Fishingに関する広告・媒体の比較、まとめ

広告プラットフォーム「Bizpa(ビズパ)」に掲載されているFishingに関する広告をまとめています。気になる広告がありましたら、ぜひお問い合わせください。

ソルトルアーフィッシングの情報誌『ルアーマガジンソルト』


ソルトルアーフィッシングの情報誌『ルアーマガジンソルト』


『ルアーマガジンソルト』はシーバスを中心としたソルトルアーゲーム専門誌です。「初心者にもやさしい企画と内容」、「読めばすぐに使える実用性」、そして「クオリティの高い取材&企画」の3つを誌面構成の柱としています。隔月刊/偶数月21日、60,000部発行。

コンテンツ


・「ウマい人は何を、どうしているのか?その釣り方が簡単にわかる!」
読者の多くが求めているのが、“実用性”です。具体的には「一体どこへ行けば釣れるのか?」や「もっといろんなテクニックを知りたい!」といったことです。これらの疑問や要望に対して、曖昧に答えるのではなく、徹底的に追求して誌面を通してその答えを伝えるのがルアーマガジンソルトの他にはない大きな特徴です。地元アングラーや各種条例に十分考慮した上で、実績のあるスポットを詳細なマップや写真で紹介します。また、エキスパートの方々に1つのテーマにのっとって釣りをしていただき、そのスキルを余すことなく誌面で解説!もう、「わからない…釣れない…」とは言わせません!

・「魚が見えるから楽しい! だから日中の釣りをメインに紹介!」
これまでシーバスなどの海のルアー釣り人気魚種は、夜の釣りが定番でした。でも、実は日中でも問題なく釣れるのです。釣果の多少よりも、日中、そしてオカッパリを基本コンセプトに誰でも気軽に楽しめるルアーフィッシングを基本的な部分から紹介します。もちろん安全に楽しく釣りを楽しんでいただくために、釣り場での注意事項やマナーなども積極的に提案します。

・初めての方でも読みやすい、そしてわかりやすい内容」
専門誌は、とかく初心者は置き去りにしがちです。しかしアングラーの裾野を広げ、ソルトルアー界発展させていくには、初心者にもとっ
つきやすい企画や内容を盛り込むことが重要です。ルアーマガジンソルトは、初心者が何を求めているのか? そして、どういうことを知りたがっているのか? を常に考え、それに応じた誌面作りをしていきます。どんな些細なことでも、わかりやすく解説をする! それが小誌のテーマです。もちろん、初心者のみならず、エキスパートアングラーも充分に楽しめるような、今までにないチャレンジングかつ大胆な企画にもガンガン挑戦します。

・「どこよりも速く、詳しく…新製品情報、タックルカタログも充実!」
ルアマガソルトの真骨頂は充実した新製品情報です。巻頭「特選スクープ」企画から中カラー「GPS(GOODS POWER SEARCH)」、そして1
色企画「LM SALT.NET」と余すことなく新製品に関する情報を紹介します。さらにテーマに沿ったタックル&用品カタログなど、新製品に限らずモノに関する情報は他誌を寄せ付けません。もちろん見せ方人もこだわりをもっていますので、一目瞭然でそのクオリティの高さが実感できるはずです。

男性/30代/40代/スポーツ/隔月

ソルトルアーフィッシングの情報誌『ルアーマガジンソルト』

ルアーフィッシング情報誌『ルアーマガジン』


ルアーフィッシング情報誌『ルアーマガジン』


『ルアーマガジン』はブラックバスを中心としたルアーフィッシング専門誌です。初心者~上級者まで満足できる、他誌にはない多くの情報を正確に伝えます。月刊/毎月26日発行。

