デジタルガレージ、美容サロン専用のデジタルサイネージメディア「サキザキテルコ」の提供をスタート

株式会社デジタルガレージは、2020年8月3日より、全国の美容サロンを対象にデジタルサイネージメディア「サキザキテルコ」の提供を開始し、店舗の顧客に向けた動画コンテンツや広告の配信をスタートします。

サキザキテルコでは、「みんな、ここちよく、自分らしく。」というコンセプトのもと、美容、ファッション、食、ライフスタイル、エンタメなど、多岐にわたる情報コンテンツを配信します。

そこでは、オリジナルキャラクター「サキザキテルコ」によるお悩み相談のコーナー、占いコーナーなどのコンテンツに加え、広告コンテンツも配信されます。 さらに、美容師を通じて、コンテンツと絡めた商品サンプリングを実施することもできます。

ビズ男
(後輩)

美容サロンにデジタルサイネージが設置されるんですね。

髪の毛を切ってもらっている間ってスマホもいじれないし、結構手持ち無沙汰なので、いい暇つぶしになりそうです!

ビズ菜
(先輩)

そうですね。

カットだけでも30分くらいは滞在しますし、それに加えてカラーリングやパーマをかけてもらう人などは、数時間滞在する人もいますから、配信する広告もTVCMのような短いものではなく、時間をたっぷり使って、丁寧に商品やサービスを訴求することができそうですね。

ビズ男
(後輩)

しかも、美容師を通じた商品サンプリングまで実施できるので、

その場だけで商品・サービスへの理解を相当深めることができますね。

ビズ菜
(先輩)

デジタルとリアルが組み合わさった画期的なプロモーションですね。

サキザキテルコには、IoTデバイス開発の株式会社ピースリーによって開発された、モニタリングシステム「eve」が搭載されます。それにより、着座状況をモニタリングし、空席での再生数を除いた有効再生数のみを計測し、コンテンツや広告ごとに視聴状況をレポートします。

ビズ男
(後輩)

なるほど。広告を見ている人を「見える化」する仕組みですね…!

効果検証する際に役立ちそうですね。

ビズ菜
(先輩)

そうですね。

実数に近いデータが拾えるので、より正確な広告効果の測定ができるでしょうね。

サキザキテルコは、2021年3月までに、3,000店舗に18,000台を設置し、リーチ数180万人(月間)を見込んでいます。

配信元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000183.000023393.html

(編集:ビズパ編集部)

関連記事

前の記事へ

串カツ田中、クラウドファンディングのリターンのため、期間限定で店舗名を「串カツ宮迫」へ

次の記事へ

サイカ、「テレワーク環境下でのセミナー開催に対する意識調査」の結果を発表