天気に関する広告・媒体の比較、まとめ

天気とは、空の様子を示したものを指します。晴れ、くもり、雨、雪などが一般的で国内用の転機として15種類、国際的に使用される天気は96種類にもおよびます。天気を気にするシーンとしては、通勤や通学、スポーツをする際などさまざまです。中には仕事に直接影響する職業もあります。天気をそのまま職にしている「気象予報士」のほか、外作業の多い「工事現場や建築作業現場の作業員」、漁や農作物のできに直接かかわる「漁師や農業の方」などです。このような方々は、天気への関心が比較的高いといえそうです。今回は、そんな天気に関する広告やメディアについてまとめました。

天気予報専門メディア『tenki.jp』 記事広告


天気予報専門メディア『tenki.jp』


『tenki.jp』は、天気予報・防災情報・季節特集など、天気にまつわる役立つ情報をタイムリーに配信するサイトです。掲載コンテンツ数は、60種以上と非常に多く、ユーザーが“欲しい情報”を“欲しい形”にしてお届けしているので、使い勝手がよく、PCやスマートフォンを通して幅広い層に使われています。ユーザーは全国にわたりますが、関東・中部・近畿で大きな割合を占めています。

20代/30代/40代/50代

天気予報専門メディア『tenki.jp』 記事広告

天気予報専門メディア『tenki.jp』 ディスプレイ広告


天気予報専門メディア『tenki.jp』


『tenki.jp』は、天気予報・防災情報・季節特集など、天気にまつわる役立つ情報をタイムリーに配信するサイトです。掲載コンテンツ数は、60種以上と非常に多く、ユーザーが“欲しい情報”を“欲しい形”にしてお届けしているので、使い勝手がよく、PCやスマートフォンを通して幅広い層に使われています。ユーザーは全国にわたりますが、関東・中部・近畿で大きな割合を占めています。

20代/30代/40代/50代

天気予報専門メディア『tenki.jp』 ディスプレイ広告


関連記事

前の記事へ

子育てに関する広告・媒体の比較、まとめ

次の記事へ

店頭に関する広告・媒体の比較、まとめ