アロマに関する広告・媒体の比較、まとめ

アロマはギリシャ語を語源としている芳香・香りを意味する言葉です。現代社会には忙しい毎日を送りつかれている方が多くいらっしゃいます。そこで人々は忙しい合間に疲れをとるため様々な癒しを求めるようになり、その癒しの一つとして重宝されているのがアロマです。アロマには香りをかぐことで心身がリラックスするなどの効果があり、アロマを利用してストレスの軽減などを図り、心身を癒してくれる療法としてアロマテラピーが知られています。また花や果実などから精油したアロマオイルは、ハンカチや熱いお湯を入れたマグカップなどに数滴たらして使用することで手軽にアロマを楽しむことができます。そして現代人にとってアロマは、心身を健康に保つための良きパートナーになっていると言えるでしょう。今回はアロマに癒しを求めている方に向けて出稿できる広告・メディアをまとめました。

アロマテラピーと自然療法の専門誌『aromatopia(アロマトピア)』


アロマテラピーと自然療法の専門誌『aromatopia(アロマトピア)』


『aromatopia』は、アロマテラピーを中心に自然療法に関連する領域で、その知識や有用性、そして美と健康に役立つ最新情報を紹介するアロマテラピーと自然療法の専門誌です。
精油の有用性や活用術に関する最新情報の提供に取り組み、リラクセーションや代替療法へ社会の注目がより集まる中、一層の内容の充実を目指しています。
また、セラピスト、医療従事者、エステティシャンなど、各分野の方々の香りにまつわる情報交換や研究発表ができる場所を提供しています。年6回/偶数月25日、13,000部発行。1,750円 (税別)

コンテンツ


毎号の特集の他に、国内外の自然療法に携わる専門家や実践者からの投稿原稿や連載を掲載しています。

BtoB/隔月

アロマテラピーと自然療法の専門誌『aromatopia(アロマトピア)』

香りの機能性と効能の専門誌『AROMA RESEARCH(アロマリサーチ)』


香りの機能性と効能の専門誌『AROMA RESEARCH(アロマリサーチ)』


『AROMA RESEARCH』は香りの機能性(生理・心理的作用)と効用の学際的専門誌として2000年に創刊されました。香りの機能性と有用性に関する研究開発と応用の最新情報を提供致します。季刊/2・5・8・11月、3.500部発行。2,000円 (税別)

BtoB/季刊

香りの機能性と効能の専門誌『AROMA RESEARCH(アロマリサーチ)』

香粧品・香粧品科学の専門誌『FRAGRANCE JOURNAL(フレグランスジャーナル)』


香粧品・香粧品科学の専門誌『FRAGRANCE JOURNAL(フレグランスジャーナル)』


『FRAGRANCE JOURNAL』は、我が国を代表する香粧品および香粧品科学の研究開発専門誌です。
内外の香粧品(化粧品・トイレタリー)の動向をはじめ、法規制問題、安全性問題、学会・工業会情報、新原料・新機器・新製品情報、特許情報など香粧品(化粧品・トイレタリー)に関するあらゆる最新の情報を提供しています。世界的に著名なChemical Abstractsにも抄録されている雑誌です。月刊/毎月15日、7,500部発行。定価3,000円(税別)

コンテンツ


香粧品(化粧品・トイレタリー)、医薬部外品、理美容、家庭用品などの最終製品およびそれらに供給される原材料の技術情報を毎号テーマ別に特集しています。

BtoB/月刊

香粧品・香粧品科学の専門誌『FRAGRANCE JOURNAL(フレグランスジャーナル)』


関連記事

前の記事へ

ガスに関する広告・媒体の比較、まとめ

次の記事へ

ゴルフ場に関する広告・媒体の比較、まとめ