トイレに関する広告・媒体の比較、まとめ

一般的に排泄の用を足す場所をトイレと言います。「日本のトイレはきれい」これは来日した多くの外国人が感じていることです。そしてトイレについて、外国人がこの他に思っているのはトイレが多機能だということ。考えてみると暖かい便座・ウォシュレット・自動開閉式のフタなど、日本のトイレには様々な機能があり、そして清潔が保てるようになっています。これは外国から見ると珍しいことであると同時に、日本人がトイレにこだわりを持っている証でもあります。現在もトイレは進化を続けており、CMなどを見て新しいトイレの購入を考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで今回は新しいトイレの情報を出稿できる広告・メディアについてまとめました。

トイレ内プライベートサイネージ『AirKnock Ads』


トイレ内プライベートサイネージ『AirKnock Ads』


『AirKnock Ads』は、ハイクラスなオフィスビルや商業施設の個室トイレ内に設置されているサイネージで、動画広告が放送できます。視界を遮るものがない、一人だけの個室空間で一息つく時間にPRしたい商品・サービスを訴求できます。誰もが毎日使うトイレだからこそ可能な "刷り込み効果" が期待できます。

『AirKnock Ads』タイプ


・「Premium AirKnock Ads」
入室後の1本目に放送されるので、高い到達率が期待できます。
・「Advanced AirKnock Ads」
Premium放送後の2,3本目に放送されるので、ほとんどのユーザーにリーチ可能です。

『AirKnock Ads』の強み


・「ハイクラス層にリーチ」
有名企業が多数入居するオフィスビルなど設置個所によって明確かつピンポイントにターゲットにリーチします。
・「高い到達率と認知向上」
個室空間で至近距離で放送されるため、高い広告到達率と認知向上が期待できます。

会社員/BtoB/オフィス・会議室

トイレ内プライベートサイネージ『AirKnock Ads』


関連記事

前の記事へ

弁護士向け広告おすすめ6選 | 弁護士の数や年収、よく出稿される商品も

次の記事へ

イベントスペースに関する広告・媒体の比較、まとめ