鉄道に関する広告・媒体の比較、まとめ

鉄道は私たちにとって身近な交通手段の一つですね。2本のレールが敷かれて、その上を電車が走り人や物を運ぶ陸上の交通機関である鉄道ですが、日本最初の鉄道ができたのは1972年のことです。元々は国が運営する国鉄と呼ばれていましたが、1987年に国鉄は民営化をこおないJRグループとなりました。そして、1990年代以降は高齢化社会が進むにつれて、鉄道の利用客は年々減少の一途を辿りながらも、現在まで私たちの重要な移動手段であることには変わりはありません。今回は、そんな鉄道に向けて出稿可能な広告やメディアについてまとめました。

50代からの旅と暮らし発見マガジン『ノジュール』


50代からの旅と暮らし発見マガジン『ノジュール』


ひとり旅、絶景、温泉、鉄道、歴史・文学、芸術など、多彩なテーマの旅行情報を中心に、趣味や健康、食など50代からの暮らしを豊かにするヒントが満載のライフスタイル情報誌です。月刊/47,000部発行、年間購読12冊で8,640円+税。

コンテンツ


・書店販売ではなく、年間契約の定期購読専門誌です。新聞やWeb広告などで新規読者を獲得しています。
・旅行頻度の高いシニアの方の自宅に毎月直送されます。
・読者は大都市圏に多く居住しており、経済的にゆとりのある50代以上の人にセグメント されています。
・時間にゆとりがあるため、隅々までしっかり読みこみ、実際に現地を訪れる意欲が旺盛な読者が多いのも特徴です。

50代/60代/70代/シニア/月刊

50代からの旅と暮らし発見マガジン『ノジュール』

i-pockets 静岡エリア電鉄フリーマガジンラック


『i-pockets』静岡エリア電鉄フリーマガジンラック


遠州鉄道12駅、伊豆箱根鉄道12駅、静岡鉄道の3路線15駅に設置。通勤・通学・レジャー等に利用されており地域の生活者に密着し毎日接する駅ラックは訴求効果のあるメディアです。

i-pockets 静岡エリア電鉄フリーマガジンラック

物流業界の専門誌『物流ニッポン新聞』


物流業界の専門誌 『物流ニッポン新聞』


『物流ニッポン』は、業界最高峰の情報網「全国8支局自社ネットワーク」で、トラック、鉄道、倉庫、港運、海運、空運などを総合的にカバー。
さらに、一般産業(荷主)の物流担当者、関係府省庁、事業者団体とのパイプも太く、各界から高い評価を得ています。速報性、オピニオン性、タイムリーな企画記事など、他紙の追随を許しません。週2回(火・金曜日)発行。

コンテンツ


豊富な情報、高いアンテナをベースに、問題提起も踏まえ、深く掘り下げた記事を提供。
陸・海・空に加え、荷主、物流機器、物流情報まで網羅。
ベテラン編集委員による社説は、業界の指針となっています。

BtoB

物流業界の専門誌『物流ニッポン新聞』

「乗りもの」に特化した総合情報サイト『乗りものニュース』記事広告


「乗りもの」に特化した総合情報サイト『乗りものニュース』 記事広告


『乗りものニュース』は乗りものや交通インフラを利用する数多くの人々に向けて、ニュースや解説記事、オリジナルコラムなどを配信する「乗りもの」に特化した総合情報サイトです。記事の切り口や体裁などを工夫して広告主様の商材が持っている魅力を多くの方々へ伝えます。ユーザー属性は男性が7割で、25~44歳の働き盛りのミドルエイジを中心に幅広く読まれています。

『乗りものニュース』の4つの強み


1,ファンへのリーチ力
「乗りもの」に興味・関心のあるユーザーへ、確実にアプローチできます。

2,「乗りもの」を知り尽くした制作陣
鉄道やクルマ、バス、飛行機など、業界への深い知見を持つ「乗りものニュース編集部」スタッフが、商材の魅力を深堀りすることにより、情報の価値を高めて発信します。

