ダンスに関する広告・媒体の比較、まとめ

ダンスは幅広い層の人に楽しまれているスポーツの一つです。屋内で楽しめるスポーツでダンススクールなど定期的に通う必要があるものは人が集まりやすい駅近など立地の良い場所に作られることが多いです。短期的に楽しむというよりは長期的にスクールなどに通いながら続けることが多いため、専門誌や情報誌なども多く出版されています。若者に好まれるジャンルや、比較的年齢の高い層に好まれるジャンルなどダンスのジャンルによってターゲットとなる年齢が大きく異なるのも特徴の一つです。

今回は、そんなダンスに関する広告やメディアについてまとめました。

若手ダンサーを応援するマガジン『DANCESQUARE』


若手ダンサーを応援するマガジン『DANCESQUARE(ダンススクエア)』


歌えて踊れる若手ダンサーたちの成長は、昨今目覚ましいものがあります。技術的にもビジュアル的にも高い水準に達している彼らの情報、ダンスにかける意気込みをお伝えする、躍動感と臨場感にあふれたアーティストマガジンです。隔月/奇数月27日頃、80,000部発行。定価880円。

エンタメ/隔月

若手ダンサーを応援するマガジン『DANCESQUARE』

メインストリーム以外の音楽を積極的に紹介『intoxicate』


メインストリーム以外の音楽を積極的に紹介『intoxicate(イントキシケイト)』


クラシック、ジャズ、ワールドミュージックなど、メインストリームで紹介される機会の少ない音楽を積極的に紹介。音楽だけでなく、映画、ダンス、演劇、アートなどもカヴァーするジャンルが多岐に渡るカルチャーマガジンとして発行されています。

20代/30代/40代/エンタメ/アート・文化/ラック設置/隔月

メインストリーム以外の音楽を積極的に紹介『intoxicate』

国内で唯一の社交ダンス専門誌『ダンスビュウ』


国内で唯一の社交ダンス専門誌『ダンスビュウ』


『ダンスビュウ』は日本国内で唯一となる「社交ダンス」の専門誌です。創刊32年の歴史があり、業界内に唯一無二の強いブランド力と幅広いネットワークを保有しています。誌面でのダンステクニックが充実しており、ダンス教室をはじめ個人の方でも。長く保管され読み直してもらえることがあり比較的長くリーチできるのも特徴です。定価1000円+税。

コンテンツ


・毎号、地方を含むダンス競技会の模様をカラーページでレポート
・トッププロが出演する大人気のレッスンDVD毎号付録
・トップダンサーがフィガーを解説するレッスン企画
・ダンス愛好家の興味・関心ごと(ファッション・ヘアスタイル・エクササイズ・旅行・ダンステクニック)を特別企画で編集
・毎月約1,000件以上に及ぶダンスパーティー情報、100件以上のサークル入会案内、30件以上のダンス競技会
・競技会のエントリー情報、競技会成績
・ダンス関連用品を直接購入できる公式通販コーナー「ダンスビュウ市場」をカラー13頁で毎月展開
・トレーナー、ダンス界のトップコーチャーによる楽しく役に立つ読み物を連載
・広告企画でエリア別、沿線別のダンス教室・練習場をPR

40代/50代/60代/70代/月刊/スポーツ/シニア

国内で唯一の社交ダンス専門誌『ダンスビュウ』

中高ダンス部直送型フリーマガジン『ダンスク!』


中高ダンス部直送型フリーマガジン『ダンスク!』


2010年代よりダンスは人気の習い事として定着、踊れるアーティストの台頭や公立中学校でダンスが義務教育化したことで、中高生女子の間ではダンスが身近に。高校生女子の人気部活ランキングでは1位となっています。教育現場で行われるダンスの素晴らしい可能性を伝えるべく『ダンスク!』は2015年7月にスタートしました。

主なコンテンツ


・ダンス部にとってのダンス上達ノウハウ
・ダンス部訪問レポート
・編集長やプロダンサーによる評論
・ダンス部にまつわるDATA統計
・ダンス部員・顧問・コーチの声 等

企業と高校生をDANCEでつなぐ他4つのルート


誌面でのPRの他、
1,webサイトでのPR
2,サンプリング、アンケート等のルートプロモーション
3,10代ダンス系SNSのインフルエンサーによるPR
4,ダンス系のコンテンツ/イベント制作

等、可能です。誌面と組み合わせて最適なプランをご紹介します。

女性/10代/学生/スポーツ/手渡し/隔月

中高ダンス部直送型フリーマガジン『ダンスク!』


関連記事

前の記事へ

スポーツに関する広告・媒体の比較、まとめ

次の記事へ

ミセスに関する広告・媒体の比較、まとめ