スーパーマーケットに関する広告・媒体の比較、まとめ

スーパーマーケットとは主に生鮮食品や生活雑貨などを販売している商店を指します。取り扱い商品の性質上、駅周辺や住宅街など人通りが多い場所で営業することが多いことも特徴の一つです。広告媒体としてはスーパーマーケットを利用する消費者は主婦やサラリーマンなど購買意欲の高い層が多いため、商品・サービスによっては高い広告効果が期待できます。今回は、そんなスーパーマーケットに関する広告やメディアについてまとめました。

i-pockets ナリタヤフリーマガジンラック


『i-pockets』ナリタヤフリーマガジンラック


千葉県に14店舗を構える、ナリタヤにマガジンラックを設置。
地元に根付いたスーパーマーケットチェーンに出稿が可能です。

i-pockets ナリタヤフリーマガジンラック

首都圏駅前スーパーマーケット 店頭デジタルサイネージ


首都圏駅前のスーパーマーケット店頭の出る足るサイネージメディア


京王ストア、そうてつローゼン、Odakyu OX、東急ストアといったスーパーマーケットの店頭入口付近にあるデジタルサイネージに広告を一斉配信出来るメニューです。

ママ/主婦/ファミリー/音声あり/15秒可/小売・飲食店舗

首都圏駅前スーパーマーケット 店頭デジタルサイネージ

マルエツのデジタルサイネージ広告『ストアド ティービー』


スーパーマーケット「マルエツ」店内のデジタルサイネージ


関東地方1都5県で地域に根ざした商売を徹底しているスーパーマーケット「マルエツ」で展開するデジタルサイネージメディアです。
マルエツへ来店いただくお客様のうち男女比で女性が80%、年代は約60%が男女共に40代~70代。地域に根ざしたシニア層向けのメディアとしてご活用頂けます。

女性/40代/50代/60代/70代/主婦/1箇所からOK/小売・飲食店舗

マルエツのデジタルサイネージ広告『ストアド ティービー』


関連記事

前の記事へ

調剤薬局に関する広告・媒体の比較、まとめ

次の記事へ

大阪に関する広告・媒体の比較、まとめ