岡山市に関する広告・媒体の比較、まとめ

岡山市は、中国地方の県の一つである岡山県の県庁所在地であり政令指定都市です。人口は約71万人で中国地方の中では広島市に次ぐ大都市で近年人口も増加傾向にあります。岡山市といえば、高級フルーツの産地であることを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。フルーツ王国とも異名を取り、マスカットやピオーネ、白桃、いちごなど季節のフルーツを果樹園で楽しめますし、岡山市内にはフルーツパフェやフルーツサンドを売りにした飲食店が多く立ち並びます。今回は、そんな岡山市のエリアに向けて出稿可能な広告やメディアについてまとめました。

岡山・倉敷のミセスに一番近い生活情報紙『さりお』


岡山・倉敷のミセスに一番近い生活情報紙『さりお』


『さりお』は主婦・女性にターゲットを絞り、地域での日々の暮らしに役立つ生活情報を届けるため、さまざまな企業の情報を読みやすい生活情報に編集。岡山市・倉敷市・早島町・赤磐市を中心におよそ20万部、50世帯に宅配しています。子育て・仕事・地域のコミュニティ・家計・家族との関係、そして自身と家族の健康など、『さりお』は、ミセスが出会うさまざまな課題とその解決のヒントをタイムリーに紹介し、地域と女性の暮らしをバックアップしています。ミセスの関心は多角的。地元の店や季節のお出かけ情報から年金の話題まで、『さりお』は地域密着情報と全国共通情報をバランスよく掲載しています。

媒体特性


・家庭の消費決定権を持つ主婦がターゲット。主婦を動かし購買につなげます。
・地元の女性が一般家庭1軒1軒に確実に配布。新聞未購読世帯にもリーチ可能です。
・政府広報が掲載される高い信頼性とクオリティ。信頼があるから読者は動きます。
・女性組織やWEB等多彩なプロモーション機能でターゲットへ重層的にアプローチできます。
・広告を“身近”で“お得”で“役に立つ”情報にするコーディネート力=高い閲読率を実現します。
・女性組織に裏付けされた共感を生むコミュニケーションが高レスポンスを生みだします。

リビング新聞が家庭に届くまで


・毎週水曜日に女性組織「リビングレディ」の自宅に担当部数分を納品
・1人500部~1000部を担当し自分が住むエリア近隣に配布
・店舗や会社を除き、標準世帯が住む住居に1部1部配布
・配布先は住宅地図に落としこみ管理。住居の外形からペット(犬)有無等も把握

エリアに住む女性の責任感と土地勘で確実に無駄無く配布します。

岡山・倉敷のミセスに一番近い生活情報紙『さりお』


前の記事へ

【2021年1月版】ネットでバズった面白い広告3選 | 新宿駅に登場したビジネス界の遺物展

次の記事へ

渋谷駅エリアのおすすめ広告! | 1日に約300万人が利用する世界2位の巨大ターミナル