BtoBに関する広告・媒体の比較、まとめ

広告プラットフォーム「Bizpa(ビズパ)」に掲載されているBtoBに関する広告をまとめています。
ターゲットとなる業界でしか知らない・読まれていないニッチな情報誌や施設内メディアなどアプローチ方法は様々。気になる広告がありましたら、ぜひお問い合わせください。

オフィスコンビニエンスストア チラシ・ポスター掲示


オフィス内コンビニスペースにチラシやポスターを設置


オフィス内に設置されている無人販売サービスのラックや冷蔵ケースにて広告物の掲示が可能です。企業の従業員に直接プロモーション出来ます。業種はIT系や医療系、エリアは東京・神奈川中心。

OL/会社員/1箇所からOK/オフィス・会議室

オフィスコンビニエンスストア チラシ・ポスター掲示

OFFICE DE MEDIA デジタルサイネージ


OFFICE DE MEDIA


全国で累計1,500拠点超(2020.2時点)に導入されている「OFFICE DE YASAI」の冷蔵庫スペースに設置したタブレット端末によるサイネージメディアです。他の広告物が置かれていない「オフィス」というロケーションで冷蔵庫という物理的な「場」を確保しているため、内容をしっかり見ていただきやすいメディアです。

<6つの強み>
1. 購買力のあるビジネスパーソンだけが見る媒体
2. 阻害するものがなく、集中して見てもらいやすい
3. 健康的なものが売られる売り場なので、イメージが良い
4. 勢いあるサービスで、設置箇所が日々増えている媒体
5. 広告と合わせた商品サンプリングもカンタンに
6. アンケートオプションでテストマーケティングの実施もできる

OFFICE DE YASAIとは


オフィスで健康的な野菜・フルーツ・惣菜が食べられる「置き野菜」サービスです。
拠点数は3年で4倍。手軽で健康的な福利厚生サービスとして注目され、TVや雑誌、WEBメディアにも数多く取り上げられています。

OL/会社員/BtoB/15秒可/オフィス・会議室

OFFICE DE MEDIA デジタルサイネージ

オフィス内シュレッダーサイネージ『e-Pod Digital Ads』


e-Pod Digital Adsとは


オフィス内に設置されたシュレッダーの上部にあるデジタルサイネージに広告配信が出来ます。執務エリア内で、ビジネスパーソンだけに訴求が出来るBtoBに特化したメディアです。東京23区内(特に港区・渋⾕区・新宿区・千代⽥区・中央区に集中)に200台以上、リテラシーの高いIT企業から各業界のメーカー、ソフトウェア、マスコミ、金融まで幅広く設置。

経営者/会社員/BtoB/15秒可/オフィス・会議室

オフィス内シュレッダーサイネージ『e-Pod Digital Ads』

加瀬の貸し会議室インストアプロモーション


加瀬の貸し会議室のテーブルにステッカー掲出


会議やミーティングはもちろん、セミナー、講演会、面接会場など、様々なビジネスユースで使われる貸し会議室。その会議室のテーブルに貼り付けられる、注目度の高い媒体です。長い滞在時間の中で、自然と目に入ります。企業向けのサービスや商品をお持ちのBtoB企業様におすすめのメニューです。

OL/会社員/BtoB/1箇所からOK/オフィス・会議室

加瀬の貸し会議室インストアプロモーション

アイスクリーム情報専門誌『アイスクリームレビュー』


アイスクリーム情報専門誌『アイスクリームレビュー』


『アイスクリームレビュー』は、アイスクリーム業界の販売動向、全国・地域別の市場動向、新商品情報など最新の話題を掲載する専門誌です。隔月/偶数月、12,960円(税・郵送料込)

コンテンツ例


・アイスクリーム業界の販売動向
・全国地域別の市場動向分析、新商品情報、商品動向
・関連資材業界の特集記事、チルドデザート関連記事
・アイスクリームショップの動向
・メーカー別売上高、形態別売上高等の各種統計
・海外のアイスクリーム商品と市場動向  
・連載コラム 「アイスマン福留のICEandPEACE」、など

