食品に関する広告・媒体の比較、まとめ

広告プラットフォーム「Bizpa(ビズパ)」に掲載されている食品に関する広告をまとめています。
プロ御用達の専門誌で広告を出稿しませんか?気になる広告がありましたら、ぜひお問い合わせください。

外食の経営情報を発信するリーディングマガジン『月刊食堂』


外食の経営情報を発信するリーディングマガジン『月刊食堂』


夢を追い続ける外食関連者のためのフードビジネス専門誌が『月刊食堂』です。競争激化が増す昨今の外食産業にあって、いま注目の大繁盛店の秘訣を詳細に探っていきます。創刊60年近い歴史を誇る『月刊食堂』は、外食ビジネスの良質なバイブル誌として皆様にご愛読され続けています。

コンテンツ


売れるメニューの開発方法はもちろん、儲けの仕組み、接客サービスの極意など、繁盛店を形作るあらゆるポイントをわかりやすくお伝えします。また話題のヒットメニューの他、新たに生まれたコンセプトなど先取りトレンドを取り上げ、マーケット動向を詳しく紹介。さらに食の「安全安心時代」を迎えたいま、地方の食材情報、世界の食事情を的確に掴み取り、各素材の調達手法をはじめ、世界の食情報をタイムリーにお届けします。一方、連載では著名識者が経営実務を指導。人材育成、コスト管理、労務問題など、外食ビジネスの重点課題を取り上げ説明しています。

経営者/BtoB/月刊

外食の経営情報を発信するリーディングマガジン『月刊食堂』

中小外食ユーザー向け専門紙『日本外食新聞』


中小外食ユーザー向け専門紙『日本外食新聞』


1974年(昭和49年)創刊。日本の外食産業界を情報を網羅した、主に中小の外食ベンチャー企業にターゲットを絞った媒体です。業界動向はもちろんのこと、新店情報、経営セミナー、統計分析、ITサービス、メーカー新製品情報のほか、今日の外食業界を先導する企業家による連載コラムや現場で働くスタッフにフォーカスした企画記事など、外食産業に携わる方々に有益な情報をタイムリーにお届けします。

経営者/BtoB/隔週

中小外食ユーザー向け専門紙『日本外食新聞』

外食・中食産業の経営者向け情報誌 『フードビズ』


外食・中食産業の経営者向け情報誌 『フードビズ』


『フードビズ』は外食・中食産業の経営者向け情報誌です。外食・中食産業について私達は40年強におよぶ取材経験を通じて培った人脈、情報力を駆使し主張のある専門誌を目指します。激変している現代の外食・中食ビジネスに適応したメディアです。隔月末日、「エフビークラブ」の会員に約4,000部、個人の定期購読者に約8,000部、毎号計12,000部発行しています。

「エフビークラブ」は、外食・中食産業の「安全」、「安心」、「健康」に賛同する法人、個人によって構成され、会員相互の交流を図り、外食・中食産業の発展と社会に寄与することを目的として設立されています。この『フードビズ』は、このメンバーに対する機関誌として、平成15年1月に創刊、一般の書店売りはしていません。ロス・サーキュレーションが極めて少ないメディアです。

このクラブには、日本を代表する外食産業の経営者、例えばきわむ元気塾代表取締役社長横川竟様(前すかいらーく代表取締役)、㈱吉野家ホールディングス会長安部修仁様、㈱フォーシーズ代表取締役会長兼CEO浅野秀則様、㈱リンガーハット代表取締役会長兼社長米濱和英様など現在約400社が参加。内訳は、外食・中食産業企業が全体の80%、残り20%がサプライヤーです。外食・中食産業の経営者が毎号読んでいるメディアです。したがって、広告主の広告メッセージは確実にこの読者層に到達します。

非会員の個人の定期購読者とは、正に自分で居酒屋、レストランなどを経営している方々、或いは外食・中食産業に転業を志向されている方々です。

経営者/BtoB/隔月

外食・中食産業の経営者向け情報誌 『フードビズ』

食品研究論文を掲載する学術専門誌『New Food Industry』


食品研究論文を掲載する学術専門誌『New Food Industry』


『New Food Industry』は、食品研究発表の月刊学術専門誌です。創刊以来、日本の「食・医・薬」を支える研究者とともに、60年以上もの年月をかけて食品業界の歴史を歩み続ける媒体です。近年では、人々の健康長寿を目指す予防科学への意識の高まりから、医学・薬学の研究者の見識も取り入れ、多岐に亘った研究発表の学術誌として発行しています。

読者層は、大学・専門・研究機関、加工業者、図書館、原料供給業者が主で、関東、近畿地方が半数以上を占めます。高い信頼とブランド力がある媒体なので、読者にフィットするPRで強力な広告効果が期待できます。月刊/毎月1日、7,500部発行、定価2,500円(送料120円)。

コンテンツ


掲載される原稿は、編集委員会の先生方、他各専門の先生による審査、査読されることによって、選ばれた論文を掲載し、査読される論文は、原著・総論・ノートで、査読なしで掲載する論文は、研究解説、新製品解説記事、機能性食品素材解説記事となります。

経営者/BtoB/月刊

食品研究論文を掲載する学術専門誌『New Food Industry』

食品の品質保証と製造技術の専門誌『月刊 食品機械装置』


食品の品質保証と製造技術の専門誌『月刊 食品機械装置』


『食品機械装置』は唯一の食品機械装置に関する技術資料を掲載し、国内はもとより海外でも購読されている月刊誌です。1,944円(消費税込)。

生産技術に直結した技術誌として、食品工場のレイアウトから自動化の問題、各種機械装置の特性、機械設計上の問題及び保守管理、更には最新の技術情報に関する技術的な論文の掲載に重点を置き、食品を生産するための実際的なデータを中心に、直接製造技術者に役立つよう編集方針としております。特に食品製造における「作り込み」技術として、年間を通じて毎号「食品の品質保証技術」記事を取り上げ、大変ご好評を頂いております。

20代/30代/40代/会社員/BtoB/月刊

食品の品質保証と製造技術の専門誌『月刊 食品機械装置』

需要家ニーズと包装人の提案をつなぐ月刊専門誌『食品包装』


需要家ニーズと包装人の提案をつなぐ月刊専門誌『食品包装』


『食品包装』は、21世紀の食品と包装のあるべき姿を読者とともに考えるマンスリーマガジンです。食品・飲料の包装に関わる最先端の情報や話題を広く取り上げ、タイムリーに伝えていきます。またブランドオーナーの企画・開発担当者、包材サプライヤーの技術者や研究者、経営者に向けて、時代のトレンドや問題点を独自の視点で分析し、売れる商品づくりに役立つ“ヒント”を提供します。販売価格1619円+税。

コンテンツ


・CLOSEUP(クローズアップ)
新商品のパッケージについて、ブランドオーナー担当者が自らの声で解説

・食と映画とパッケージ
古今東西の映画の中に登場した食品パッケージを紹介

・パッケージ応援団
生活者の視点からパッケージの長所と欠点を指摘

・RFタグ進化論
RFID技術の最近の動向を分かりやすく解説

・包装技術よもやまばなし
軟包装業界のエキスパートが、これまでの仕事から未来のヒントにもつながる貴重なエピソードを披露

ほか

会社員/月刊

需要家ニーズと包装人の提案をつなぐ月刊専門誌『食品包装』

関連記事

前の記事へ

ドラマに関する広告・媒体の比較、まとめ

次の記事へ

動物に関する広告・媒体の比較、まとめ