専門職に関する広告・媒体の比較、まとめ

広告プラットフォーム「Bizpa(ビズパ)」に掲載されている専門職に関する広告をまとめています。気になる広告がありましたら、ぜひお問い合わせください。

印刷産業の専門誌『印刷雑誌』


印刷産業の専門誌『印刷雑誌』


『印刷雑誌』は印刷およびデザインや出版をはじめとした印刷の周辺の技術やマーケティング情報を発信し続け、100年の歴史と実績が読者の信頼を得ています。書店取次流通により全国に販売網を持ち、また一般社団法人日本印刷学会の機関誌であり、全国の会員にも配布されます。月刊/毎月20日、7,000部発行。定価1,800円 (税別)

コンテンツ


基礎的な学術情報から最先端の科学情報や技術事例など、幅広いジャンルから現場に実用的な話題を提供し、姉妹誌の無料Webマガジン『週刊印刷雑誌』とも連携して、業界の情報を素早く、また他分野の産業に向けても発信しています。

BtoB/月刊

印刷産業の専門誌『印刷雑誌』

アロマテラピーと自然療法の専門誌『aromatopia(アロマトピア)』


アロマテラピーと自然療法の専門誌『aromatopia(アロマトピア)』


『aromatopia』は、アロマテラピーを中心に自然療法に関連する領域で、その知識や有用性、そして美と健康に役立つ最新情報を紹介するアロマテラピーと自然療法の専門誌です。
精油の有用性や活用術に関する最新情報の提供に取り組み、リラクセーションや代替療法へ社会の注目がより集まる中、一層の内容の充実を目指しています。
また、セラピスト、医療従事者、エステティシャンなど、各分野の方々の香りにまつわる情報交換や研究発表ができる場所を提供しています。年6回/偶数月25日、13,000部発行。1,750円 (税別)

コンテンツ


毎号の特集の他に、国内外の自然療法に携わる専門家や実践者からの投稿原稿や連載を掲載しています。

BtoB/隔月

アロマテラピーと自然療法の専門誌『aromatopia(アロマトピア)』

香りの機能性と効能の専門誌『AROMA RESEARCH(アロマリサーチ)』


香りの機能性と効能の専門誌『AROMA RESEARCH(アロマリサーチ)』


『AROMA RESEARCH』は香りの機能性(生理・心理的作用)と効用の学際的専門誌として2000年に創刊されました。香りの機能性と有用性に関する研究開発と応用の最新情報を提供致します。季刊/2・5・8・11月、3.500部発行。2,000円 (税別)

BtoB/季刊

香りの機能性と効能の専門誌『AROMA RESEARCH(アロマリサーチ)』

香粧品・香粧品科学の専門誌『FRAGRANCE JOURNAL(フレグランスジャーナル)』


香粧品・香粧品科学の専門誌『FRAGRANCE JOURNAL(フレグランスジャーナル)』


『FRAGRANCE JOURNAL』は、我が国を代表する香粧品および香粧品科学の研究開発専門誌です。
内外の香粧品(化粧品・トイレタリー)の動向をはじめ、法規制問題、安全性問題、学会・工業会情報、新原料・新機器・新製品情報、特許情報など香粧品(化粧品・トイレタリー)に関するあらゆる最新の情報を提供しています。世界的に著名なChemical Abstractsにも抄録されている雑誌です。月刊/毎月15日、7,500部発行。定価3,000円(税別)

コンテンツ


香粧品(化粧品・トイレタリー)、医薬部外品、理美容、家庭用品などの最終製品およびそれらに供給される原材料の技術情報を毎号テーマ別に特集しています。

BtoB/月刊

香粧品・香粧品科学の専門誌『FRAGRANCE JOURNAL(フレグランスジャーナル)』

物流業界の専門誌 『物流ニッポン新聞』


物流業界の専門誌 『物流ニッポン新聞』


『物流ニッポン』は、業界最高峰の情報網「全国8支局自社ネットワーク」で、トラック、鉄道、倉庫、港運、海運、空運などを総合的にカバー。
さらに、一般産業(荷主)の物流担当者、関係府省庁、事業者団体とのパイプも太く、各界から高い評価を得ています。速報性、オピニオン性、タイムリーな企画記事など、他紙の追随を許しません。週2回(火・金曜日)発行。

