仮想通貨に関する広告・媒体の比較、まとめ

仮想通貨に対して、国家による保証がある通貨のことを法定通貨といいます。よって仮想通貨とは電子データのみでやり取りがされており国家の保証や強制通用力のない通貨として昨今では多くのインターネット取引で用いられていますね。仮想通貨の種類は現在も増え続けていますが、ニュースでよく耳にするのはビットコインやイーサリアムといった仮想通貨ではないでしょうか。よく電子マネーと混同しがちですが、電子マネーは国に保証された法定通貨をデジタル情報に変えただけのものです。今回は、そんな現代での物品やサービスの対価として使用できるようになった仮想通貨に関して出稿可能な広告・メディアについてまとめました。

国内初の暗号資産専門誌『月刊 暗号資産』


国内初の暗号資産専門誌『月刊 暗号資産』


『月刊 暗号資産』は、国内初の暗号資産(仮想通貨)やブロックチェーン関連情報を扱う専門月刊誌として2018年2月に創刊され、以降28刊を発行し多くの投資家に購読されています。暗号資産(仮想通貨)専門誌として国内唯一、国立国会図書館に所蔵されています。月刊/毎月21日、30,000部発行。980円(税別)

男性/40代/50代/60代/会社員/月刊

国内初の暗号資産専門誌『月刊 暗号資産』

仮想通貨専門メディア『みんなの仮想通貨』ディスプレイ広告


仮想通貨専門メディア『みんなの仮想通貨』 ディスプレイ広告


仮想通貨投資家向けの専門メディア『みんなの仮想通貨』内バナー広告にて、貴社の商品・サービスやキャンペーン情報をユーザーへ訴求します。

『みんなの仮想通貨』とは


「みんなの仮想通貨」は、「みんなの株式」内に展開する仮想通貨投資家向けの専門メディアです。仮想通貨の市況ニュース、相場分析記事はもとより、数多くの仮想通貨レート・チャートのリアルタイムでの提供アービトラージ取引情報を提供。ユーザー同士の交流のチャットや売買予想など、他にはないサービスを展開しております。

男性/30代/40代/50代/会社員

仮想通貨専門メディア『みんなの仮想通貨』ディスプレイ広告


関連記事

前の記事へ

小田急電鉄に関する広告・媒体の比較、まとめ

次の記事へ

看護学生に関する広告・媒体の比較、まとめ