経済に関する広告・媒体の比較、まとめ

広告プラットフォーム「Bizpa(ビズパ)」に掲載されている経済に関する広告をまとめています。経済系のトピックが豊富な媒体をピックアップしました。気になる広告がありましたら、ぜひお問い合わせください。

日本初の金融専門紙『金融経済新聞』


日本初の金融専門紙『金融経済新聞』


『金融経済新聞』は、金融庁・財務省、日本銀行など監督行政の動きをはじめとして、メガバンク・都市銀行・信託銀行・地方銀行・信用金庫・信用組合・労働金庫・農協・証券・生命保険・損害保険・クレジットカード・信販・消費者金融など、金融各業態のきめ細かなニュースを提供する金融に特化した専門紙です。他紙にはみられない専門紙として、金融業界各層から高い評価を得ている媒体です。

また、伝統的に本部企画中枢部門に強いという定評があります。この評価は、広告媒体として活用するうえで見過ごせません。言うまでもなく、最終の意思決定は本部にあります。その本部で多く読まれていることは、その意思決定機関にじかにアピールできることになります。つまり、「金融経済新聞」は、金融機関の意思決定ラインに乗っているということです。ターゲットを絞った効率的なPRが期待できる媒体です。週刊/毎週月曜日、20,000部発行。

コンテンツ例


1面・・・行政・総合
2面・・・総合
3面・・・総合
4面・・・大手行・証券・保険
5面・・・ノンバンク・ICT
6面・・・地域銀行
7面・・・信用金庫・信用組合
8面・・・文化・書籍
(人気コンテンツ)
・IT Front Line:IOT企業の最前線にいる方々にインタビュー
・海外銀行サービス:バンクビジネスやサーバーリスクなど、海外の最新事情を紹介

会社員/BtoB/週刊

日本初の金融専門紙『金融経済新聞』

家具・インテリア・木工の業界専門紙『家具新聞』


家具・インテリア・木工の業界専門紙『家具新聞』


『家具新聞』は、昭和29年の創刊以来、家具&インテリア情報を発信し続けています。家具&インテリア業界の最新動向を大判(ブランケット判)4~8ページ、フルカラーの紙面にコンパクトにまとめて、短時間でも業界の動向を把握でき読者から高評価を得ています。隔週/毎月第1、3水曜日、5,000部発行。

コンテンツ


・技術とデザインの最前線
木製家具の匠の技、眠りを科学するベッド関連の技術、職人や作り手が込めた製品への思い、時代の先端を走るデザイン―こうした現場を取材して確かな情報をお伝えしています。
・旬のネタを追跡
国産材・地域材の活用、合法木材など循環型社会の構築のために取り組まねばならないこと。厳しい経営環境をどう乗り切るか。経済から環境まで、さまざまな業界の課題に焦点をあて、旬のネタを追跡して解決のヒントを探ります。
・人気の連載企画
次世代への技術の継承、インテリアコーディネーターからの業界への提言など、読み応えある連載をお届けしています。

住宅・不動産/隔週

家具・インテリア・木工の業界専門紙『家具新聞』

世界最大級の自動車専門日刊紙『日刊自動車新聞』


世界最大級の自動車専門日刊紙『日刊自動車新聞』


『日刊自動車新聞』は、世界最大級の自動車専門紙です。1929年(昭和4年)の創刊以来、世界の産業・経済のリーダー役であり、社会生活の担い手、文化のバロメーターとして欠かせない自動車にフォーカスし、自動車産業の発展とともに歩んでまいりました。最先端の新商品・新技術はもちろん、自動車に関連する各分野の動向や地域に密着したきめ細やかな情報などを、ニュースや連載、特集などの形で新聞およびWebでお伝えしています。自動車業界向けにアピールをご希望される方に最適な媒体となっております。日刊/月~土曜日、102,600部発行。

コンテンツ


最先端の新商品・新技術はもちろん、業界の様々な情報を広く深く取材しています。業種別・商品別・企業別特集をはじめ、周年・総会・キャンペーン・イベント企画など、各分野における様々な出来事に即応して、タイムリーに発行しています。

会社員/BtoB/クルマ・バイク/日刊

世界最大級の自動車専門日刊紙『日刊自動車新聞』

業界最大手の海事・物流の日刊経済紙『日本海事新聞』


業界最大手の海事・物流の日刊経済紙『日本海事新聞』


『日本海事新聞』は、1942(昭和17)年、政府外郭団体の機関紙として創刊され、戦後の1946(昭和21)年に民間企業・日本海事新聞社発行の日刊総合物流紙として新たな船出をしました。国内最大発行部数の日刊総合物流紙(日本新聞協会加盟)として、外航・内航海運、ロジスティクス、造船・舶用、港湾・倉庫、荷主、金融・保険、クルーズの各企業、関係官公庁・団体、教育・研究機関など、広範な読者から支持を得ており、海事・物流産業のクオリティーペーパーとして評価されています。日刊/土日祝日以外、41,200部発行。

