大阪市に関する広告・媒体の比較、まとめ

大阪市は、言わずと知れた西日本で最大の都市であり大阪府の県庁所在地です。人口は約275万人で、梅田などのオフィス街には東京都本社とする大企業の西側の拠点が多く支社を構えていますね。また、大阪と言えば、商業の街だけでなく「食いだおれの街」としてグルメや観光を楽しまれる方も多いのではないでしょうか。観光地といえば、豊臣秀吉は建築した大阪城、パリのエッフェル塔をモチーフに1912年に建てられた通天閣などが有名ですね。グルメは道頓堀のたこ焼きや関西風のお好み焼き、串カツなどを楽しむことができます。今回は、そんな大阪市のエリアに向けて出稿可能な広告やメディアについてまとめました。

住吉区の地域コミュニティ新聞『住吉タウン』


住吉区の地域コミュニティ新聞『住吉タウン』


大阪市南部の住吉区で、毎月45,000部発行しているフリーペーパー『住吉タウン』に、貴社の広告を出稿することが可能です。月初にポスティングにて配布しています。

『タウン新聞』とは


毎月1回、大阪市南部の阿倍野区(西成区の一部を含む)、平野区、東住吉区、住吉区の4区で計18万部発行するフリーペーパー。各ご家庭へポスティングにて配布しています。発刊以来35年以上にわたり、地元の皆様に愛されています。

シニア/ポスティング/月刊

住吉区の地域コミュニティ新聞『住吉タウン』

平野区の地域コミュニティ新聞『平野タウン』


平野区の地域コミュニティ新聞『平野タウン』


大阪市南部の平野区で、毎月50,000部発行しているフリーペーパー『平野タウン』に、貴社の広告を出稿することが可能です。月末にポスティングにて配布しています。

『タウン新聞』とは


毎月1回、大阪市南部の阿倍野区(西成区の一部を含む)、平野区、東住吉区、住吉区の4区で計18万部発行するフリーペーパー。各ご家庭へポスティングにて配布しています。発刊以来35年以上にわたり、地元の皆様に愛されています。

シニア/ポスティング/月刊

平野区の地域コミュニティ新聞『平野タウン』

阿倍野区の地域コミュニティ新聞『アベノタウン』


阿倍野区の地域コミュニティ新聞『アベノタウン』


大阪市南部の阿倍野区(西成区の一部を含む)で、毎月45,000部発行しているフリーペーパー『アベノタウン』に、貴社の広告を出稿することが可能です。毎月月初にポスティングにて配布しています。

『タウン新聞』とは


毎月1回、大阪市南部の阿倍野区(西成区の一部を含む)、平野区、東住吉区、住吉区の4区で計18万部発行するフリーペーパー。各ご家庭へポスティングにて配布しています。発刊以来35年以上にわたり、地元の皆様に愛されています。

シニア/ポスティング/月刊

阿倍野区の地域コミュニティ新聞『アベノタウン』

東住吉区の地域コミュニティ新聞『東住吉タウン』


東住吉区の地域コミュニティ新聞『東住吉タウン』


大阪市南部の東住吉区で、毎月40,000部発行しているフリーペーパー『東住吉タウン』に、貴社の広告を出稿することが可能です。月末にポスティングにて配布しています。

『タウン新聞』とは


毎月1回、大阪市南部の阿倍野区(西成区の一部を含む)、平野区、東住吉区、住吉区の4区で計18万部発行するフリーペーパー。各ご家庭へポスティングにて配布しています。発刊以来35年以上にわたり、地元の皆様に愛されています。

シニア/ポスティング/月刊

東住吉区の地域コミュニティ新聞『東住吉タウン』

地域と社会に貢献する3世代フリーペーパー『天王寺動物園情報誌 Together』


地域と社会に貢献する3世代フリーペーパー『天王寺動物園情報誌 Together』


天王寺動物園情報紙「Together(トゥゲザー)」は大阪市天王寺動物園とのパートナーシップによりH20年4月に創刊しました。天王寺動物園(公園)および地域社会の活性化を目的とし、環境問題や動物愛護の精神、希少動物の保護などを盛り込んだ啓蒙記事を掲載。各月発行、100,000部を大阪市を中心とした主要駅や公共施設、天王寺区、阿倍野区、浪速区内小学校、府立私立幼稚園、大阪信用金庫、「関西スーパー」等に設置・配布致します。

コンテンツ


天王寺動物園の話題を中心に、環境問題や動物愛護の精神など、家族で楽しめるコンテンツが満載です。

・毎号巻頭では、編集長ートラの”センイチ”インタビューとして天王寺動物園の動物を紹介
・【子どものページ】どうぶつえんニュース/動物みどころコーナー
・プレゼントコーナー/クイズ/園内行事お知らせ

ラック設置/隔月/10万部以上

地域と社会に貢献する3世代フリーペーパー『天王寺動物園情報誌 Together』

淀川区の今と昔と未来を結ぶタウン誌『ザ・淀川』


淀川区の今と昔と未来を結ぶタウン誌『ザ・淀川』


1981年5月、大阪市淀川区の全世帯、商店などに個別配布する月刊「ザ・淀川」が創刊されました(初代編集長/南野佳代子)。1989年11月、第5回NTT全国タウン誌フェスティバルにて「タウン誌大賞奨励賞」を受賞。無事に創刊38年目を迎え淀川区に暮らす住民に情報を届け続けています。

コンテンツ


・子供から高齢者まで、地域住民が主役のニュース。
・まちづくり、ボランティア情報。
・学校・家庭・地域をつなぐ情報。
・大阪の歴史・文化・人物等の紹介。
・淀川区内・大阪市内の催し、映画、美術関係のインフォメーションなど。
・地域と世界をつなぐ情報。

50代/ポスティング/60代/70代/80代/シニア/ラック設置/月刊

淀川区の今と昔と未来を結ぶタウン誌『ザ・淀川』


関連記事

前の記事へ

岡山市に関する広告・媒体の比較、まとめ

次の記事へ

岡山県に関する広告・媒体の比較、まとめ