シナラ、OOH広告の効果検証およびターゲティング配信を可能とするデジタル広告配信サービスを開始

シナラシステムズジャパン株式会社は、これまで困難だったOOHの効果検証、および推定OOH接触者に対するターゲティング広告の配信を可能とするデジタル広告配信サービス「Cinarra for OOH(β版)」をリリースしました。

効果計測では、「リーチ」「WEBサイト送客」「店舗送客」「心理指標」といった4つの指標を計測します。リーチでは「推定OOH接触人数およびデモグラ・居住地」を、WEBサイト送客では「推定OOH接触者の広告主Webサイトアクセス数・率」を、店舗送客では「推定OOH接触者の広告主店舗来店数・率」を、心理指標では「推定OOH接触者に対するブランドリフト」についてをそれぞれ計測します。

これらの指標を組み合わせることによって、OOHの効果を多角的に検証することが可能となります。さらに、こうしたデータを定点的に蓄積していくことで、PDCAサイクルを回しながらより効果的なクリエイティブやメディアプランニングの実践に活かしていくことができます。

ビズ男
(後輩)

OOHは屋外広告の事ですよね!

効果測定が難しくて、発信しっぱなしが当たり前が通常だと思っていましたが、効果が計測できるのは良ですね。

ビズ菜
(先輩)

そうですね。

オフラインの広告は効果を数値化するのがなかなか難しい、というのがこれまでの認識でしたからね。

ビズ男
(後輩)

オフライン広告も最新の技術との掛け合わせで、

より使いやすい広告手段になっていきそうですね。

ビズ菜
(先輩)

屋外看板などのOOHは一気に幅広いターゲットに認識してもらう手段として優れていますから、効果検証のできるOOHの需要は、相当高そうです。

ビズ男
(後輩)

オンラインを中心に広告を出していた広告主も、こういった効果計測可能な屋外看板があると知っておくだけでも、広告戦略に役立ちそうですね。

メディアプランニングを改めて見直す必要が出てくるかもしれません。

また、こちらのサービスを活用することで、従来困難であったOOH接触者に対するターゲティング広告も可能となります。OOHとデジタル広告の2つの接点で商品情報に接触することで、Webサイト誘導率や認知率の向上などに高い効果が期待できます。

ビズ男
(後輩)

オフラインでの接触を基にターゲティング広告が配信できるのは良いですね。

例えば「アイドルの看板を見た人」にだけ関連グッズの広告を見せることもできる…ってことですよね。

ビズ菜
(先輩)

そうですね。

今回はβ版との事ですが、これからはオンラインとオフラインをうまく活用した、相乗効果のある施策というのが増えていきそうですね。

配信元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000034.000016930.html

(編集:ビズパ編集部)

関連記事

前の記事へ

Instagramと連動した、地域の魅力発信のためのデジタルサイネージ「道の駅TV」がサービスをスタート

次の記事へ

インフォリッチ、メットライフドームにスマホ充電器レンタル「ChargeSPOT」を設置