コンテンツ


・1面:総合(外航海運ほか)
各分野から選りすぐりの特報・速報ニュースをはじめ、最新の産業・政策トレンドに関する分析・解説記事、インタビュー記事、企画連載記事など、今を読み解き、時代の潮流が見える情報を掲載。

・2面:海運・造船
外航、内航の素材・資源エネルギー輸送動向、ドライバルク、タンカー市況、造船・舶用メーカーの受注・製品開発、フェリー業界の動向などを掲載。

・3面:港湾・ロジスティクス
世界貿易のインフラであるコンテナ輸送を担う海運企業をはじめ、港運、倉庫、フォワーダー、国際物流(航空貨物を含む)各企業の動向とともに、国内外の港湾事情などを掲載。

・4面:オピニオン等
有識者の提言・論評や読者投稿、本紙記者による解説・問題提起欄「記者の視点」などを掲載。

・5面:地域ワイド、オーシャン、各種データ
各地の港湾事情、分野別企画記事、ニュースの深層を解説する記者座談会、大型寄稿などのワイド紙面のほか、貿易統計など各種データを掲載。

・6面:イベント・文化
企業・団体・行政のイベント開催スケジュールや開催結果のリポートをはじめ、海にまつわるエッセー、書評、写真記事、各種文化記事などを掲載。

会社員/BtoB/日刊

業界最大手の海事・物流の日刊経済紙『日本海事新聞』

航空宇宙専門新聞『週刊WING』


航空宇宙専門新聞『週刊WING』


『週刊WING』は、国内唯一の週刊航空宇宙専門紙として、1957年に創刊し、2017年度に創刊60周年を迎えました。その間、防衛省、陸海空自衛隊、経済産業省、国土交通省、文部科学省、航空宇宙工業メーカー、航空会社、商社などを中心に丹念に取材、国内・海外の航空宇宙関連産業を中心に幅広い読者層に支持されています。週刊/毎週水曜日、22,000部発行。

『週刊WING』の強み


・「読者からの高い信頼とブランド力」
週刊WINGの紙面づくりの大きな特徴は、防衛、民間、海外、とそれぞれの分野で長年に渡って独自の取材活動を続けている専門記者によって記事が書かれていることです。防衛省、国土交通省、エアラインなどの首脳から担当者レベルまで、ニュースの最前線に立った取材活動から生まれる、質の高い記事が読者の信頼とブランド力に繋がっています。

・「読者からの高評価」
独自のネットワークを活かし、内外の諸情勢をいち早くキャッチし、常に航空業界への建設的立場を堅持しながら、航空機メーカー、ベンダーをはじめ商社など航空業界全般に亘って報道することで、1957年の創刊以来、海外においても日本市場に対する最も効果的な広告ツールとして高い評価を得ています。国内のスポンサーに至っては170社を超え、ニュース報道にとどまらず、業界のオピニオン紙としての役割をも果たしています。

BtoB/週刊

航空宇宙専門新聞『週刊WING』

観光業界専門メディア『観光経済新聞』


観光業界専門メディア『観光経済新聞』


週刊『観光経済新聞』は、国土交通省交通運輸記者会に所属し、(公社)日本専門新聞協会(文化庁所管)に加盟する観光業界に特化した専門紙です。主な購読者は、日本旅館協会、全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会といった団体に加盟する旅館・ホテルを中心に、JTBグループやKNT-CTホールディングス、日本旅行、東武トップツアーズなどの大手旅行会社。さらにはJRグループや航空会社などの交通機関、中小の優良旅行業者、オンライン旅行会社(OTA)、観光関連の行政、団体などに幅広く有料購読されています。発行部数(59,000部)は、類似業界紙と比べて10倍以上。国内観光業界で最もコンセンサスを得ているメディアです。購読料14,300 円/年(税・送料込)、週刊/毎週土曜日、59,000部発行。

