タクトオーパス、池袋や新宿など主要駅でアニメ告知広告を掲出


2021年10月5日よりテレビ放送が開始したアニメ「takt op.(タクトオーパス)Destiny」のサイネージ広告が都内主要駅のデジタルサイネージにて掲出されています。

アニメ「takt op.Destiny」はクラシック音楽の楽譜の力を持った少女の戦いを描いたストーリー。アニメ放送と併せて、スマートフォン向けアプリゲーム「takt op. 運命は真紅き旋律の街を」も2021年にリリース予定です。

今回の広告キャンペーンでは、アニメのPRを都内主要駅のデジタルサイネージにて実施。こちらの広告は2021年10月10日まで掲出される予定です。

アニメの世界観を表現したサイネージ広告

新宿駅の東京メトロ丸ノ内線改札付近のサイネージ広告

池袋駅の西武池袋線改札付近のサイネージ広告

JR池袋駅の中央口のサイネージ広告

掲出されたメディア

『東京メトロ MCV 単駅ジャック販売 新宿駅(定期券うりば前)』

東京メトロ新宿駅構内にある35面のデジタルサイネージをジャックできる広告プランです。オプションでシート掲出の実施も可能です。

広告料金を見る

『JR東日本 J・ADビジョン』池袋駅中央通路 6柱 18面

JR池袋駅の中央通路にあるデジタルサイネージで広告が配信できます。1日の平均乗車人数が50万人を超えるJR池袋駅で幅広いユーザーにアプローチできます。

広告料金を見る

『西武 池袋駅スマイルステーションビジョン』

西武池袋駅の地下改札外にあるデジタルサイネージに広告掲出できます。20面を使ってインパクトのある広告展開が可能です。

広告料金を見る


関連記事

前の記事へ

渋谷のTinder広告、強烈なコピーに込められた想いとは

次の記事へ

漫画「ダンダダン」、渋谷駅に大型ポスター広告を掲出