コンテンツ


豊富な情報、高いアンテナをベースに、問題提起も踏まえ、深く掘り下げた記事を提供。
陸・海・空に加え、荷主、物流機器、物流情報まで網羅。
ベテラン編集委員による社説は、業界の指針となっています。

BtoB

物流業界の専門誌 『物流ニッポン新聞』

農機専門誌『機械化農業』


農機専門誌『機械化農業』


農業の生産性・農産物の品質を高めるための技術および、農機の開発・生産・流通を近代化するための専門情報を中心に掲載しています。その他、行政官庁団体、農機商工業界、海外のニュースまで、幅広く情報を取り扱っています。
全国の農業関係者が購読している媒体であるため、コストを抑えピンポイントに製品を訴えることができます。また、認知度の向上や農機業界に売り込みたいという啓蒙活動、業界での企業イメージ確立などにも有用です。月刊/毎月1日、10,000部発行。

コンテンツ


・特集
農業機械をはじめ技術・流通など、毎月様々なものにスポットを当て特集を企画しています。

・現地レポ
本紙・編集部が様々な農業現場に赴き、現地で働く農機・人々を取材します。

・資料
型式検査合格機・農業機械安全鑑定適合機を掲載します。

・ニュースメモ
1ヶ月の農政、団体、業界、試験研究などの動きを取りまとめ紹介します。

BtoB/月刊/農林水産業

農機専門誌『機械化農業』

石油業界の専門誌『油業報知新聞』


石油業界の専門誌『油業報知新聞』


石油業界の専門紙として「迅速・正確・公平な報道」をモットーに、業界の指針として多数の読者の信頼を得て今日に至っております。21世紀においてもエネルギーの主流は、依然として石油であり、その安定供給に努力・発展する業界を全国的な取材網で強力にカバーしています。

コンテンツ


石油元売会社、石油精製会社、石油開発会社の各社の動きと、営業政策を主体とした各種の報道。経産省・資源エネルギー庁を中心とした関係官庁及び石油連盟、石油鉱業連盟、全国石油協会など団体に関する報道。首都圏をはじめ地方販売業界の動きをお伝えします。そのほかに「用品機器分野」「LPガス分野」等も掲載。東京工業品取引所などの先物取引市況動向(ガソリン、軽油、原油、灯油)も逐一報道、掲載しています。

BtoB

石油業界の専門誌『油業報知新聞』

農業機械の専門誌『農機新聞』


農業機械の専門誌『農機新聞』


『農機新聞』は農業機械関連企業の動き、農業、農機生産、農機流通、農機試験研究の動きを早く正確に伝える専門紙です。全国のメーカー、関連業者へ効果的に製品を訴えることができます。また対象企業以外の新規企業への認知や農機業界に売り込みたいという啓蒙活動、業界での企業イメージ確立などにも有効です。週刊/毎週火曜日、50,000部発行。

コンテンツ


「行政」、「技術」、「文化」、「資料」、「特集」、「業界」、「海外」の各面で構成され、毎週の農業機械業界の動きが簡潔な文章と豊富な写真で一目でわかります。

BtoB/農林水産業

農業機械の専門誌『農機新聞』

税務・経理・会計実務をサポートするQ&A情報誌『月刊 税務QA』


税務・経理・会計実務をサポートするQ&A情報誌『月刊 税務QA』


『月刊 税務QA』は、税務に携わるすべての会計人に贈る、まったく新しいスタイルの税務専門誌。
知りたい情報を、見やすく、わかりやすく解説します。Q&A形式なのでリファレンスにも便利。Q&Aは、極めて専門レベルの高い難解な事例もあればビギナーの基本的な疑問に答えるFAQも。範囲は、法人税から資産税、個人の税金、企業会計まで幅広くカバー。週刊税務通信で培ってきた豊富な情報源をもとに、あなたの疑問を解決します。月刊/毎月5日、約20,000部発行。

