養殖に関する広告・媒体の比較、まとめ

養殖とは魚などの水産生物を人工的に繁殖させることを指します。回転寿司に行くと、さまざまな魚の寿司がレーンに流れています。ブリ・サーモン・タイなど回転寿司で使われているほとんどの魚は養殖です。年々、養殖技術は進歩しているので、最近の養殖された魚貝類はどれも食べれば美味しいものばかり。中には天然よりも美味しいと評判のタイもあります。そして養殖魚はネット通販でも販売されているので、美味しい養殖の魚介類を求めて購入される方もいらっしゃいます。そこで今回は、養殖の魚介類を購入したい方に向けて出稿ができる広告・メディアについてまとめました。

養殖の月刊専門誌『養殖ビジネス』


養殖の月刊専門誌『養殖ビジネス』


『養殖ビジネス』は、養殖生産者~流通・小売業者~消費者をつなぐ専門誌です。
昭和39年創刊の月刊『養殖』を母体とする伝統に裏打ちされた実績と、新しい養殖ビジネスを開拓する進取の精神、その両面から養殖ビジネスの今日と明日を見つめています。月刊/毎月1日、3,800部発行。2,160円。

コンテンツ


『養殖ビジネス』では特に「産地動向」「マーケット動向」の2つに重点を置き、養殖に関わる方たちの今と明日のビジネスに役立つ情報を発信いたします。
「産地動向」では、種苗導入状況や生育状況などその年の生産量を左右するポイントをタイムリーにリサーチしてお伝えします。そして、消費動向の変化に関するいち早い情報を「マーケット動向」としてお届けします。

BtoB/月刊

養殖の月刊専門誌『養殖ビジネス』


関連記事

前の記事へ

田舎に関する広告・媒体の比較、まとめ

次の記事へ

証券に関する広告・媒体の比較、まとめ