映画に関する広告・媒体の比較、まとめ

広告プラットフォーム「Bizpa(ビズパ)」に掲載されている映画に関する広告をまとめています。気になる広告がありましたら、ぜひお問い合わせください。

最新&最強のエンターテイメント情報誌『J Movie Magazine』

最新&最強のエンターテイメント情報誌『J Movie Magazine』

『J Movie Magazine』は日本映画を中心に、ドラマ、舞台など最新&最強のエンターテインメント情報を発信するグラビア&インタビュー雑誌です。通常では難しいとされるジャニーズアイドルを掲載できる媒体という事も、この媒体の強み・特色です。月刊/毎月初旬、50,000部発行。定価990円(税込)

『J Movie Magazine』の強み

・俳優や日本映画が大好きという読者層に向けた映画専門雑誌!試写会他、特典なども大好評です。 ・購買につながる人気若手男性俳優・ジャニーズアイドルを多数掲載! ・他誌に負けない豊富な人気タレントのグラビア量! ・根強いファン層の方々が、固定読者として強い購買力を持っている。 ・日本映画の最新情報をオールカラーでお届け! ・日本映画の撮影現場にも密着し、こだわりの記事を掲載!

20代/30代/40代/エンタメ/月刊

最新&最強のエンターテイメント情報誌『J Movie Magazine』

SF・特撮ビジュアルマガジン『宇宙船』

SF・特撮ビジュアルマガジン『宇宙船』

注目のテレビ番組・映画からグッズまで、SF・特撮作品に関する最新情報をインタビュー、メイキングをまじえて紹介する総合特撮専門誌「宇宙船」。期待の新ヒーローから懐かしの怪獣まで、情報満載、特撮ファン必見の内容にご期待ください。季刊/年4回、35,000部。メーカー希望小売価格1,800円(税抜)

コンテンツ

仮面ライダーセイバー、仮面ライダーゼロワン、ウルトラマン Z、その他、フィギュア、Blu-ray など最新の特撮ホビー情報を多数掲載。

男性/季刊

SF・特撮ビジュアルマガジン『宇宙船』

映像業界専門紙『映像新聞』

映像業界専門紙『映像新聞』

『映像新聞』は、放送やブロードバンド、デジタルコンテンツプロダクション、映像制作者など映像業界へ向け、ビジネスとテクノロジーの両視点で情報を発信しているビジネスを熱くする専門紙です。日々進展する映像産業の動向をハード・ソフトの両側面から的確に捉え、現場に密着した情報を正確に提供しています。週刊/毎週月曜日、25,000部発行。

コンテンツ

・映像業界の最新情報提供 ジャンル:放送、映画、デジタルコンテンツのプロダクション情報、技術情報、経営動向など ・国内外の代表的なコンベンションを取材レポート。 ・エンドユーザーへのアンケートによる市場動向調査。 ・海外視察ツアー

会社員/BtoB/週刊

映像業界専門紙『映像新聞』

千葉県柏市の『キネマ旬報シアター』で上映される映像広告

千葉県柏市の『キネマ旬報シアター』で上映される映像広告

『キネマ旬報シアター』は、千葉県柏駅直結の高島屋内にある好立地の映画館です。月間約20,000人ほどの来場者数があり、シネアド(映画館のスクリーンで上映されるCM)は、全上映作品の前に必ず放映されます。暗く集中した環境でCMが流れることで、CM効果も高く、柏市や千葉県などの地域限定の告知にも最適です。

『キネマ旬報シアター』シネアドの強み

・「高い集中力」 閉ざされた空間の中で、ノイズもなく集中した姿勢で広告が視聴されます。インターネットの動画広告と違いスキップされる心配はありません。 ・「大きなインパクト」 巨大なスクリーンと良質の音響で上映されるので、伝えたいメッセージを視聴者の記憶に深く残します。 ・「多彩な来場者層」 上映作品によって、来場者層は幅広く、小さな子供からシニアまで男女問わずPRできます。 ・「アクティブなユーザー層へPR」 実際に映画館へ足を運ぶアクティブなユーザー層が視聴するので、視聴者の興味を惹く、実際の行動を促しやすいPRで大きな広告効果が期待できます。