コンテンツ


・特集
注目される様々なテーマにスポットをあて毎号30ページ以上にわたり詳説

・SelectionQ&A
実務上重要な事例を厳選し見開きに収めた紙面構成

・まとめてFAQ
実務に役立つ税目別の知識を初心者、新人にもわかりやすく解説

BtoB/月刊

税務・経理・会計実務をサポートするQ&A情報誌『月刊 税務QA』

税のスペシャリストのあらゆる欲求を満たす『週刊 税務通信』


税のスペシャリストのあらゆる欲求を満たす『週刊 税務通信』


『週刊 税務通信』は自他共に認めるNo.1税務専門誌。税の専門知識に精通した本誌取材記者が、財務省・国税庁等の税当局に張り付いて、日夜取材。重要な税制改正動向は見逃しません。法令通達等の難解な情報を読者目線でわかりやすく解説しております。週刊/毎週月曜日、約100,000部発行。

コンテンツ


・展望欄
1週間のニュースを要約。忙しいときなど、ここだけでも目を通すことで税制改正や実務の流れから取り残されません。

・ニュース
税制改正から税務調査の動向まで税務に関する主要なニュースの全速報。
・実務解説
改正法令・通達について担当官がわかりやすく解説。また、一線の実務家による企画もタイムリーに掲載。

・法令・通達・資料
税制改正の大綱、法律案をはじめ税務当局や各種団体の公表資料を随時掲載。

・ショウ・ウィンドウ
一番の人気記事!得意先の接待費から社長の給料、社員の福利厚生費まで実務上判断に迷いやすい税金実務のポイントを紹介。

・三大付録
法人税申告書の実務・法人税便覧・国税局別/税務職員録を進呈。

BtoB/週刊/10万部以上

税のスペシャリストのあらゆる欲求を満たす『週刊 税務通信』

アイスクリーム情報専門誌『アイスクリームレビュー』


アイスクリーム情報専門誌『アイスクリームレビュー』


『アイスクリームレビュー』は、アイスクリーム業界の販売動向、全国・地域別の市場動向、新商品情報など最新の話題を掲載する専門誌です。隔月/偶数月、12,960円(税・郵送料込)

コンテンツ例


・アイスクリーム業界の販売動向
・全国地域別の市場動向分析、新商品情報、商品動向
・関連資材業界の特集記事、チルドデザート関連記事
・アイスクリームショップの動向
・メーカー別売上高、形態別売上高等の各種統計
・海外のアイスクリーム商品と市場動向  
・連載コラム 「アイスマン福留のICEandPEACE」、など

BtoB

アイスクリーム情報専門誌『アイスクリームレビュー』

風土に根ざした素材でつくる住宅専門誌『チルチンびと』


風土に根ざした素材でつくる住宅専門誌『チルチンびと』


1997年の創刊以来、「住まいは、生き方」をコンセプトとして、我が国の気候風土に適したエコロジカルな家づくりを一貫して追及してきた、『チルチンびと』は、創刊23年目を迎えています。

この間、木の家づくりを望む多くの人々の支持を得て、住宅専門誌として最大の実売部数を維持するナンバーワン雑誌の評価を得ております。発行毎に、日本経済新聞、全国版の毎日新聞、その他地方紙に広告を掲載し、本誌広告主の訴求と販売拡大に努力しています。季刊/3・6・9・12月、30,000部発行。定価990円(税込)

コンテンツ


住まいは、住む人の生き方を映し出します。無垢材や、シックハウスの原因とならない自然素材など、本物の素材でつくられた住まいは、時間に風化されない強さがあります。
『チルチンびと』も風化されることのない独自の切り口で編集し続けます。
年4回、30,000部発行。990円(税込み)。

