経済新聞に関する広告・媒体の比較、まとめ

広告プラットフォーム「Bizpa(ビズパ)」に掲載されている経済新聞に関する広告をまとめています。気になる広告がありましたら、ぜひお問い合わせください。

日本初の金融専門紙『金融経済新聞』


日本初の金融専門紙『金融経済新聞』


『金融経済新聞』は、金融庁・財務省、日本銀行など監督行政の動きをはじめとして、メガバンク・都市銀行・信託銀行・地方銀行・信用金庫・信用組合・労働金庫・農協・証券・生命保険・損害保険・クレジットカード・信販・消費者金融など、金融各業態のきめ細かなニュースを提供する金融に特化した専門紙です。他紙にはみられない専門紙として、金融業界各層から高い評価を得ている媒体です。

また、伝統的に本部企画中枢部門に強いという定評があります。この評価は、広告媒体として活用するうえで見過ごせません。言うまでもなく、最終の意思決定は本部にあります。その本部で多く読まれていることは、その意思決定機関にじかにアピールできることになります。つまり、「金融経済新聞」は、金融機関の意思決定ラインに乗っているということです。ターゲットを絞った効率的なPRが期待できる媒体です。週刊/毎週月曜日、20,000部発行。

コンテンツ例


1面・・・行政・総合
2面・・・総合
3面・・・総合
4面・・・大手行・証券・保険
5面・・・ノンバンク・ICT
6面・・・地域銀行
7面・・・信用金庫・信用組合
8面・・・文化・書籍
(人気コンテンツ)
・IT Front Line:IOT企業の最前線にいる方々にインタビュー
・海外銀行サービス:バンクビジネスやサーバーリスクなど、海外の最新事情を紹介

会社員/BtoB/週刊

日本初の金融専門紙『金融経済新聞』

観光業界専門メディア『観光経済新聞』


観光業界専門メディア『観光経済新聞』


週刊『観光経済新聞』は、国土交通省交通運輸記者会に所属し、(公社)日本専門新聞協会(文化庁所管)に加盟する観光業界に特化した専門紙です。主な購読者は、日本旅館協会、全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会といった団体に加盟する旅館・ホテルを中心に、JTBグループやKNT-CTホールディングス、日本旅行、東武トップツアーズなどの大手旅行会社。さらにはJRグループや航空会社などの交通機関、中小の優良旅行業者、オンライン旅行会社(OTA)、観光関連の行政、団体などに幅広く有料購読されています。発行部数(59,000部)は、類似業界紙と比べて10倍以上。国内観光業界で最もコンセンサスを得ているメディアです。購読料14,300 円/年(税・送料込)、週刊/毎週土曜日、59,000部発行。

『観光経済新聞』の強み


1,「旅館・ホテルでの導入に効果的」
購読の 60%は旅館・ホテルです。

2,「旅行業者にアピールできる」
購読の 30%は旅行会社・交通機関です。

3,「観光行政・団体にリーチできる」
購読の 10%は観光行政 国・自治体 ・団体です。

4,「地域の観光資源を旅行商品化」
旅行商品造成に役立つ「特集」を実施しています。

5,「観光振興で地域を活性化」
セミナー・インタビューなどの情報発信が多数。

6,「その他」
中学・高校向けの 教育旅行特集など

経営者/BtoB/旅行/週刊

観光業界専門メディア『観光経済新聞』

東海3県を主力エリアとする経済新聞『中部経済新聞』


東海3県を主力エリアとする経済新聞『中部経済新聞』


『中部経済新聞』は、愛知・岐阜・三重の東海3県を主力エリアとして経済・行政ニュースを報道する朝刊の経済新聞です。昭和21年の創刊以来、地元企業の生きた情報を伝え続け、現在では、世界的企業からベンチャーまで幅広い産業構造を持つ中部圏で信頼と好評を獲得し続ける、中部地区唯一の日刊経済紙です。購読料3,650円/月、朝刊(第2月曜、日曜日休刊)、94,700部発行。

『中部経済新聞』の強み


・「各界からの強い信頼と高評価」
中部経済圏の産業経済の動向を把握したオピニオンリーダーとして各界から信頼と好評を得ています。

・「的確・迅速な報道」
経済・行政ニュースを中心に地域の話題・文化などを的確・迅速に報道しています。

・「回読率・保存率の高さ」
経済新聞ならではの回読率・保存率が高く、高い広告効果が期待できます。

・「ハイグレードなターゲット層にPR」
経営者や実業者などの高所得者が主に購読しているため、ハイグレードなターゲット層にPRでき、効率の良い販売促進が期待できます。

富裕層/経営者/BtoB

東海3県を主力エリアとする経済新聞『中部経済新聞』


前の記事へ

神奈中バスに関する広告・媒体の比較、まとめ

次の記事へ

ゴルフ場に関する広告・媒体の比較、まとめ