富山県に関する広告・媒体の比較、まとめ

富山県は、北陸地方の中の県の一つで、本州の中央北部に位置しています。東京からは北陸新幹線の官業によって、新幹線で約2時間8分とアクセスも良いことも特徴で日帰りもできますね。富山県といえば、1995年にユネスコの世界文化遺産に登録された「五箇山 合掌造り集落」を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。また、富山県は過去30年の震災階数が全国で最小となっており、今後30年以内の巨大地震の発生確率も11.1%とされており、安全安心な県としてアピールもされています。今回は、そんな富山県のエリアに向けて出稿可能な広告やメディアについてまとめました。

富山県内で一番読まれているタウン誌『Takt』


富山県内で一番読まれているタウン誌『Takt(タクト)』


『Takt(タクト)』は、富山で暮らす大人の女性たちをターゲットにしたライフスタイルマガジンです。2000年1月の創刊以降、着実に読者層を広げ、現在は30~50代を中心とした幅広い世代の女性から支持を集めています。毎月10日、25,000部発売。富山県内の書店、コンビニ、一部ドラッグストアで販売しています。

有料誌ならではの保存性の高さと、再読・回読率の高さもポイント



月刊有料誌として長く保存してもらえるよう、紙質・製本のクオリティにもこだわっています。また、 県内に2,000件以上ある美容室や飲食店、医院に設置いただいているので、1冊のTaktは何度も、何人もの人にも読まれています。

クオリティの高い編集力とデザイン力、上質な写真で情報を魅力的に伝えます



長年の編集・デザインノウハウをもとに構成された誌面は、情報をさらに魅力的に伝えます。Takt編集部が独自の切り口で、グルメ・イベント・レジャー・美容・健康・ショッピングなどの旬な情報を、トレンドに敏感な女性たちにしっかり伝えます。

女性/30代/40代/50代/月刊

富山県内で一番読まれているタウン誌『Takt』

すべての世代に送る富山の子育て応援マガジン『はっぴーママ』富山版


すべての世代に送る富山の子育て応援マガジン『はっぴーママ 富山版』


富山県内初の子育て情報誌として2003年創刊し、広く富山のママ・パパとその家族にご愛読いただいています。編集部のスタッフは現役の子育てママが中心となって取材・編集を行っており、地域に密着した身近で役立つ子育て情報を季刊(年4回)で発信しています。また、積極的な読者で構成する『はっぴーママサポーター』をはじめ、多くのママ・パパたちがアンケートや取材協力などを通して誌面づくりに参加しているので、読者からの共感が得られニーズに応えられる誌面構成となっています。

特徴


・読者は家事や仕事をしながら子育てをもっと楽しみたい方
読者層は30代のママが中心。全体の約70%が仕事をしているワーキングマザーです。家事や仕事をしながら子育ても楽しみたいというママたちに支持されています。また、子育てを手伝う祖父母世代にも幅広く読んでいただいているのも『はっぴーママ富山版』ならではの特性といえます。

・WEBサイトも使った多彩なアプローチ
『はっぴーママ富山版』公式WEBサイト、公式SNSとしてfacebook、Instagram、Twitterを運営。ベビーカレンダーとの提携によりWEBからのアプローチがより拡大しました。本誌の電子ブックもWEB上で閲覧可能となっています。WEBサイトとの連動企画など様々な企画も可能です。

・ターゲットを巻き込んだ効果的なプロモーションが可能
表紙モデルオーディションをはじめ読者や読者会員の『はっぴーママサポーター』の参加型企画によるターゲットに対する効果的なマーケティングやプロモーションが可能です。また各種アンケート調査やタイアップ企画などもクライアント様にご好評いただいております。

※はっぴーママサポーターとは?
富山県内在住のプレママや未就学児を持つママ・パパで構成。毎号いろいろなアンケートや取材活動などを通して誌面づくりに積極的に参加しています。

女性/手渡し/20代/30代/ママ/季刊

すべての世代に送る富山の子育て応援マガジン『はっぴーママ』富山版


関連記事

前の記事へ

リアルに関する広告・媒体の比較、まとめ

次の記事へ

品川に関する広告・媒体の比較、まとめ