30代/40代/会社員/持ち家あり/住宅・不動産/季刊

風土に根ざした素材でつくる住宅専門誌『チルチンびと』

北海道の農業専門誌『ニューカントリー』


北海道の農業専門誌『ニューカントリー』


『ニューカントリー』は食料基地・北海道の農業専門誌。近年話題のICTなど最新技術から栽培・土づくりといった基本技術、国際貿易交渉をはじめとする農政問題、農村での暮らしに役立つ情報まで、北海道の農業・農村に関わるさまざまな情報を掲載。
農業経営者やその家族、法人従業員、農業に関心のある方々、皆さんに楽しんでいただける一冊です。月刊/毎月23日、16,000部発行。17,512円/年(税別・送料込)

『ニューカントリー』の強み


1.農協営農指導の一環として、農協が「ニューカントリー」普及に力をいれている
2.水稲・畑作・果樹・畜産と「北海道」の最新情報を、農家・関係者を対象に提供
3.北海道農業雑誌 最大級の発行部数
4.ニューカントリー専用 Facebook、Instagramと連動し 最新の農業情報を発信
5.姉妹紙「日刊 酪農経済通信」「日刊 北海協同組合通信」発行
※酪農行政・乳牛業界の動向や、生産・消費 等 指導層に向けての専門誌としても高い評価を頂いてます。
※酪農の飼養管理技術と経営の専門誌「DAIRYMAN」も発行。

BtoB/月刊/農林水産業

北海道の農業専門誌『ニューカントリー』

最大発行部数を誇る酪農専門誌『DAIRYMAN』


最大発行部数を誇る酪農専門誌『DAIRYMAN』


『DAIRYMAN』には酪農家の知っておかなければならない最新の飼育管理技術が満載です。
また、全国各地の優良事例、海外の最新酪農技術、酪農時事問題なども豊富に掲載され、読んですぐ役立つよう編集されています。
酪農経営者が多く購読し、商品の購入決定権を持っている方々に購読されている専門誌です。月刊/毎月25日、10,900部発行。年間36,683円(税別・送料込)

『DAIRYMAN』の強み


1.飼育管理技術と経営の専門誌
2.全国の酪農家を取材 地域読者に密接した記事を掲載
3.酪農専門雑誌 国内最大級の発行部数
4.デーリィマン誌/ホームページから 酪農用品(物品)購入が可能
5.全国の共進会にて乳牛個体を撮影 誌面に反映
6 .「オールニッポン・ホルスタインコンテスト」開催(夏季臨時増刊号:5月号同送にて発表)
※全国の共進会で活躍した乳牛の中から66頭を選出。農林水産大臣賞(名誉賞)を決定。
※全国酪農協会と共催し、農林水産省・日本ホルスタイン登録協会などの後援を得て開催しています。
7.姉妹紙「日刊 酪農経済通信」「日刊 北海協同組合通信」発行
※酪農行政・乳牛業界の動向や、生産・消費 等 指導層に向けての専門誌としても高い評価を頂いてます。
※北海道農業専門誌「月刊 ニューカントリー」発行。

BtoB/月刊/農林水産業

最大発行部数を誇る酪農専門誌『DAIRYMAN』

サイン・ディスプレイ業界の専門誌『POPEYE』


サイン・ディスプレイ業界の専門誌『POPEYE』


1969年の創刊以来、 『POPEYE』は業界トップの発行部数を維持し、 サイン製作会社に無くてはならない専門誌としての地位を確立しています。「POPEYE に掲載された製品やサービスなら安心」という読者の声も多く、 サインメーカ ー・販社のブランディングには外せない広告・宣伝ツ ールとして定着しています。隔月刊/偶数月、10,000部発行。定価2,700円(税・送料別)

コンテンツ


全国の特徴的な看板製作事例やディスプレイ装飾をはじめ、 屋外・交通広告、 大型施設のサイン計画などを写真中心に掲載。 サインの詳細スペックまでを表にする踏み込んだ記事と、 初心者から熟練者までわかりやすい技術解説を特徴としています。
業界に 有用な資機材紹介、 漫画による業界知識のQ&Aなども盛り込み、 読者で あるサイン製作会社に求められる情報を網羅しています。

BtoB

サイン・ディスプレイ業界の専門誌『POPEYE』

関連記事

前の記事へ

無料誌に関する広告・媒体の比較、まとめ

次の記事へ

交通に関する広告・媒体の比較、まとめ