都営地下鉄に関する広告・媒体の比較、まとめ

1960年に開業した都営地下鉄は、東京都が運営している地下鉄道会社です。現在、全部で106駅ある浅草線・三田線・新宿線・大江戸線の4路線で運行し、1日に28万人以上の人が利用しています。そのため都営地下鉄は、首都東京の人の流れを循環させるために欠かせない存在です。近年はインバウンドの影響で外国人利用者が増加傾向にあります。そこで都営地下鉄ではコンシェルジュの設置・多言語対応の券売機・タブレット端末の導入で外国人への対応を始めました。この他にも多機能トイレ・車いすスペースの設置など利用者にやさしいサービスを拡充し、多様化している利用者への対応を進めています。今回はそんな都営地下鉄に出稿できる広告・メディアについてまとめました。

都営地下鉄 大江戸線 連結部ステッカー広告


都営大江戸線の連結部ステッカー広告


都営大江戸線の車内連結部横の窓ガラスに掲出される大型のステッカー広告です。大江戸線は、六本木・汐留の再開発エリアや、勝どき・月島の高層マンションが立ち並ぶ居住地域を結んでいます。38駅中24駅が乗換駅と、東京の大動脈としての役割を果たし、年々乗車人員が増加している注目路線です。乗客は目的の駅に着くまで車内の一定の位置に乗車しているという特徴から、目にした広告を最後まで読んでもらうのに十分な時間があります。路線沿線地域にお住いの方の興味にフィットした広告を掲出することで高い効果が期待できます。

車内

都営地下鉄 大江戸線 連結部ステッカー広告

都営地下鉄 浅草線 連結部ポスター広告


都営浅草線の連結部ポスター広告


都営浅草線の車内連結部に掲出されるポスター広告です。都営浅草線は、東京都大田区から墨田区を結ぶ路線です。京成電鉄~都営交通~京急電鉄と相互直通運転を実施していたり、羽田や成田にもアクセスが良いため、通勤通学は勿論、観光地へ向かう電車として国内外の方に広く利用されています。乗客は、目的の駅に着くまで車内の一定の位置に乗車しているので、目にした広告を最後まで読んでもらうのに十分な時間があります。また、掲載位置が目線にあるため、視認効果も高いパワフルなメディアです。

車内

都営地下鉄 浅草線 連結部ポスター広告

都営地下鉄 新宿線 連結部ポスター広告


都営新宿線の連結部ポスター広告


都営新宿線の車内連結部に掲出されるポスター広告です。都営新宿線は、首都圏ベットタウンの千葉県市川市からオフィス・繁華街の新宿区を結ぶ路線です。平均輸送人員は1日約72万人と多くの人に利用されています。電車は身近な公共機関の為、路線沿線地域に住む方をターゲットにした広告展開が可能です。毎日電車を利用する通勤通学客やファミリー層、中高齢者であれば何度も広告に接触する可能性が高まります。

その為、高い広告接触率と広告到達率が期待できる上、乗客は目的の駅に着くまで車内の一定の位置に乗車しているという特徴から、目にした広告を最後まで読んでもらうのに十分な時間があります。掲載位置が目線にあるため、視認効果も高いパワフルなメディアです。

車内

都営地下鉄 新宿線 連結部ポスター広告

都営地下鉄 三田線 連結部ステッカー広告


都営三田線の連結部ステッカー広告


都営三田線の車内連結部横の窓ガラスに掲出されるステッカー広告です。三田線は、三田・日比谷・大手町などのオフィス街と大規模集合住宅地の高島平を結ぶ路線です。また東急目黒線へ乗り入れや、田園調布・横浜方面へのアクセスにも便利で、平均輸送人員は1日約60万人と多くの人に利用されています。電車は身近な公共機関の為、路線沿線地域に住む方をターゲットにした広告展開が可能です。毎日電車を利用する通勤通学客やファミリー層、中高齢者であれば何度も広告に接触する可能性が高まります。

その為、高い広告接触率と広告到達率が期待できる上、乗客は目的の駅に着くまで車内の一定の位置に乗車しているという特徴から、目にした広告を最後まで読んでもらうのに十分な時間があります。掲載位置が目線にあるため、視認効果も高いパワフルなメディアです。

車内

都営地下鉄 三田線 連結部ステッカー広告

都営地下鉄『駅貼りポスター広告』


都営地下鉄『駅貼りポスター広告』


都営地下鉄の駅構内に設置できるポスター広告。目的やエリア別に掲出駅を選定でき、必要枚数分のみ掲出できるため、効率的な広告展開が可能です。連貼りなどによりインパクトを増幅させる掲出方法も出来ます。

構内

都営地下鉄『駅貼りポスター広告』


関連記事

前の記事へ

フードコートに関する広告・媒体の比較、まとめ

次の記事へ

語学に関する広告・媒体の比較、まとめ