横浜駅エリアのおすすめ広告!| 鉄道会社乗り入れ数日本一の巨大ターミナル

幅広い世代に人気の横浜エリアは、みなとみらい21地区、関内地区、中華街など多くの観光地が名を連ねます。その中心である横浜駅は、1日平均の乗降人数が世界4位の約230万人にのぼる巨大ターミナル。鉄道会社乗り入れ数は日本最多の6社です。

横浜駅周辺は東口と西口を中心に、百貨店やファッションビル、飲食店などが多数存在する巨大な繁華街。休日は観光客や買い物客で賑わいます。また日産を始めとする企業や大学、専門学校も多いため平日も活気に溢れています。

平日・休日を問わず人出が多い横浜駅は、広告訴求効果の高いスポット。今回はそんな横浜駅の特徴と、掲出可能な広告媒体をご紹介します。

横浜エリア周辺の主な特徴

  • 横浜駅周辺は巨大なショッピング街。百貨店やファッションビルを中心に、専門店や飲食店が軒を連ねている。
  • 日本最多の鉄道6社が乗り入れており、観光地に行くために電車を乗り継ぐ人も多いため、乗り換え客が多い。乗り換えのために通る通路沿いに広告媒体が集中的に設置されている。
  • 横浜駅に乗り入れる鉄道各社の路線沿いには大学や専門学校が多く、学生も頻繁に利用している。

ビズ菜
(ベテラン)

活気のある横浜駅ですが、今も大規模な再開発プロジェクトが行われているんですよね。

 

ビズパ
先生

その通りです。「エキサイトよこはま22」と呼ばれる横浜駅周辺の再開発プロジェクトが進行中で、その一部として2020年に「JR横浜タワー」が開業しました。

今後もプロジェクトは続きますよ。

ビズ男
(初心者)

それは知りませんでした。

横浜はこれからも進化し続ける街なんですね。

 

横浜駅の各路線1日当たりの乗降人数

  • JR 419,440人(2019年度)
  • 相模鉄道線 429,114人(2018年度)
  • 東急東横線 364,270人(2019年度)
  • 京浜急行線 324,183人(2019年度)
  • みなとみらい線 210,832人(2019年度)
  • 横浜市営地下鉄 144,045人(2019年度)

ビズ男
(初心者)

横浜駅の利用客の数、とても多いですね!

世界4位は伊達じゃないですね。

 

ビズパ
先生

そうですね。

横浜駅の平均乗降人数は新宿駅、渋谷駅、池袋駅に次に多く世界4位となっています。

実は、駅の乗降人数で見ると「日本のTOP20=世界のTOP20」なのですよ。

ビズ菜
(ベテラン)

ええ!そうなんですね!

利用者が多いだけあって、買い物客や観光客、会社員や学生など本当に様々な層の人が利用している印象があります。

 

代表的な周辺施設

ショッピング

  • 高島屋横浜店
  • そごう横浜店
  • ルミネ横浜
  • マルイシティ横浜店
  • 相鉄ジョイナス
  • 横浜ビブレ

企業(横浜エリアに本社を構える企業)

  • 日産自動車株式会社
  • 株式会社オカムラ
  • 株式会社崎陽軒
  • 相模鉄道株式会社

観光地

アソビル

「アソビル」は、2019年3月に開業した「複合型体験エンターテインメントビル」です。

地下1階、地上4階のビルの中にものづくり体験マーケットや屋内キッズパークなどがあり、屋上にはフットサルやバスケットボールを楽しめるスポーツコートも併設。横浜駅みなみ東口通路直通の新スポットです。休日には多くのファミリー層で賑わいます。

日産グローバル本社ギャラリー

横浜駅東口から徒歩で行ける、日産グローバル本社の1階に設けられたギャラリー。国内外で販売されている日産車や、レーシングカーなどが展示されています。

日産オリジナルの小物を全商品取り扱うブティックやスターバックスコーヒーも併設されており、ゆっくりと楽しめます。クルマ好きに限らず、数多くの方が訪れる施設となっています。

そごう美術館

横浜駅東口にあるそごう横浜店には、6階に美術館が併設されています。洋画、日本画、工芸、彫刻、版画など国内外の幅広いジャンルのアート作品を展示しています。 シニア層や文化人など中心に人気がある美術館です。

