暗号通貨に関する広告・媒体の比較、まとめ

暗号通貨は、ビットコインなどの仮想通貨と同じ意味で使われている言葉で近年よくニュースなどで耳にする場面が増えているのでないでしょうか。暗号通貨にはセキュリティの対策として暗号技術が使われています。例えば、対になっている2つのキーを利用してデータの暗号化し、復号もおこなう公開鍵暗号やハッシュと呼ばれるデータ変換の技術などがありますね。また、公開鍵暗号とハッシュの両方が使われている電子署名という技術も一般的になっています。今回は、そんな暗号通貨に関連して出稿できる広告・メディアについてまとめました。

国内初の暗号資産専門誌『月刊 暗号資産』


国内初の暗号資産専門誌『月刊 暗号資産』


『月刊 暗号資産』は、国内初の暗号資産(仮想通貨)やブロックチェーン関連情報を扱う専門月刊誌として2018年2月に創刊され、以降28刊を発行し多くの投資家に購読されています。暗号資産(仮想通貨)専門誌として国内唯一、国立国会図書館に所蔵されています。月刊/毎月21日、30,000部発行。980円(税別)

男性/40代/50代/60代/会社員/月刊

月刊 暗号資産 の詳細はこちら

仮想通貨専門メディア『みんなの仮想通貨』ディスプレイ広告


仮想通貨専門メディア『みんなの仮想通貨』 ディスプレイ広告


仮想通貨投資家向けの専門メディア『みんなの仮想通貨』内バナー広告にて、貴社の商品・サービスやキャンペーン情報をユーザーへ訴求します。

『みんなの仮想通貨』とは


「みんなの仮想通貨」は、「みんなの株式」内に展開する仮想通貨投資家向けの専門メディアです。仮想通貨の市況ニュース、相場分析記事はもとより、数多くの仮想通貨レート・チャートのリアルタイムでの提供アービトラージ取引情報を提供。ユーザー同士の交流のチャットや売買予想など、他にはないサービスを展開しております。

男性/30代/40代/50代/会社員

みんなの仮想通貨 ディスプレイ広告の詳細はこちら


前の記事へ

小田急に関する広告・媒体の比較、まとめ

次の記事へ

ジオターゲティング広告について徹底解説! | 位置情報を利用したターゲティング力の高い広告