コンテンツ


バスフィッシングを中心に、管理釣り場のトラウトフィッシングや怪魚の情報、注目の最新グッズ情報などを素早く発信しています。

男性/20代/30代/スポーツ/月刊

ルアーフィッシング情報誌『ルアーマガジン』

北海道の釣りをリードする総合誌『North Angler's』


北海道の釣りをリードする総合誌『North Angler's』


道内は近年、海アメや海サクラ、ロックフィッシュなどのソルトウオーター・ルアーフィッシングが大ブーム。以前にも増して北海道というフィールドが脚光を浴びており、道内在住の釣り人だけでなく、本州の釣り人からも熱い視線が注がれています。『North Angler's』はソルトウオーター・ルアーフィッシングにいち早く着目し、新しいスタイルを提案しています。読者からの数多いご要望に応え、2008年からは月刊で発行をしています。月刊/年10回 (1、3月除く)、40,000部発行。1,100円(税込)

コンテンツ


・人気が高い川や湖のルアー&フライフィッシングを中心に、近年ますます盛り上がりをみせるソルトウオーター・ルアーフィッシングなど、北海道のフィールドで楽しめるさまざまな釣りを紹介していきます。
・広大なフィールドを持つ北海道の釣りを、四季折々に全道くまなく紹介していきます。道内の釣り人はもちろん、北海道釣行を考えている道外の釣り人にもご愛読いただいております。
・あくまで、北海道の地ネタにこだわりながらも、全国の釣り場事情や最新テクニックなども紹介し、”釣り人の視野が広がる雑誌”を目指します。

男性/20代/30代/会社員/スポーツ/月刊

北海道の釣りをリードする総合誌『North Angler's』

フライフィッシング専門誌『FlyFisher』


フライフィッシング専門誌『FlyFisher』


『FlyFisher』は、1988年に創刊したフライフィッシング専門誌です。最先端のテクニックや、美しい自然の中で遊ぶ楽しさを取り上げ続けています。高いデザイン性と内容は、海外からも高い評価を得ており、マニアックなフライフィッシャーからビギナーまで、あらゆるファンにダイレクトにアピールします。特にこだわりを持った富裕層の方々への広告媒体として大きなアピール効果を望めます。季刊/1・4・7・10月各22日、50,000部発行。2,200円(税込)

コンテンツ


北海道から沖縄まで、四季折々のフィールドに恵まれた日本のフライフィッシング・シーン、さらには夢を誘う魅力的な海外のフィッシング事情をお伝えします。それと同時に、タイイング、キャスティング、フィッシングという、この釣りの3つの柱となるテクニックのスキルアップに役立つ情報をバランスよくお届けしています。

男性/20代/30代/40代/会社員/スポーツ/季刊

フライフィッシング専門誌『FlyFisher』

バスフィッシング専門誌『Basser』


バスフィッシング専門誌『Basser』


『Basser』は、わが国初のバスフィッシング専門誌として創刊されました。バスフィッシングをアウトドアスポーツのひとつとしてとらえ、釣りの技術や情報を深く掘り下げているだけでなく、他のレジャーとのクロスオーバー、自然環境問題など広く題材を求めた誌面構成が高い評価されています。Basserを読んで育ったというトッププロも少なくありません。月刊/毎月26日、80,000部発行。880円(税込)

コンテンツ


『Basser』が目指すのは、“漁”ではなく“釣り”としてのバスフィッシング。
一生の遊びとして、生活を豊かにしてくれるようなバスフィッシングとの付き合い方を提案します。そのためには国内外を問わず、積極的な取材を敢行します。
バスフィッシングの長い歴史を持つアメリカ合衆国にも、わが国の釣り雑誌としては唯一、取材チームを常駐。ワールドワイドなニュースをお届けします。
新製品やテクニックだけでなく、バスフィッシングにまつわるさまざまな情報を網羅しているのもBasserの魅力のひとつです。バスフィッシングの本場アメリカの最新情報も掲載しています。

男性/20代/30代/スポーツ/月刊

バスフィッシング専門誌『Basser』


関連記事

前の記事へ

飛行機に関する広告・媒体の比較、まとめ

次の記事へ

自家用車に関する広告・媒体の比較、まとめ