ビズ菜
(ベテラン)

横浜駅から少し足を伸ばして「みなとみらい21地区」まで行けば、赤レンガ倉庫やよこはまコスモワールド、ランドマークタワーなどの観光施設がいっぱいありますよね。

 

ビズ男
(初心者)

横浜中華街も、みなとみらい線で行くことができますよ。

 

ビズパ
先生

そうですね。

周辺の観光地に向かうたくさんの観光客が乗り換えをするのが、横浜駅なんです。

 

大学

  • 慶應義塾大学 日吉キャンパス
  • 明治学院大学 横浜キャンパス
  • 神奈川大学 横浜キャンパス
  • 日本体育大学 横浜・健志台キャンパス
  • 昭和大学 横浜キャンパス

横浜エリアで広告出稿されている商品・サービス例

横浜駅周辺の店舗、サービスの広告 

横浜駅周辺の店舗やサービスの広告を出す場合、駅の壁面や通路を使った駅構内広告がよく使われます。

6路線が交わる横浜駅構内には、通路が多いのが特徴。また、相模・京急・JR・東急・横浜市営地下鉄と複数鉄道会社が乗り入れている関係で、距離が長い連絡通路が多い点も特徴です。移動の際広告を目にすることで、街中での購買行動に直結しやすくなります。

様々なターゲットに向けたマス広告

多数の路線・多数の鉄道会社が乗り入れる横浜駅にはビジネスパーソンから若年層、ファミリーなど、様々な年齢、性別の人々が行き交うので、横浜エリアの広告はオールターゲットに向けたマス広告が多く見られます。

また、周辺には都心からも多くの人が訪れる「赤レンガ倉庫」や「みなとみらい」、「横浜中華街」等の観光施設も多数あるので、平日はビジネスパーソンや学生、休日は観光客や周辺に住むファミリー層など、多くの方が横浜駅を訪れます。 

ビズ男
(初心者)

確かに、横浜駅って横に長いイメージある。

JR改札から京急線の改札まで結構歩いた記憶があります。

 

ビズパ
先生

そうですね。

移動距離が長い分、通行途中に広告を見てもらえる機会も多くなります。金額も、新宿や渋谷などに比べると押さえられる部分もあるので、人気が高いようですよ。

ビズ菜
(ベテラン)

なるほど。周辺に観光地も多いから、都心や地方から来る観光客含めて、色んな人に広告をリーチすることができそうですね!

 

まとめ

乗降人数世界4位を誇る、巨大ターミナル横浜駅。日本最多の鉄道6社が乗り入れており、乗り換え客も非常に多い駅です。買い物客や観光客だけでなく、会社員や学生も多く利用する横浜駅は様々なターゲットへの広告訴求が可能となっています。

また、駅周辺は東口と西口を中心に、百貨店やファッションビル、飲食店などが多数点在、休日は観光客や買い物客で賑わいます。また日産を始めとする企業や大学、専門学校も多いため平日も活気に溢れています。

平日・休日を問わず人出が多い横浜駅は、広告訴求効果の高いスポット。東京都心部に比べて安価な広告費用で効率的に幅広いターゲットに対してアプローチすることができる穴場的なスポットかもしれません。

実施可能な広告例

駅広告

広い横浜駅の構内には、様々な広告が掲載可能です。JR中央通路や南改札内で21面掲出可能な「J・ADビジョン」や、東急東横線駅構内で16面展開可能な「TOQサイネージピラー」。B0サイズ10枚分の大きな面でアピールできる「東急 横浜BIG10」といった大型シート広告、更にはJR、東京メトロ、東急、相鉄線の駅構内でB0サイズ合計47枚分のポスター掲出が出来る横浜駅ジャックプランなど、様々なメニューが用意されています。

横浜駅構内の駅広告

神奈中バス広告

横浜駅エリアを走るバスと言えば神奈中バス。地元住民の方はもちろん、通学や通勤など数多くの方のライフラインとして利用されています。乗車客にアプローチ出来るデジタルサイネージ、ポスター、ステッカーといった広告メニューに加え、通行者にアプローチ出来る車体看板など、様々なメニューが低価格で実施可能です。

