カフェに関する広告・媒体の比較、まとめ

カフェとは、コーヒー・紅茶などの飲み物や、お菓子や簡単な食事を提供する飲食店のことを指します。喫茶店と違い、アルコール類や、調理全般の提供が可能な特徴があります。カフェの利用者は20~30代の女性が大半を占めていて、その主な利用目的は、気分転換、暇つぶし、読書、何らかの集まりなどさまざまです。また、最近では写真映えのする内装、外装、メニューで集客を図る方法が目立っています。お客さんが映える写真を撮り、それをSNSに投稿することで宣伝につながり、集客に一役買ってくれます。今回は、そんなカフェに関する広告やメディアについてまとめました。

おいしいコーヒーのある暮らし『珈琲時間』


おいしいコーヒーのある暮らし『珈琲時間』


コーヒーを飲むひととき。それは、誰にとってもちょっとしたエスケープの時間です。そんな「コーヒーを飲むひととき」の心地よさや、その時間をさらに豊かにするトピックスをご紹介するのが、『珈琲時間』。業界向けの専門誌ではなく、コーヒーを愛するすべての人々に向け、“コーヒーと共にあるライフスタイルを提案し、より豊かな日々を送るためのちょっとしたお手伝いをしたい”がコンセプトの媒体です。年4回、50,000部発行。定価897円(税込)。

コンテンツ


誠実で丁寧な現地取材に基づく店舗ルポを中心に、やさしい視線の文章と、ニュアンスのある写真で構成します。カフェ好き・コーヒー好きの読者の側に立ち、コーヒーにまつわる幅広い興味について毎号さまざまな特集企画を立ててご紹介しています。

・定番企画
珈琲問屋×珈琲時間(アイテム紹介)
全国 ビーンズショップガイド
最新トピックス コーヒーの森をゆく

30代/40代/50代/ホビー/季刊

おいしいコーヒーのある暮らし『珈琲時間』

スイーツ・ベーカリー・カフェ業界のリーディングマガジン『café-sweets』


スイーツ・ベーカリー・カフェ業界のリーディングマガジン『café-sweets』


カフェブームが落ち着き、「カフェ」という業態が定着した今、喫茶業界はますます多様化を見せています。また、これまでにない盛り上がりを見せている製菓・製パン業界は、次々と新しいコンセプトの店舗や商品が開発され、新たな話題には事欠きません。食のジャンルを超えて、「夢」や「楽しさ」をも演出する、喫茶・製菓・製パン業界。既成概念にとらわれることなく、未来につながる新たな時代を迎えようとしています。『café-sweets』は、そんな時代のニーズを的確にとらえながら誌面を構成します。

コンテンツ


特集では、毎号テーマを変え、国内・海外問わず、時代の最先端をいく話題の店をレポート。さらに人気を集める商品の徹底分析など、つくり手に役立つ情報を紹介。また、商品開発のヒントとなる、おいしいケーキやパンのレシピでは、プロセスを細かく写真で追い、手法と理論を丁寧に説明しています。 “読みやすく、わかりやすく、役立つ”が創刊以来のコンセプト。オールカラーで構成するビジュアルを重視した誌面構成で、業界のプロ、プロをめざす方々に向けて、最新の情報をお届けします。

経営者/BtoB/月刊

スイーツ・ベーカリー・カフェ業界のリーディングマガジン『café-sweets』


関連記事

前の記事へ

会議室に関する広告・媒体の比較、まとめ

次の記事へ

料理人に関する広告・媒体の比較、まとめ