3,専門性や知名度が高いライター、カメラマンの起用が可能
「乗りものニュース」が信頼を寄せる専門ライターやカメラマンが、質の高い記事を制作します。業界トップレベルの知名度を誇るスタッフを起用することで、記事の注目度や拡散力を高めることも期待できます。

4,SNSの活用
計およそ40万人のファンを誇る「乗りものニュース」公式SNSを通じ、ユーザーを記事や指定サイトへ誘導できます。

男性/20代/30代/40代/ドライバー/クルマ・バイク

「乗りもの」に特化した総合情報サイト『乗りものニュース』記事広告

ジョルダン乗換案内 ディスプレイ広告


ジョルダン乗換案内 ディスプレイ広告


乗換案内での検索結果に基づき、目的地の駅や利用する路線を指定してアプローチが出来る商品です。

ジョルダン乗換案内とは


全国の鉄道、航空の経路検索、時刻表検索ができるサービス。スマートフォンやPCサイト、モバイルサイトなどのインターネットデバイスを基盤に、人々の移動をサポートする生活密着型のサービスを提供しています。

セグメント可

ジョルダン乗換案内 ディスプレイ広告

三重県桑名駅前の屋外ビジョン『ドット・ア・ビジョン』


桑名駅前にある、1日あたり約3万人が目にする大型街頭ビジョン


JR、近鉄、養老鉄道が乗り入れる、桑名駅。名古屋市のベッドタウンとしても注目されるターミナル駅です。1日平均約3万人が目にする大型街頭ビジョンです。

住宅街/15秒可/駅前

三重県桑名駅前の屋外ビジョン『ドット・ア・ビジョン』

電験三種受験と電気技術の専門誌『新電気』


電験三種受験と電気技術の専門誌『新電気』



あらゆる企業の電気に携わる担当者を対象として、電気・電力設備の工事・維持及び運用からメンテナンスまでを解説します。1947年(昭和22年)12月創刊。毎月1日、35,000部発行、定価1450円+税。

コンテンツ


・電験三種、エネルギー管理士試験などのライセンス・法令関係を解説。

・電気理論や電気数学などの基礎学習をサポート。

・自家用電気設備の設計・保守・トラブル対策など現場実務に即した記事を掲載。

・電力システムや再生可能エネルギー、電気鉄道に関する技術を解説。

・学生、新人電気技術者のためのサポート情報を掲載。

20代/30代/40代/50代/BtoB

電験三種受験と電気技術の専門誌『新電気』

東京都が公認した、臨海副都心の公式フリーマガジン『東京シーサイドストーリー』


東京都が公認した、臨海副都心の公式フリーマガジン!『東京シーサイドストーリー』


お台場を中心に民間とネットワークを構築した湾岸エリアの唯一の月刊情報誌
東京都湾岸局、臨海副都心まちづくり協議会、三セク企業(東京臨海ホールディングス、ゆりかもめ、東京ビッグサイト、東京テレポート センター、東京港埠頭、東京臨海熱供給、東京臨海高速鉄道)、ミュージアム(東京みなと館など)商業施設(デックス、アクア、ヴィーナ ス、ダイバーシティ東京プラザ他)と密接に連携、最新情報を発信しています。

街の活性化事業に参画する、唯一の東京都港湾局公認情報誌


お台場に社屋を構えるグループ企業フジテレビジョンとの、誌面コラボレーションにより、読者プレゼントやイベント連携を実施し、 産経新聞との編集連動も加えて、街のPRに貢献しています。

最強のクロスメディア・プロモーション・プラットフォーム


紙(リアル)媒体である東京シーサイドストーリーを中核に据え、スマートフォン・モバイル・PCを連動させアプリ・動画配信・インター ネットTV放送を駆使して、広範囲に広告主情報を発信しています。

20代/30代/40代/新聞折込/10万部以上

東京都が公認した、臨海副都心の公式フリーマガジン『東京シーサイドストーリー』


関連記事

前の記事へ

中野に関する広告・媒体の比較、まとめ

次の記事へ

京都市に関する広告・媒体の比較、まとめ