エンタメ

千葉県柏市の『キネマ旬報シアター』で上映される映像広告

話題の映画が一目でわかる!『キネマ旬報NEXT』

話題の映画が一目でわかる『キネマ旬報NEXT』

『キネマ旬報NEXT』は、話題の映画に出演する俳優の撮り下ろし写真やインタビューを中心に、作品を紹介する映画雑誌です。映画批評誌「キネマ旬報」の増刊で発行は不定期ですが、充実した読み物と豊富なビジュアルで映画ファンのみならず、10~40代の女性の俳優ファンに絶大な人気を誇る雑誌です。読者の興味を惹くPRで強力な広告効果が期待できます。増刊、50,000部発行。

女性/10代/20代/30代/40代/エンタメ

話題の映画が一目でわかる!『キネマ旬報NEXT』

世界で最も歴史のある映画雑誌『キネマ旬報』

世界で最も歴史のある映画雑誌『キネマ旬報』

『キネマ旬報』は、国内外、及び映画・映像業界の内外問わず厚い信頼と支持を得ている映画雑誌です。批評と記録を軸に、「映画」を広く文化として定着させるために、さまざまな切り口で特集を企画し、「映画を活字で楽しむ」「映画を読む」ことを提供することで、読者の知的好奇心を刺激します。監督や俳優のインタビューも満載で、読者に映画人の生のことばをタイムリーに掲載している他、年に一度発表される「キネマ旬報ベスト・テン」は、米・アカデミー賞よりも歴史が古く、伝統と格式のある賞として、映画業界を盛り上げる役目を果たしています。 30,40代の男性を中心に、ほとんどの読者が毎号継続的に購読し、実際に毎月劇場へ足を運ぶアクティブ映画ユーザーなので、読者の興味に刺さるPRで、絶大な広告効果が期待できます。毎月5,20日、52,000部発行。

コンテンツ例

・特集 ・撮影現場ルポ ・「FACE」俳優・監督インタビュー ・DVD・BD紹介ページ ・REVIEW鑑賞ガイド ・読者の映画評

男性/郵送/30代/40代/エンタメ

世界で最も歴史のある映画雑誌『キネマ旬報』

ANA機内デジタルサイネージ『映画前SKY CHANNEL CM』

快適な空の旅を演出する、国際線機内エンターテイメントの定番

座席の個人モニターでお送りする映画の上映前にCMを放映。機内誌への広告出稿と合わせることで、機内でクロスメディアも展開が可能。

富裕層/経営者/会社員/旅行/車内

ANA機内デジタルサイネージ『映画前SKY CHANNEL CM』

音楽と映画のフリーペーパー『FLYING POSTMAN PRESS』

音楽と映画のフリーペーパー『FLYING POSTMAN PRESS』

音楽や映画をはじめとするエンターテイメント・タブロイド誌『FLYING POSTMAN PRESS』。デザインを重視した紙面で、感度の高いトレンドリーダーにアピールする“魅せる媒体”として、多くの読者に楽しく情報を届けています。単館系映画などを楽しむ、20~30代の高感度でカルチャー思考のある男女に人気の媒体です。全国5都(札幌・東京・名古屋・関⻄・福岡)で合計440,000部を発行しています。

コンテンツ

毎号、撮りおろしの表紙写真、特集テーマに基づいたインタビュー、弊誌ならではのセレクトでお届けする新作映画記事などで構成。

20代/30代/エンタメ/ラック設置/月刊

音楽と映画のフリーペーパー『FLYING POSTMAN PRESS』

関連記事

前の記事へ

湾岸エリアに関する広告・媒体の比較、まとめ

次の記事へ

アウトドアに関する広告・媒体の比較、まとめ