こちらにもなかやまきんに君が出演しています。

CM放映と同時に同社では、「ダイショー やきにくのタレ Poweeeeeer!お届け!キャンペーン」を展開。特設サイトにてCM動画を公開しているほか、北海道、宮城、長野、静岡、岡山、山口、香川、愛媛、高知、福岡では随時テレビ放送も開始されています。

最初、肉をおいしくする(美味しく焼ける)ホットプレートの広告?かと思い、最後までその真意を確かめるべく見入っていました。3人になったなかやまきんに君のセリフもまさか「パワー」だったとは…。「いったい何を伝えたいのか」と興味がなくてもつい見入ってしまう、そんな面白い広告だったように思います。

広告実施期間:2021年2月25日~

 

まとめ

2021年3月に話題となった面白い広告を紹介しました。

「パワー!」が頭に残る株式会社ダイショーの広告は、ユーザーの「先が気になる!」好奇心を上手く活用した広面白い広告だったように思えます。結果的に、なかやまきんに君が3人に増えて「パワー!」を連呼する訳ですが、それも面白くて結果的に何度も見返してしまう方も多かった印象です。

醤油やみりんなどの日常的に使う調味料とは異なり、必要なときに買う事が多い「焼き肉のたれ」ではありますが、このCMをきっかけに「焼肉一番」が選択肢に加わった方は多いのではないでしょうか?

また、3月というシーズン柄、感謝を伝える広告も多かった印象です。キュキュットの広告は今年卒業を迎える高校生、お弁当を作る親御さん向けの内容ではありましたが、卒業して時間がたった方の中にも、この広告を見て両親に再度感謝を伝えた方は多かったのではないでしょうか?

ユニクロの広告では、ただ9%OFFと伝えるのではなく、日頃の感謝を込めた値引きとして宣言をする事で、多くのファンの心をつかんでいた印象があります。

来月から新年度スタートとなります。新年度1発目、どのようなな面白い広告が見れるのか楽しみですね。


関連記事

前の記事へ

世帯年収1500万以上にリーチできる情報紙『Biz Life Style(ビズスタ)東京版』 | BIZPA掲載企業インタビュー

次の記事へ

大学生向け広告の種類や効果を徹底解説 | 『学食トレイ広告』や『学生発行のフリーペーパー』など媒体多数