『観光経済新聞』の強み


1,「旅館・ホテルでの導入に効果的」
購読の 60%は旅館・ホテルです。

2,「旅行業者にアピールできる」
購読の 30%は旅行会社・交通機関です。

3,「観光行政・団体にリーチできる」
購読の 10%は観光行政 国・自治体 ・団体です。

4,「地域の観光資源を旅行商品化」
旅行商品造成に役立つ「特集」を実施しています。

5,「観光振興で地域を活性化」
セミナー・インタビューなどの情報発信が多数。

6,「その他」
中学・高校向けの 教育旅行特集など

経営者/BtoB/旅行/週刊

観光業界専門メディア『観光経済新聞』

東北6県の建設総合情報紙『建設新聞』


東北6県の建設総合情報紙『建設新聞』


紙『建設新聞』は、宮城県・山形県・岩手県・福島県・青森県・秋田県の東北6県を取材エリアとする建設関連情報を網羅した建設業界専門紙です。昭和26年の創刊以来、公共・民間の工事計画、入札・発注の見通しと結果、建設関連の行政・経済ニュースの報道、解説、評論など、営業戦略に直結する情報を掲載することに注力し、建設関連業界から高い信頼と評価を得ています。

建設業者、建設資機材業者、官公庁、設計事務所が主な読者層なので、ターゲットにフィットするPRで強力な広告効果が期待できます。日刊、23,000部発行。

コンテンツ


・1面(総合面)
中央官庁・民間大型工事計画、中央官庁・民間の公告・結果の速報、中央官庁・地方公共団体の建設行政のほか、コラム”あをしん抄”を掲載

・2~9面(東北各県面)
官庁・民間の計画、公告、指名、結果、県市町村予算、工事・業務発注予定などを掲載

・終面(ニュース面)
建設業関連ニュース、行政、人事動向、現場紹介、企業倒産情報、指名停止情報、インタビュー、建設統計などを掲載

経営者/BtoB/住宅・不動産/日刊

東北6県の建設総合情報紙『建設新聞』

東海3県を主力エリアとする経済新聞『中部経済新聞』


東海3県を主力エリアとする経済新聞『中部経済新聞』


『中部経済新聞』は、愛知・岐阜・三重の東海3県を主力エリアとして経済・行政ニュースを報道する朝刊の経済新聞です。昭和21年の創刊以来、地元企業の生きた情報を伝え続け、現在では、世界的企業からベンチャーまで幅広い産業構造を持つ中部圏で信頼と好評を獲得し続ける、中部地区唯一の日刊経済紙です。購読料3,650円/月、朝刊(第2月曜、日曜日休刊)、94,700部発行。

『中部経済新聞』の強み


・「各界からの強い信頼と高評価」
中部経済圏の産業経済の動向を把握したオピニオンリーダーとして各界から信頼と好評を得ています。

・「的確・迅速な報道」
経済・行政ニュースを中心に地域の話題・文化などを的確・迅速に報道しています。

・「回読率・保存率の高さ」
経済新聞ならではの回読率・保存率が高く、高い広告効果が期待できます。

・「ハイグレードなターゲット層にPR」
経営者や実業者などの高所得者が主に購読しているため、ハイグレードなターゲット層にPRでき、効率の良い販売促進が期待できます。

富裕層/経営者/BtoB

東海3県を主力エリアとする経済新聞『中部経済新聞』

新しい日本を創る提言誌『Voice』


新しい日本を創る提言誌『Voice』


月刊誌『Voice』は、昭和52年12月に、21世紀のよりよい社会実現のための提言誌として創刊されました。以来、政治、国際関係、経済、科学・技術、経営、教育など、激しく揺れ動く現代社会のさまざまな問題を幅広くとりあげ、日本と世界のあるべき姿を追求する雑誌づくりに努めてきました。次々と起る世界的、歴史的な変革の波に、日本社会がどのように対応するかが差し迫って闘われる今日、『Voice』はビジネス社会の「現場感覚」と「良識」を基礎としつつ、つねに新鮮な視点と確かなビジョンを提起する総合雑誌として、高い評価を得ています。

『Voice』の特徴


1,流行に迎合しない「新鮮な視点」と「確かなビジョン」を低減するオピニオン誌
2,国内外の有識者が、いま注目のわだいについて卓越した論考を披露
3,テレビのニュース解説では得られない深い理解を読者に促す
4,経営者、政治家、完了など「リーダー」を主な読者とするクオリティ・マガジン

男性/40代/50代/60代/月刊

新しい日本を創る提言誌『Voice』

幅広い世代のビジネスパーソンにアプローチできる『週刊エコノミスト』


幅広い世代のビジネスパーソンにアプローチできる『週刊エコノミスト』


『週刊エコノミスト』は1923年(大正12年)に創刊、2018年に95周年を迎えました。創刊号では編集方針を「学理を論じて空疎に失せず、現実に即して卑近に流れず」と謳い、以来、本誌は、時流に流されず、現実を見据えた報道につとめてきました。企業のトップマネジメントやエグゼクティブ、金融関連業従事者などから厚い信頼と支持をいただいている硬派なクオリティマガジンです。

