あんふぁんに関する広告・媒体の比較、まとめ

あんふぁんはフランス語で「子供」という意味の言葉で、ママ向けのフリーマガジンの誌名として採用されています。小さなお子さんがいらっしゃる方は、幼稚園などで見かけられることが多いのではないでしょうか。あんふぁんは、配布部数は約71万部の月間のフリーマガジンです。なんと配布都道府県内の6割以上をカバーするメディアで、幼稚園のお弁当づくりのコツや子育て中の有名人のインタビューなどが掲載された園児の親御さん向けの内容となっていますね。また、幼稚園連盟会などに承認を得ているので安心して読むことができる信頼できるメディアの一つです。今回は、そんなあんふぁんに出稿可能な広告やメディアについてまとめました。

幼稚園児とママの情報誌『あんふぁん』


『あんふぁん』


『あんふぁん』は、ママたちの実体験やクチコミを元にした、ママたち自身が主役の “共感メディア”(フリーマガジン)です。子育てはもちろん、行事の過ごし方など、生活を彩る工夫を大切にする高感度な幼稚園ママがターゲットで、読者は30代の専業主婦が中心です。読者ママたちが多数登場することで、自分たちが主役だという共感を呼び、読者を強く惹きつけるので、高い広告効果が期待できる強力な媒体です。また、幼稚園の先生から園児・保護者へと手渡しされるので、ストレートにターゲットに届きます。HPで電子ブックとしても見られるのでWEBとの連携でも集客を期待できます。月刊(8月除く)/初旬、761,666部(全体)発行。

『あんふぁん』の強み


・安心感
㈳私立幼稚園連盟会・連盟・協会の承認・協力の幼稚園に配布します。
各都道府県の㈳私立幼稚園連盟会・連盟・協会媒体として首都圏、関西、東海、北海道、東北、九州の私立幼稚園を中心に毎月定期的に配布している、唯一のメディアです。

・信頼感
幼稚園に無料で配布する情報誌だからこそ掲載する情報、広告は独自の厳しい掲載基準を設け、健全なメディアとして責任を果たします。

・親近感
ママたちの日常の、身近なバイブルとなるよう、子育て情報はもちろん、レジャー、ショッピングスポットなど地域情報のエリア切り替えが可能なメディアです。

・多彩な企画・イベント
年間テーマを掲げ、誌面の巻頭特集や企画、イベントなどで展開しています。

30代/40代/女性/手渡し/ママ/月刊/10万部以上

幼稚園児とママの情報誌『あんふぁん』


関連記事

前の記事へ

奈良市に関する広告・媒体の比較、まとめ

次の記事へ

宮城県に関する広告・媒体の比較、まとめ