車に関する広告・媒体の比較、まとめ

広告プラットフォーム「Bizpa(ビズパ)」に掲載されている車に関する広告をまとめています。気になる広告がありましたら、ぜひお問い合わせください。

クルマいじりが好きな人のためのメンテナンス情報誌『オートメカニック』


クルマいじりが好きな人のためのメンテナンス情報誌『オートメカニック』


『オートメカニック』は、休みの日野ガレージや家の駐車場などでクルマいじりをする「クルマ趣味生活を送っている人たち」がターゲットの、メンテナンス情報誌です。パーツ交換や修理の際などにDIY派のユーザーが直面するちょっとした疑問、質問に役立つ情報を提供する教科書のような誌面構成が特徴。隔月刊/偶数月8日、30,000部発行。

『オートメカニック』の特長


読者のメインはサンデーメカニックですが、自動車系専門学生やディーラー、整備士、整備機械系メーカーの方など滝にわたります。そのため、様々なジャンルの特集を組み、読者に飽きさせない作りとすることで、プロ、アマ問わず支持が厚いのが本誌の特長です。

男性/40代/50代/ドライバー/クルマ・バイク/隔月

クルマいじりが好きな人のためのメンテナンス情報誌『オートメカニック』

新車購入をメインとしたバイヤーズガイド『月刊 自家用車』


新車購入をメインとしたバイヤーズガイド『月刊 自家用車』


『月刊 自家用車』は、主に新車購入を検討する40~50代の会社員がメインターゲットの雑誌です。新車スクープ/新車アルバム/購入時の値引き情報という3企画が柱ですが、近年はカーナビやドライブレコーダー、スタッドレスタイヤなどの用品系の記事も揃え、新車購入だけでなく、多様化するニーズに合わせたお買い得情報をユーザーに届けています。月刊/毎月26日、80,000部発行。

コンテンツ


新車購入をキーワードに、スペックや価格、装備や室内の快適性、前後席の乗り味、値引きやリセール情報など様々な視点から読者が気になる情報を紹介しています。新車購入に合わせて購入を検討するナビやドラレコ情報はもちろん、気になる用品小物など、カーライフをサポートする紹介記事が満載です。

男性/40代/50代/会社員/クルマ・バイク/月刊

新車購入をメインとしたバイヤーズガイド『月刊 自家用車』

マニア時代の国産車雑誌『高速有鉛デラックス』


マニア時代の国産車雑誌『高速有鉛デラックス』


『高速有鉛デラックス』は旧車、ネオクラシック、北米仕様、働くクルマなど、今なお愛すべき“国産旧車”が主役のマニアックなクルマ雑誌です。30~50代のマニアな読者へ訴求が可能です。隔月刊/偶数月25日頃発行、全国の書店にて販売。

『高速有鉛デラックス』とは


2006年にフリーペーパーの『高速有鉛』を創刊。スポーツカーやGTカーが主役の国産車雑誌が溢れているなか、これまでスポットを当てられていなかった野暮ったい4ドアセダン、パトカーなどの働く車、そして変な顔つきの北米仕様車をフィーチャー。発行当初から一部のマニアから大きな反響がありました。2008年に『高速有鉛デラックス』として有料化、増ページ&豪華な内容でする井クルマの魅力を発信しています。

男性/クルマ・バイク/隔月

マニア時代の国産車雑誌『高速有鉛デラックス』

「物」の専門雑誌『モノ・マガジン』


「物」の専門雑誌『モノ・マガジン』


『モノ・マガジン』は次代のライフスタイルを提案するモノ情報を満載した、「人とモノ」、「読者と企業」を結ぶコミュニケーション・メディア・マガジンです。隔週/毎月2・16日、70,000部発行。

コンテンツ


常に斬新な視点でアップ・ツー・デートな新製品の傾向から時代のトレンドを紹介。毎号組む商品ジャンル別、ライフスタイル別の徹底的な特集企画は読者のニーズにぴったりと大好評。おもしろい、ためになるがモットーです。
【過去の特集例】
・メガネ特集
・腕時計特集
・アウトドア特集
・カバン特集
・靴特集
・世界の傑作品特集
・オーディオ特集
・クルマ特集
・自転車特集
・デジタルギア特集
・家電特集
・文房具特集

男性/30代/40代/会社員/ホビー/隔週

「物」の専門雑誌『モノ・マガジン』

自動車業界人からの圧倒的支持『月刊 ニューモデルマガジンX』


自動車業界人からの圧倒的支持『月刊ニューモデルマガジンX』


1985年に新車スクーブを中心として刊行されたのが『月刊ニューモデルマガジンX』です。
創刊以来、車社会の問題を鋭く取材し新車情報のみの雑誌とはひと味違う記事作りが読者の共感を得て、現在は自動車雑誌の中で常にトップクラスの実売を確保しています。新車スクープのみならず、新車・中古車販売情報や自動車行政、また他紙が書けない鋭い新車批評や技術情報などなど、車に関わるタイムリーな話題満載の内容が読者に支持されています。月刊/毎月26日、120,000部発行。定価590円。

