ホテルに関する広告・媒体の比較、まとめ

ホテルとは、洋室の宿泊施設のことで、旅行者や観光客に宿泊、食事、そのほかのサービスを提供する施設のことを指します。ホテルの種類はさまざまなものがあり、都心で快適に過ごすことを目的とした「シティホテル」、サービスや部屋の設備を最低限に抑え、低価格で提供される「ビジネスホテル」、観光客をターゲットにして行楽地や保養地に建てられる「リゾートホテル」などに分類されます。ホテルを検討する際の情報源として、ネットでの検索、旅行雑誌・旅行サイトが大半を占めていることから、メディアへの積極的な露出を行うことで顧客獲得の効率化が見込めます。今回は、そんなホテルに関心がある方に向けて出稿できる広告やメディアについてまとめました。

ビジネスホテルのTVガイド誌『VOD THEATER Monthly Program Guide』


ビジネスホテルのTVガイド誌『VOD THEATER Monthly Program Guide』


全国のビジネスホテル客室でお楽しみいただくVODサービスの番組ガイド誌です。三つ折りの裏面1Pに広告掲載が可能。客室据え置きのため視認性が高く、宿泊中のゲストに確実にアプローチ出来ます。

男性/30代/40代/50代/会社員/エンタメ/月刊/10万部以上

ビジネスホテルのTVガイド誌『VOD THEATER Monthly Program Guide』

ホテル客室テレビCM『おもチャンネル』


ホテル客室テレビCM『おもチャンネル』


『おもチャンネル』は、全国のビジネスホテル25,000室以上の客室テレビに配信ができる、動画広告サービスです。客室に入室しルームキーを挿入すると自動的にテレビが起動し、画面右下の特設広告枠で広告動画が再生されます。限られた客室空間内のため、映像と音声によって宿泊客に確実にリーチできます。

『おもチャンネル』の強み


1,フリクエンシーの高さ
一般的にホテルの滞在では入室が複数回あり、その度毎におもチャンネルが配信されます。
1CMあたり平均4回(/室/日) 流れています。
※CM再生時間:約80分+1ロール:約20分

2,ユーザー属性が明確
ビジネスホテルという特性上、宿泊客の属性が明確です。
30~50代男性、役職の高いビジネスパーソンの方が多いのが特長的です。

3,ビジネスホテル滞在というオケージョン
出張先のビジネスホテルという購買に直結するオケージョンで訴求できるので高いリーセンシー効果が期待できます。

男性/30代/40代/50代/会社員/音声あり/15秒可/60秒以上可

ホテル客室テレビCM『おもチャンネル』


関連記事

前の記事へ

ガーデニングに関する広告・媒体の比較、まとめ

次の記事へ

東京メトロに関する広告・媒体の比較、まとめ