エネルギーに関する広告・媒体の比較、まとめ

"

一般にエネルギーについて、電気・ガス・灯油・ガソリンなどを指します。これらのエネルギーは文明を発展させ、現在も私たちの生活を支えています。しかしエネルギーを使い続けた結果、大量のCO2が排出され問題になっているのが地球温暖化です。地球温暖化は海面上昇や異常気象などを引き起こし、人類を含め地球上の生物を脅かしています。そこで地球温暖化の原因であるCO2の排出を抑えるため、太陽光発電・風力発電などの自然エネルギー利用も以前と比べて多くなりました。太陽光発電の場合は住宅の屋根などに太陽光パネルを設置することで、個人利用や電力会社へ売電できるメリットがあります。そして自動車ではガソリン車から、燃費に優れた電気自動車やハイブリッド車の普及が進んでいます。このように現在は、まさにエネルギー転換期だといえるでしょう。今回はそんなエネルギー事情に興味がある方に向けて出稿できる広告・メディアをまとめました。

"

我が国唯一の省エネルギー総合誌『月刊省エネルギー』


我が国唯一の省エネルギー総合誌『月刊省エネルギー』


『月刊省エネルギー』は、産業界で省エネルギーを推進する方々が直面する問題とその解決法を示す創刊約70年、わが国唯一の省エネルギー総合誌です。月刊/18,000部発行、定価1,400円+税。

コンテンツ


国の省エネルギー政策をはじめとする行政の動き、法律に関する情報はもとより、具体的な事例を豊富に取り上げ最新の省エネ技術情報や省エネ手法を紹介しています。
また、企業の省エネに対する考え方や方針、戦略などの経営的視点にも焦点を当て、生産効率や投資効果、あるいはCO2排出削減、BCP対策など省エネに関連する動きも広く捉え、省エネ担当者だけでなく、スタッフ部門の方々の参考になる記事も数多く掲載しています。

会社員/BtoB/月刊

我が国唯一の省エネルギー総合誌『月刊省エネルギー』

新しいエネルギーの専門月刊誌『クリーンエネルギー』


環境、産業、経済の共生を追求するエネルギーの専門月刊誌


エネルギー問題も地球環境を揺るがすものとして、従来のエネルギー源確保、 省資源、省エネルギーから、二酸化炭素の削減、クリ ーンエネルギーヘとその対応が変わってきています。環境と産業・経済の共生を図る真にクリーンエネルギーの到来となってきています。こうした社会のニーズに応え、実施段隋に入っているコージェネレーション(熱電供給)、燃料電池、 地域冷暖房を中心にこれらすべてのクリ ーンエネルギーに関する技術情報を提供し、 これからのクリ ーンエネルギーの普及、 向上、推進について分かりやすく解説しています。

コンテンツ


特集:話題のエネルギー・関連技術を中心に、応用技術や機器・システム・導入事例などを一つのテーマで集約して掲載しています。
テクニカルレポート:エネルギーに関する最新研究の紹介、 注目の各社の製品や最新技術を掲載。
エネルギー事情:エネルギーに関連する国 ・ 自治体の政策、 動向の紹介。 各種エネルギー関連団体発表のレポートの解説、海外動向などを掲載しています。
フィールドレポート:各種エネルギーシステム・設備の導入事例を掲載。
NEWS&PROOUCTS:新製品の紹介、業界のトピックス、各種告知を掲載しています。

20代/30代/40代/BtoB

新しいエネルギーの専門月刊誌『クリーンエネルギー』

地球環境時代を生きる確かな情報紙『環境新聞』


地球環境時代を生きる確かな情報紙『環境新聞』


環境ビジネスはいまや、日本経済さらに世界経済にとって重要な位圏づけとなっています。
そして、環境ビジネスの拡大は、環境保全の進展を促し、地球環境を回復させる大きな原動力になっていくものです。
『環境新聞』は、美しい地球環境を守り、未来世代に伝えていくため、これからも地球と人類の危機に警鐘を鳴らし続けるとともに、これからも地球と人類の危機に警鐘を鳴らし続けるとともに、環境ビジネスが持続可能な社会を実現するコア産業として健全に発展するよう、地球環境時代のリーディングペーパーとしての役割を果たしています。週刊/水曜日、74,000部発行。24,000円/年( 税別・送料込)

コンテンツ


1面:各面からの厳選記事、キーマンインタビュー、コラムなど
エネルギー、低炭素面:地球温暖化対策、低炭素社会、電カ・ガスシステム改革、再生可能エネルギー、省エネルギー、燃料電池、スマートコミュニティ、環境放射の除染・廃炉など
環境経営、CSR面:環境管理(環境ISO、エコアクション21入環境会計、環境コミュニケーション、環境金融、社会的責任投資、自然資本会計、エコプロダクツ、グリーン購入、エシカル消費など
資源環境面:循環型社会・3R、一般廃棄物処理、産業廃棄物処理、有害廃棄物処理、災害廃棄物処理、各種リサイクル、ごみ発電、アスベスト処理など
水、土壌環境面:水環境保全、排水規制、生活排水対策、下水道・浄化槽·農業集落排水など関連技術·システム、土壌汚染対策、地下水汚染対策など
特集企画:随時増ページし、各関連テーマの詳細動向などをワイドに掘り下げて紹介。大特集は別刷り

BtoB

地球環境時代を生きる確かな情報紙『環境新聞』


関連記事

前の記事へ

西武バスに関する広告・媒体の比較、まとめ

次の記事へ

ガスに関する広告・媒体の比較、まとめ