中野に関する広告・媒体の比較、まとめ

中野といえば、東京23区内の中野区のことを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。中野エリアは駅前を中心として秋葉原に次ぐサブカルチャーの聖地としてしても知られていますね。また一方では商店街やオフィス街、そして実は住宅街も大半を占めている中野区は人口密度が日本一高い街です。新宿までのアクセスも良く、電車で5分程度で到着できることも住宅地として人気の理由にありますね。また、中野ブロードウェイや中野サンプラザといった商業ビルも有名です。今回は、そんな中野エリアに向けて出稿可能な広告やメディアについてまとめました。

エムシードゥーコーの大型バス停広告『シティボイス』中野坂上


バス停という公道に設置されたユニークな広告媒体です。


シティボイスは、公道において設置を許可されている唯一の大型広告媒体として、消費者との効果的なタッチポイントをあらゆる広告主の皆様にご提供します。他の広告ノイズがない環境において、終日街を活動的に動き回る消費者の注目を確実にキャッチすることができます。

完璧なメンテナンス:クオリティキープを最優先します。


1964年、フランスにおいてジャン-クロード・ドゥコー氏は、広告費によって私たちが提供するサービスを賄うという新しいビジネスモデルを創り出しました。それは単なる広告媒体ではありません。2平米という広告媒体のフォーマットが提供するものは、大きさだけではないと考えています。全ての媒体において、場所、上屋、広告主等、多様な側面におけるクオリティを担保し続けることで、このビジネスがより効果的でかつ持続的なものになっていきます。

また、ロケーションの選定についてもクオリティファーストのポリシーを貫いています。街や生活者の利便性を向上させ、都市景観との調和を保ちつつ、広告主様のブランド商品に最大の価値を提供するため、自治体と協業して、最も有益な場所を選定しています。

エムシードゥーコーの大型バス停広告『シティボイス』中野坂上

新中野小倉ビル看板 


ロケーション


青梅街道、鍋屋横丁交差点。東京メトロ、新中野駅近くのロケーション。

新中野小倉ビル看板 


関連記事

前の記事へ

リード獲得に関する広告・媒体の比較、まとめ

次の記事へ

鉄道に関する広告・媒体の比較、まとめ