観戦申込数などのデータを利用したポスティング実証実験を実施

パナソニック インフォメーションシステムズ株式会社とアドソル日進株式会社は、2019年4月から10月までの期間、株式会社ガンバ大阪の協力のもと、地理情報を活用したポスティングにおけるエリアマーケティングの実証実験を実施しました。

この実験では、ホームタウン(本拠地)となるエリアへのポスティングの際に、株式会社アドソル日進の地理情報システム「SUNMAP」を活用し、様々なデータを地図上に可視化、ポスティング配布エリアを選定しました。

この分析には、ガンバ大阪の保有する「ホームタウン会員データ」と、人口密度・世帯構成・推計消費額などの「国勢調査情報」、各世帯から最寄り駅までの距離・最寄駅からスタジアムまでの乗り換え回数といった「鉄道データ」が利用されました。

ビズ男
(初心者)

情報量が多すぎて整理しきれないですね…。

まず、この分析を基に行ったポスティングは効果があったんですか?

ビズパ
先生

2019年4月(2試合)、9月、10月の計4試合でエリア選定、ポスティングが行われたそうです。

結果、847名の新規ホームタウン会員獲得と、1,564名の新規会員の集客に繋がったみたいです。

ビズ菜
(ベテラン)

世帯数に対してホームタウン会員が少なく、スポーツ観覧料消費が高く、スタジアムへのアクセスが良好なエリア。

この条件に当てはまるエリアへのポスティングが最も効果的という結果も得られたみたいですね。

ビズ男
(初心者)

その条件へのポスティングは確かに効果が高そうですね。

データを分析することで、ポスティング効果が高いエリアを絞り込めるというわけですね。

ビズパ
先生

そうですね。そして、該当エリアへのポスティング効果が高いことも同時に立証されました。

今後、サッカーをはじめその他のスポーツ市場における拡販に向けて実用化を目指しているそうです。

会員データとオープンデータ(特にアクセス面などの心理的要因となるデータ)を活用した分析は、スポーツビジネスにおけるエリアマーケティングにはなかった新しい試みでした。

今回の実験は「ポスティングの精度向上」、「ホームタウンとの関係性強化」に寄与していくものと期待されています。

パナソニック インフォメーションシステムズ株式会社とアドソル日進株式会社は実験結果をふまえ、サッカーをはじめ野球、バスケットボール、バレーボールなどのスポーツ市場における拡販に向け、ソリューション化を推進しています。

その一環として、本実験の内容は2020年2月に行われた「第3回 スポーツビジネス産業展」(パナソニック株式会社ブース)にも展示されました。

配信元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000276.000001723.html

(編集:ビズパ編集部)


BIZPAはポスティング以外にも、フリーペーパー広告や折込広告などのオフライン広告を扱っているプラットフォームです。

気になったオフライン広告があればWeb上からそのまま発注可能。また、無料の会員登録で広告価格の確認をすることもできます。新しい広告施策やオフライン広告の検討に是非ご活用ください。

まずは、BIZPAを覗いてみてくださいね。

関連記事

前の記事へ

ぱどとネクスウェイ、富裕層向けDM発送サービスを提供中

次の記事へ

クロスロケーションズ、位置情報ビッグデータを活用したDM配布サービスを提供