【2021年11月版】ネットで話題となった面白い広告5選 | 出前館による大型駅ジャック

インターネット上で話題となった面白い広告をまとめました。
今回は2021年11月に話題となった広告5選についてご紹介します。

出前館 交通広告ジャック

渋谷駅構内の交通広告

新宿駅や渋谷駅など首都圏の主要駅にて実施された、宅配ポータルサイト「出前館」の交通広告ジャックがネットで話題となりました。

「出前館」は全国80,000店舗以上の中から検索・注文できる宅配ポータルサイト。新CMには人気の動画クリエイターHIKAKINさんとはじめしゃちょーさんが出演。法被を着てコミカルに歌って踊る「ソーリョー節」篇と、二人が宇宙飛行士に扮する「それ地球にいるうちに言ってよ」篇の2パターンが放映されました。

新宿駅構内もジャック

今回の交通広告ジャックは2021年11月1日より放映開始となった新CMに併せたキャンペーンで、交通広告もCM同様、法被姿と宇宙飛行士姿の2パターンとなっています。首都圏の主要駅を大型ポスター広告やサイネージ広告などでジャックし、一都三県で実施される送料無料キャンペーンと、週替わり半額WEEKキャンペーンをPRしました。

掲出された駅では、大型枠のジャック展開も多く、かなりのインパクトがあったようにも思います。また、特質すべきは実施期間で11月の初旬から12月に入っても継続されており、長期的なジャックで多くの認知が獲得できているのではないでしょうか(この規模で1カ月以上の長期実施は、正直衝撃的です)

今後の展開にも注目していきたいですね。

レインボーモータースクール和光「免許、取って。」

西武高田馬場駅

西武高田馬場駅構内に掲出された自動車教習所「レインボーモータースクール和光」のフラッグ広告が面白いと話題になりました。

埼玉県和光市にある自動車教習所「レインボーモータースクール和光」は、昭和38年に開設された歴史ある自動車教習所で、東京ドーム約1.5倍の広大なコースを所有しています。

今回のフラッグ広告は自動車教習所のスクールバスが停車する西武高田馬場駅の駅構内に掲出されました。

高田馬場駅という駅特性を考えると、学生を狙った展開だと考えられます。ただ、学生以外の方も「可愛らしい猫に癒された」といった駅利用者は多かったのではないでしょうか。

クリエイティブ自体も、猫の写真と大きなコピーのシンプルな構成で、猫のかわいらしさが前面に押し出されています。「免許、取って。」といったコピーも、まるで猫におねだりされているような錯覚に陥ります。非常に面白い展開でした。

ポケモンBDSP「シンオウ地方で出会った君へ」

東急田園都市線渋谷駅

全国6都市の主要駅にて掲出された、2021年11月19日発売のNintento Switchソフト「ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール」の屋外広告が話題となりました。

「ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール」はニンテンドーDS用の人気ソフト「ポケットモンスター ダイヤモンド・パール」をNintendo Switch用にリメイク。シンオウ地方を舞台にポケモン図鑑完成を目指していくゲームです。

広告にはゲームの中に登場するキャラクターからのメッセージを掲載。かつてのポケモンファンたちへ語り掛けるような内容になっています。

この広告についている二次元コードをスマートフォンで読み取るとARカメラが起動し、さらに広告内のゲーム画面にカメラをかざすと、「ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール」のスペシャルコンテンツが再生されるという仕組みも話題になりました。

ポケモンファンの心を熱くするような広告だったと思います。リメイク前、「ポケットモンスター ダイアモンド・パール」が流行した当時、まだ小学生・中学生だった方は、今社会人として働かれている方も多いはず。この広告をきっかけに、ポケモン熱が再来している方も多かったのではないでしょうか。

王様ランキング「涙を拭う。何度でも。」

東急田園都市線渋谷駅

フジテレビが東急田園都市線渋谷駅構内に掲出した、現在放送中のテレビアニメ「王様ランキング」の駅広告がネットで話題になりました。

アニメ「王様ランキング」は2021年10月より放送がスタート。巨人の両親を持ちながら体が小さく、耳が聞こえない王子・ボッジの冒険物語です。

今回の広告キャンペーンは2021年11月27日・28日に行われたニコニコ生放送でのアニメ「王様ランキング」第1話~第7話一挙配信に先立って実施されました。東急田園都市線渋谷駅構内に掲出された巨大な駅貼りポスターは、「王様ランキング」の名シーンの数々が涙でにじみ、見づらくなっている様を表現しています。今期一番泣ける感動作と話題の「王様ランキング」らしい演出でした。

また、東急田園都市線渋谷駅の改札外に設置されている大型デジタルサイネージでは、今まで放送された各シーンの数々が掲載されました。

涙でにじんだような演出は泣けるアニメならではで面白い工夫でした。ぼやけているので、逆に気になって「何の広告なのか」とじっくり見てしまう方も多かったはず。にじみながらもコピーはしっかり読み取れる内容で、かなり考えられた広告だったように思います。

グランサガ 駅広告ジャック

渋谷駅構内に掲出されていた巨大広告

株式会社NPIXELが新宿駅や渋谷駅をはじめとする都内の主要駅に掲出していたスマートフォン向けアプリゲーム「Gran Saga(グランサガ)」の駅広告が話題になりました。

株式会社NPIXELが開発した「Gran Saga(グランサガ)」は2021年11月18日より配信開始となったばかりのスマートフォン向けアプリゲームです。アニメ調のグラフィックが特徴のMMORPGで、人気声優が多数起用されていることでも話題になっています。

今回、広告には「Gran Saga(グランサガ)」のテレビCMにも出演している俳優の小栗旬さんと金子ノブアキさんの写真を掲載。人気俳優たちの写真が至る所に掲載され、目にした人が気になる広告となっていました。

また、登場するキャラクターが描かれたパターンのものや、出演する声優陣のコメントが掲載された広告など、様々な種類の広告で駅構内をジャックしていました。

登場キャラクターが描かれた広告

声優陣のコメントを掲載した広告

小栗旬さんと金子ノブアキさんの2ショットはなかなかインパクトがありました。また、豪華声優陣ということからアニメファンや声優ファンの間でも話題になった広告でした。

まとめ

2021年11月は、出前館やグランサガのように、大規模な駅広告ジャックが目立っていた印象でした。

ポケモンBDSPの広告のようなスマホと連動した広告もあれば、レインボーモータースクール和光の猫の広告のようなシンプルな広告もあり、どれも個性的で話題性があったと思います。

王様ランキングの涙でにじんだ広告は多くの人に興味関心を抱かせる工夫された広告でした。思わず写真に撮ってSNSにアップしたくなるような、ネットでの拡散も狙った広告だったのではないでしょうか。

来月以降もどのような面白い広告に出会えるか楽しみです。

今回ご紹介した広告以外にも、2021年話題になった広告を以下の記事で紹介しているので、併せてご覧ください。
面白い広告まとめ | 2021年に話題となった広告


関連記事

前の記事へ

ティアラブランド「TARO KAMITANI」、渋谷駅にサイネージ広告を掲出

次の記事へ

Cygames、秋葉原駅にウマ娘の広告掲出