神奈中バス広告

屋外ビジョン(YOKOHAMA VISION)

横浜駅北口のビル壁面にある屋外ビジョン。朝は通勤ラッシュ、昼は利用者数の一番多い西口前のロータリーへ向かう人々、夜は帰宅者や観光客と常に交通量の多い通りに面しています。ビジョン視認範囲内の歩行者は、1日あたり平日は約10万人、休日は約13万人。朝、昼、夜と時間帯を指定しての放送も出来るので、ターゲットに合わせた効率的な訴求が可能なメディアです。

YOKOHAMA VISION

横浜駅周辺の広告一覧はこちら

その他の横浜駅エリアで掲出可能な広告媒体

横浜駅西口 TK横浜西口ビル看板


横浜駅西口の
TK横浜西口ビルの看板に掲出可能な広告プランです。横浜ビブレ前にあり、人通りの多い南幸橋に近いため、多くの通行人の目に留まりやすい広告媒体です。

横浜駅西口 TK横浜西口ビル看板の詳細はこちら

横浜のタウン情報誌『アーバン』横浜中央版

『アーバン』は、30~70歳の女性をターゲットとした、横浜のイベントやショップなどの情報を掲載しているフリーペーパーです。朝刊の折り込みやポスティングで配布されています。

横浜のタウン情報誌『アーバン』横浜中央版の詳細はこちら

駅構内コンビニに設置のサイネージ『NewDays VISION 横浜駅』6面


エキナカのNewDays、KIOSK店舗に設置されているデジタルサイネージでCMが流せます。音声が流せるため、多くの人の興味・関心を引きやすい広告媒体です。

駅構内コンビニに設置のサイネージ『NewDays VISION 横浜駅』6面の詳細はこちら

神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙『タウンニュース』横浜市中区・西区

『タウンニュース』は、神奈川県全域と東京多摩地域で発行されているフリーペーパーです。地域密着型で身近な生活情報が掲載されています。

神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙『タウンニュース』横浜市中区・西区の詳細はこちら

オフィスコンビニエンスストア チラシ・ポスター掲示


オフィス内コンビニスペースのラックや冷蔵ケースに広告物が掲示できるプランです。が可能です。東京・神奈川エリアを中心に展開可能で、IT系や医療系などの業種をターゲットに広告展開できます。

オフィスコンビニエンスストア チラシ・ポスター掲示の詳細はこちら

音楽スタジオプロモーション サンプリング


横浜や町田など、神奈川県・都内近郊エリアにある音楽とダンスの貸しスタジオ「CLOUD9(クラウドナイン)STUDIO」や「GATEWAY STUDIO」で商品サンプリングできる広告プランです。

音楽スタジオプロモーション サンプリングの詳細はこちら

20~40代向けの飲酒店を使ったプロモーション サンプリング

20~40代のビジネスマンやOLに多く利用されている居酒屋でサンプリングが実施できます。東京・神奈川・千葉の広範囲で展開可能です。

20~40代向けの飲酒店を使ったプロモーション サンプリングの詳細はこちら

ライブハウスでのプロモーション チラシ配布

YOKOHAMA B.B.streetなどのライブハウスで来場者へチラシが配布できる広告プランです。20~40代の音楽好きをターゲットとしたPRにおすすめです。

ライブハウスでのプロモーション チラシ配布の詳細はこちら

担架収納箱ポスター広告『グリーンボックス』横浜市営地下鉄

『グリーンボックス』には、救急救命用担架が格納されていて、その表面に広告掲出できます。公共性の高い広告媒体のため、目につきやすく、ユーザーに好印象を与えやすい広告媒体です。

担架収納箱ポスター広告『グリーンボックス』横浜市営地下鉄の詳細はこちら

神奈中バスメディア 車内窓上ポスター

神奈中バスの窓の上にポスターを掲出できます。各営業所の全車両に取り付けられるので、地域の施設や店舗のPRにおすすめの広告媒体です。

神奈中バスメディア 車内窓上ポスターの詳細はこちら


前の記事へ

駅貼りポスターってどんな広告? | 低単価で実施できる駅広告の代表格

次の記事へ

オフィスに設置された冷蔵庫でプロモーションができる『OFFICE DE MEDIA』 | BIZPA掲載企業インタビュー