教員に関する広告・媒体の比較、まとめ

広告プラットフォーム「Bizpa(ビズパ)」に掲載されている教員に関する広告をまとめています。気になる広告がありましたら、ぜひお問い合わせください。

小学校の教員向けフリーマガジン『wutan』


小学校の教員向けフリーマガジン『wutan』


『wutan(ウータン)』はマレー語で「森」という意味です。森は多様な生物が育まれる場であるとともに、自然と闘い生き抜かなくてはならない厳しい場でもあります。

そんな森のように、時には困難な環境で教育に取り組まなくてはならない若い先生方の教師力向上や、悩みを共有し解決の糸口をつかめる情報誌でありたいという願いをこめて名付けられました。年3回/3,7,12月、100,000部発行。

コンテンツ


・今、先生方が知っておくべき情報を扱う「巻頭特集」
新学習指導要領をはじめとする内容をベースに、各分野の専門家をお招きし、わかりやすく伝えます。
<直近の特集テーマ例>
◆2020年度2学期号:新型コロナウイルスにも負けず、学びを止めない学校(JEES 堀田龍也理事長 ほか)
◆2020年度1学期号:これからの時代の「学級経営」(上越教育大学 赤坂真二教授 × JEES 堀田龍也理事長)
◆2019年度3学期号:JEESシンポジウム(公開授業)振り返り(JEES 佐藤正寿理事、盛山隆雄理事)
◆2019年度2学期号:若手を育てる学校づくり(春日井市立出川小学校 水谷年孝校長ほか)
◆2019年度1学期号:教員の働き方改革(文部科学省 合田哲雄課長 × JEES 堀田龍也理事長)

・先生方の情報収集の場となる連載記事
新学習指導要領における授業づくりの考え方について『緊急解説』『実践講座』といった記事を掲載。
また、『ベテラン先生に聞く!』『お悩み相談室』といったコーナーでは、周りの同僚の先生方に直接聞きにくい
情報等を得ることができます。人気の書籍・注目の新刊を紹介する『ブックレビュー』や『読者プレゼント』も充実。

・動物本来の姿をフィーチャーした表紙
表紙写真には、各賞の受賞歴のある新進気鋭の動物写真家・前川貴行氏を起用。全世界をフィールドに撮影された
生命感溢れる動物の写真と前川氏のコメントが各号を飾ります。

季刊/10万部以上

小学校の教員向けフリーマガジン『wutan』

1946年創刊、日本最大の教育専門全国紙『日本教育新聞』


1946年創刊、日本最大の教育専門全国紙『日本教育新聞』


『日本教育新聞』は1946年に創刊以来、全国の教育関係者に教育をめぐる時代の情報を真摯に情熱的に伝えてきました。「教育」だけに特化し、週刊でこれほどの情報量を提供している媒体は、ほかにはありません。全国津々浦々、海外の日本人学校でも読まれています。しかもその範囲は、文部科学省、各地の教育委員会、学校管理職、教師、PTA、議員や民生児童委員まで含み、教育にかかわる人、興味関心のある人まで広範です。

コンテンツ


学校現場の最新の課題をキャッチし、さまざまな角度から掘り下げて発信します。
また、独自調査や有識者による解説なども交えて、課題解決に向けた道筋をしっかりと提示していきます。

主なコンテンツ
・【ニュース・解説】【教育改革】今日的課題の改善策を提示
・【学校経営】管理職による学校マネジメントを強力サポート
・【幼稚園・保育園】特色ある取組みを情報提供
・【小学校・実践】授業改善の道筋を提示
・【中学校・実践】ユニークな教育活動を紹介
・【高校・特別支援学校】新たな指導法を紹介
・【PTA・社会教育・民生児童委員・地方議会】地域、家庭から幅広く教育を考える

主な特集記事
・【ICT教育特集】 ICT機器などを活用した学校づくり(授業や校務)について
・【英語教育特集】 小学校での外国語活動や、中・高校での英語教育の指導法について
・【学校施設特集】 環境・安全などをテーマに学校施設のあり方を考える
・【食育特集】 学校・家庭・地域との連携に食育や食農教育のあり方について
・【教育旅行特集】 教育旅行の最新動向や校外学習施設について
・【卒業記念品特集】 学校の備品導入の機会提案として
・【防災特集】 防災用品、機器、ノウハウの学校現場・教育行政機関への導入促進

週刊/ポスティング

1946年創刊、日本最大の教育専門全国紙『日本教育新聞』


関連記事

前の記事へ

ビジネス誌に関する広告・媒体の比較、まとめ

次の記事へ

エネルギーに関する広告・媒体の比較、まとめ