コンテンツ


迅速な『月刊ニューモデルマガジンX』は真実のみを追いかけます。自動車メーカーに媚びない鋭い批評、有名評論家による記事などでクルマ好きの読者にとって本当に必要な情報をお届け。クルマの購入を考えている人は必読の雑誌。交通関連の政策など政治問題にも切り込んでおり読み応え抜群です。

クルマ・バイク/月刊/10万部以上

自動車業界人からの圧倒的支持『月刊 ニューモデルマガジンX』

世界最大級の自動車専門日刊紙『日刊自動車新聞』


世界最大級の自動車専門日刊紙『日刊自動車新聞』


『日刊自動車新聞』は、世界最大級の自動車専門紙です。1929年(昭和4年)の創刊以来、世界の産業・経済のリーダー役であり、社会生活の担い手、文化のバロメーターとして欠かせない自動車にフォーカスし、自動車産業の発展とともに歩んでまいりました。最先端の新商品・新技術はもちろん、自動車に関連する各分野の動向や地域に密着したきめ細やかな情報などを、ニュースや連載、特集などの形で新聞およびWebでお伝えしています。自動車業界向けにアピールをご希望される方に最適な媒体となっております。日刊/月~土曜日、102,600部発行。

コンテンツ


最先端の新商品・新技術はもちろん、業界の様々な情報を広く深く取材しています。業種別・商品別・企業別特集をはじめ、周年・総会・キャンペーン・イベント企画など、各分野における様々な出来事に即応して、タイムリーに発行しています。

会社員/BtoB/クルマ・バイク/日刊

世界最大級の自動車専門日刊紙『日刊自動車新聞』

クルマ好きの心に届く雑誌『driver』


クルマ好きの心に届く雑誌『driver(ドライバー)』


『driver』は、ニューモデルの情報を中心に展開する自動車総合誌です。速報に加え、比較インプレッションなども盛り込んだバイヤーズガイド。カーナビなど用品の情報も取り入れています。月刊/毎月20日、175,000部発行。定価570円(税込)

コンテンツ


インターネットで有象無象の情報が乱立する昨今、読者が求めているのは信頼性の高い情報です。それらをわかりやすく楽しく伝えるため、専門誌ならではの生の情報にこだわり、ニューモデル情報では、実車でのテスト、開発者インタビュー、海外取材なども積極的に行います。テストコースでの定地検証も弊誌の特色のひとつで、経験値のある媒体ならではの、信憑性の高い情報を掲載しています。

クルマ・バイク/月刊

クルマ好きの心に届く雑誌『driver』

旧車レストアファンのバイブル『Old-timer』


旧車レストアファンのバイブル『Old-timer(オールド・タイマー)』


『Old-timer』は、古いクルマ(=旧車)と徹底的につき合う雑誌です。旧車のレストアを通じて、旧車のあるライフスタイルを提案しています。修理やメンテナンス、さらには不動車両の再生を通じて、旧車のメカニズムについても理解を深められます。隔月/偶数月26日、150,000部発行。定価970円(税込)

『Old-timer(オールド・タイマー)』のコンセプト


弊誌はレストアを通して、それぞれに携わる人たちの生き方や様々な思い入れを描いています。そこには旧車+人の物語が存在しているのてす。また、編集部自らのレストア体験でのノウハウをドキュメントした記事は、読者から絶大な支持を得ています。

何でも、パソコンやスマホで知りたい情報はすぐに調べられる時代ですが、『Old-timer』は人と会い、人と話す中で拾った情報を企画にしています。レストアする人たちの立場からクルマをとらえ、豊かな心とゆっくりしたテンポで旧車を走らせることに喜びを感じる人のために作られた雑誌が『Old-timer』です。

クルマ・バイク/月刊

旧車レストアファンのバイブル『Old-timer』

NEXCO東日本サービスエリア デジタルサイネージ


ネクスコ東日本エリアSA/PA内のデジタルサイネージ


関越・東北・常磐自動車道の中でも来場者の多いSA/PAに設置されたデジタルサイネージで放映するメディアです。購買、食事、休憩などでSA/PAに訪れる多彩な利用客が目にするので、興味を惹く商品PRや観光情報などの発信に非常に効果的です。

音声あり

NEXCO東日本サービスエリア デジタルサイネージ


関連記事

前の記事へ

物流向け広告6選|物流市場と媒体選定のポイント

次の記事へ

タワーレコードに関する広告・媒体の比較、まとめ