BtoB

アイスクリーム情報専門誌『アイスクリームレビュー』

サイン・ディスプレイ業界の専門誌『POPEYE』


サイン・ディスプレイ業界の専門誌『POPEYE』


1969年の創刊以来、 『POPEYE』は業界トップの発行部数を維持し、 サイン製作会社に無くてはならない専門誌としての地位を確立しています。「POPEYE に掲載された製品やサービスなら安心」という読者の声も多く、 サインメーカ ー・販社のブランディングには外せない広告・宣伝ツ ールとして定着しています。隔月刊/偶数月、10,000部発行。定価2,700円(税・送料別)

コンテンツ


全国の特徴的な看板製作事例やディスプレイ装飾をはじめ、 屋外・交通広告、 大型施設のサイン計画などを写真中心に掲載。 サインの詳細スペックまでを表にする踏み込んだ記事と、 初心者から熟練者までわかりやすい技術解説を特徴としています。
業界に 有用な資機材紹介、 漫画による業界知識のQ&Aなども盛り込み、 読者で あるサイン製作会社に求められる情報を網羅しています。

BtoB

サイン・ディスプレイ業界の専門誌『POPEYE』

店頭マーチャンダイジングの専門誌『月刊マーチャンダイジング』


店頭マーチャンダイジングの専門誌『月刊マーチャンダイジング』


売場強化のための流通小売業界専門誌『月刊マーチャンダイジング』では、ドラッグストアをはじめとした流通業に関する情報を満載し、流通業界・ビジネス関係者に有益な情報を毎号お届けしています。

具体的には、ドラッグストアはじめヘルス&ビューティーを事業領域とする流通業の「売場づくり」、「販促提案」、「作業問題」、「商品政策」などの店頭現場の課題解決につながる情報から、企業トップのインタビュー、業界の潮流を読む論説まで現場視点を主軸に多彩な情報を掲載しています。店舗現場に直結している媒体として、多くの流通小売業者に読まれています。月刊/毎月20日、10,000部発行。定価1,500円。

『月刊マーチャンタイジング』のコンセプト


店舗現場主義
月刊マーチャンダイジングは、店舗現場ですぐに使える「売り方」や「作業問題」など、売場の実務に徹底的にこだわった誌面作りをしています。
小売業が取引先に最も期待することは「具体的な『売り方』の開発」です。われわれと共に、最適な「売り方」を研究していきましょう。

仮説・実証・検証主義
「売り方」が変われば「売れ方」が変わる。これが本誌の信念です。
常に「仮説・実践・検証」を繰り返す、「実証主義」を貫く誌面作りを行っています。
ドラッグストアをはじめとする小売業から絶大な信頼を得ているのが本誌の強みを生かし、協力ドラッグストアの店頭をお借りして、具体的な「売り方」を実験し、POSデータを用いてその結果を検証するという企画も随時行っています。

トップ直結主義
「月刊マーチャンダイジング」には多くの流通業界のトップ(社長)が登場しています。しかも、インタビューに登場していただくだけでなく、実際に本誌を毎月熟読してくださっています。特に、弊誌の出発点となるドラッグストア業界の経営者にこれほど多く購読されている雑誌は、他に類を見ないと、私どもは確信しております。

BtoB/月刊

店頭マーチャンダイジングの専門誌『月刊マーチャンダイジング』

セメント・コンクリ ート関連業界専門誌『セメント新聞』


セメント・コンクリ ート関連業界専門誌『セメント新聞』


『セメント新聞』は業界初の専門紙として1949年創刊。セメント産業、資源、生コン、プレキャスト製品、混和剤、維持補修、リサイクルなどあらゆる業界動向に 対応。セメント・コンクリート分野で最も長く、最も広く読まれている新聞です。週刊/毎週月曜日、10,000部発行。

BtoB/週刊

セメント・コンクリ ート関連業界専門誌『セメント新聞』

ものづくり・産業技術専門誌『月刊JETI』


ものづくり・産業技術専門誌『月刊JETI』


『月刊JETI』(ジェティ)は、工学専門分野をベースに諸分野・諸業種の特集や関連業界の最新動向、製品情報を掲載する専門誌です。1952年の創刊以来、最新の技術論文や企業・製品情報を掲載しながら、ケミカルからロボット、ライフサイエンスまで幅広い分野を網羅しています。メーカーとユーザーを結ぶ、業界唯一の総合誌として幅広い分野の業界研究者・関係者へPRが可能な上、他業界の新製品、トレンドを基にシナジー効果を得られます。月刊/毎月22日、5,000部発行、定価2,500円。

