鬼滅の刃 、新宿駅で「ヒノカミ血風譚」サイネージ広告を掲出

2021年10月14日に発売される家庭用ゲーム「鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚」の大型サイネージ広告がJR新宿駅の駅構内にて掲出されています。

原作単行本全23巻の累計発行部数1億5000万部を突破した吾峠呼世晴氏による漫画「鬼滅の刃」は、2019年にアニメ化、2020年に「鬼滅の刃 無限列車編」として映画化され興行収入400億円を超えた人気作。

今回発売される家庭用ゲーム「鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚」はアニメの世界を追体験できるソロプレイモードと、アニメに登場するキャラクターを自由に組み合わせて闘わせられるバーサスモードが楽しめる鬼殺対戦アクションゲームです。

今回の広告キャンペーンでは、JR新宿駅の東西自由通路にある大型LEDビジョンでスペシャルムービーを配信。こちらのムービーは2021年10月17日まで配信される予定です。

全長45.6mの大型LEDビジョンにて配信されているサイネージ広告

新宿ウォール456の向かいのデジタルサイネージでもゲームのPRが行われていました。

新宿駅の東西自由通路が鬼滅の刃にジャックされているようなインパクトでした。

掲出されたメディア

『JR東日本 新宿ウォール456』

新宿駅東西自由通路にあるデジタルサイネージで広告が配信できます。国内最大規模45.6mの大きさでインパクトのある広告展開が可能です。

広告料金を見る


関連記事

前の記事へ

ロート製薬、読売新聞と日経新聞に「目の愛護デー」広告掲載

次の記事へ

映画「燃えよ剣」、新宿駅に大型ポスター広告を掲出