値段に関する広告・媒体の比較、まとめ

値段は売っているものの対価・金額という意味で、似た言葉に価格や料金、金額などがありますね。物の値段は売り手が決めており、その物を入手するのにかかった時間や費用などを計算し、利益がでるように値段をつけます。また、値段はどれだけの買い手がいて、売り手のライバルはどれだけいるかによっても左右されますね。売り手のライバルが多い商品の値段を付ける場合には、市場の状況をよく分析しながら、利益がきちんと出るように値段も上下させていかなければなりません。今回は、そんな値段に関連して出稿できる広告やメディアにについてまとめました。

九州 "おおいた" の大人向け情報誌『月刊セーノ!』


九州 "おおいた" の大人向け情報誌『月刊セーノ!』


『月刊セーノ!』は九州・大分県の情報を発信する大人向け月刊情報誌です。アクティブシニア世代をターゲットに絞り「大分で過ごす、暮らす、大人の毎日にちょっと勢いをつける」"最強"の情報を発信します。630円+税

4つの強み


1,「団塊世代にまさにジャスト!」
40・50代~60代前半のアクティブシニアにターゲットを絞った、時代のニーズに押された情報誌。新マーケットとも言われるこの世代に確実に届く媒体です。

2,「"本物を見抜く目、モノへのこだわり"を持つ読者層」
若年層よりも行動力と資金力があり、"値段”よりも"質"を重視するアクティブシニア層に多くの読者を持つ媒体です。

3,「"大分合同新聞"と"月刊シティ情報おおいた"のタッグ出版」
県内最大の購買部数を誇る、地域NO1新聞社「大分合同新聞」と県内で最も知名度の高いタウン情報誌「シティ情報おおいた」との共同発行媒体なので、情報の信用度はもとより、地域に密着したPR活動が十二分に望めます。

4,「"本物"をアピールしたい企業・商品ブランドイメージの定着」
オールカラーで質の高い広告展開が可能な「セーノ!」ならば、ダイレクトかつ信頼性をもってターゲットに情報をお伝することができます。

40代/50代/60代/月刊/シニア

九州 "おおいた" の大人向け情報誌『月刊セーノ!』


関連記事

前の記事へ

レストルーム・アド「AirKnock Ads」 | BIZPA掲載企業インタビュー

次の記事へ

奈良市に関する広告・媒体の比較、まとめ