コンテンツ


政治・経済情報のエキスパートである新聞社系のビジネス誌として、高い取材力を武器に収集したマクロ的視点の経済情報から、各業界やテーマに落としこんで深掘りしたミクロ的視点の特集まで、世界と日本でいま起きている経済事象の革新をあますことなく伝えます。
・BUSINESS EYE
めまぐるしく変化する日本経済において、斬新な経営ビジョンや独自の視点でヒット商品・サービスを生み出し、明日の日本に活力を与えてくれる企業に対し、幅広いテーマで対応する記事タイアップ企画です。
・IR(Investor Relations)
企業が株主や投資家に経営理念や経営情報を継続的にディスクローズし、正確な情報を提供していこうとするIR(インベスター・リレーションズ)活動は、企業戦略上の重要事項となっています。企業の知名度やイメージをアップさせ、経営の安定を図り、株主や投資家との友好関係を維持していくIR活動を特集します。

週刊/会社員/経営者

幅広い世代のビジネスパーソンにアプローチできる『週刊エコノミスト』

業界唯一のゴルフ場総合経済誌『月刊ゴルフマネジメント』


業界唯一のゴルフ場総合経済誌『月刊ゴルフマネジメント』


1980年に創刊。「ゴルフ特信」の豊富なネットワークとデータ分析を集積した内容をベースに、多様化したゴルファーの質や志向、ゴルフ界の動向をグローバルな視野から分析。ゴルフ界の総合経営誌として、日本全国のゴルフ場経営者や支配人、グリーンキーパー、ゴルフ用品・用具メーカー、ゴルフ場関連機材メーカー、会員権業者、ゴルフ業界に新規参入する企業ほか、多岐に渡り幅広い支持をいただいております。

経営者/BtoB/月刊

業界唯一のゴルフ場総合経済誌『月刊ゴルフマネジメント』

新しいエネルギーの専門月刊誌『クリーンエネルギー』


環境、産業、経済の共生を追求するエネルギーの専門月刊誌


エネルギー問題も地球環境を揺るがすものとして、従来のエネルギー源確保、 省資源、省エネルギーから、二酸化炭素の削減、クリ ーンエネルギーヘとその対応が変わってきています。環境と産業・経済の共生を図る真にクリーンエネルギーの到来となってきています。こうした社会のニーズに応え、実施段隋に入っているコージェネレーション(熱電供給)、燃料電池、 地域冷暖房を中心にこれらすべてのクリ ーンエネルギーに関する技術情報を提供し、 これからのクリ ーンエネルギーの普及、 向上、推進について分かりやすく解説しています。

コンテンツ


特集:話題のエネルギー・関連技術を中心に、応用技術や機器・システム・導入事例などを一つのテーマで集約して掲載しています。
テクニカルレポート:エネルギーに関する最新研究の紹介、 注目の各社の製品や最新技術を掲載。
エネルギー事情:エネルギーに関連する国 ・ 自治体の政策、 動向の紹介。 各種エネルギー関連団体発表のレポートの解説、海外動向などを掲載しています。
フィールドレポート:各種エネルギーシステム・設備の導入事例を掲載。
NEWS&PROOUCTS:新製品の紹介、業界のトピックス、各種告知を掲載しています。

20代/30代/40代/BtoB

新しいエネルギーの専門月刊誌『クリーンエネルギー』

生産加工技術の専門月刊誌『機械と工具』


1957年創刊の生産加工技術の専門月刊誌


生産現場で働く方に向けた、有料の技術専門誌です。生産加工を支えるベーシックな技術、話題の最新技術から、最新情報、未来技術まで多岐にわたるコンテンツを掲載。また、第一線で活躍する技術者、大学研究者、公的施設の研究者、民間の研究者などの論文も分かりやすく解説しています。

コンテンツ


特集:工作機械、工具、周辺技術の最新動向、加工対象となる素材、加工現場における環境対応技術、また自動車部品過去、医療部品加工等、様々な角度から取り上げます。
解説記事:切削加工の理論、工作機械設計といった基礎技術の解説から、現在注目を集めている最新技術、また将来の展開が期待される新技術、さらに経済動向、海外の技術動向なども取り上げます。
レポート:JIMTOF、EMO、IMTSをはじめとした内外の重要展示会で展示される新技術・新製品の最新情報を提供。その他、ローカルな展示会に見られる注目される新製品、新技術、単独の企業・団体における事業内容のレポートもお届けします。
連載:基礎講座、歴史展望、技術解説、現場レポートなど、多彩な記事を掲載します。
その他:ニュース欄、統計データ、図書紹介、新製品紹介などのページを設けています。

男性/会社員/BtoB/月刊

生産加工技術の専門月刊誌『機械と工具』

関連記事

前の記事へ

終活に関する広告・媒体の比較、まとめ

次の記事へ

ワインに関する広告・媒体の比較、まとめ