『月刊JETI』のコンセプト


「月刊JETI」は副題を「ものづくり・産業技術専門誌/Japan Engineering & Technology Intelligence」と改訂し、工学専門分野をベースに、エネルギー工学、材料工学、自動車工学、環境工学、建築工学、電子工学、電気工学、IT工学、ロボット工学、化学工学、ナノ工学、生命工学、農業工学、食品工学、測定分析工学、航空工学、宇宙工学等の諸分野・諸業種を総合的、横串的に俯瞰できる特集づくりを行うと共に、毎月号において、ニーズに応え得る関連業界の最新動向、製品情報を発信しています。

『月刊JETI』の強み


・「多業種へ幅広くPR」
 ケミカルからロボット、ライフサイエンスまで幅広い分野を網羅しているため、企業の研究員から企業経営陣、大学教授まで多業種の機関へリーチし、幅広くPRすることが可能です。

・「高い信頼」
最新の技術論文、企業・製品情報や最新の技術動向、価格動向、特許動向を分析・掲載することで、高い信頼を寄せられています。

経営者/BtoB/月刊

ものづくり・産業技術専門誌『月刊JETI』

食品研究論文を掲載する学術専門誌『New Food Industry』


食品研究論文を掲載する学術専門誌『New Food Industry』


『New Food Industry』は、食品研究発表の月刊学術専門誌です。創刊以来、日本の「食・医・薬」を支える研究者とともに、60年以上もの年月をかけて食品業界の歴史を歩み続ける媒体です。近年では、人々の健康長寿を目指す予防科学への意識の高まりから、医学・薬学の研究者の見識も取り入れ、多岐に亘った研究発表の学術誌として発行しています。

読者層は、大学・専門・研究機関、加工業者、図書館、原料供給業者が主で、関東、近畿地方が半数以上を占めます。高い信頼とブランド力がある媒体なので、読者にフィットするPRで強力な広告効果が期待できます。月刊/毎月1日、7,500部発行、定価2,500円(送料120円)。

コンテンツ


掲載される原稿は、編集委員会の先生方、他各専門の先生による審査、査読されることによって、選ばれた論文を掲載し、査読される論文は、原著・総論・ノートで、査読なしで掲載する論文は、研究解説、新製品解説記事、機能性食品素材解説記事となります。

経営者/BtoB/月刊

食品研究論文を掲載する学術専門誌『New Food Industry』

旅行業界の総合専門紙『旬刊旅行新聞』


旅行業界の総合専門紙『旬刊旅行新聞』


『旬刊旅行新聞』は、全国的な視野から旅行業界の最新情報を的確に発信し、タイムリーな問題の分析と解説を提供する唯一の業界専門紙です。1975年の創刊以来、一貫して旅行業界のオピニオンリーダーとして、的確な報道と、観光業界の健全な発展へ寄与し続けている、旅行新聞社だからこそ得られる、絶大な信頼と高い評価で、旅行会社をメインに、ホテル・旅館、官公庁、観光関係団体、交通機関、ドライブイン、観光施設、大学・シンクタンクなど学術関係、観光関連メーカーなど幅広い業種の方に読まれています。購読料18,150円/年、旬刊/毎月1日,11日,21日、32,000部発行。

『旬刊旅行新聞』のコンテンツ例


・「特集企画」
1面は毎号特集企画を連載。独自の取材で、旬のテーマを深堀し、分かりやすく紹介します。

・「的確なデータ掲載」
国や地方自治体、旅行業界の動向やデータ、人事情報などを的確に掲載します。

・「タイムリーな話題掲載」
大型広域キャンペーンやNHK大河ドラマなどの話題も取り上げます。

・「ワールドワイドな情報掲載」
台湾の観光業界専門誌「TRAVEL RICH(旅奇週刊)」、フランスの日本専門誌「ZOOM JAPON」との提携によって、ワールドワイドな情報も掲載しています。

経営者/郵送/BtoB/旅行

旅行業界の総合専門紙『旬刊旅行新聞』

関連記事

前の記事へ

インバウンドに関する広告・媒体の比較、まとめ

次の記事へ

名古屋に関する広告・媒体の比較、まとめ