農業に関する広告・媒体の比較、まとめ

広告プラットフォーム「Bizpa(ビズパ)」に掲載されている農業に関する広告をまとめています。気になる広告がありましたら、ぜひお問い合わせください。

農機専門誌『機械化農業』


農機専門誌『機械化農業』


農業の生産性・農産物の品質を高めるための技術および、農機の開発・生産・流通を近代化するための専門情報を中心に掲載しています。その他、行政官庁団体、農機商工業界、海外のニュースまで、幅広く情報を取り扱っています。
全国の農業関係者が購読している媒体であるため、コストを抑えピンポイントに製品を訴えることができます。また、認知度の向上や農機業界に売り込みたいという啓蒙活動、業界での企業イメージ確立などにも有用です。月刊/毎月1日、10,000部発行。

コンテンツ


・特集
農業機械をはじめ技術・流通など、毎月様々なものにスポットを当て特集を企画しています。

・現地レポ
本紙・編集部が様々な農業現場に赴き、現地で働く農機・人々を取材します。

・資料
型式検査合格機・農業機械安全鑑定適合機を掲載します。

・ニュースメモ
1ヶ月の農政、団体、業界、試験研究などの動きを取りまとめ紹介します。

BtoB/月刊/農林水産業

農機専門誌『機械化農業』

農業機械の専門誌『農機新聞』


農業機械の専門誌『農機新聞』


『農機新聞』は農業機械関連企業の動き、農業、農機生産、農機流通、農機試験研究の動きを早く正確に伝える専門紙です。全国のメーカー、関連業者へ効果的に製品を訴えることができます。また対象企業以外の新規企業への認知や農機業界に売り込みたいという啓蒙活動、業界での企業イメージ確立などにも有効です。週刊/毎週火曜日、50,000部発行。

コンテンツ


「行政」、「技術」、「文化」、「資料」、「特集」、「業界」、「海外」の各面で構成され、毎週の農業機械業界の動きが簡潔な文章と豊富な写真で一目でわかります。

BtoB/農林水産業

農業機械の専門誌『農機新聞』

地球環境時代を生きる確かな情報紙『環境新聞』


地球環境時代を生きる確かな情報紙『環境新聞』


環境ビジネスはいまや、日本経済さらに世界経済にとって重要な位圏づけとなっています。
そして、環境ビジネスの拡大は、環境保全の進展を促し、地球環境を回復させる大きな原動力になっていくものです。
『環境新聞』は、美しい地球環境を守り、未来世代に伝えていくため、これからも地球と人類の危機に警鐘を鳴らし続けるとともに、これからも地球と人類の危機に警鐘を鳴らし続けるとともに、環境ビジネスが持続可能な社会を実現するコア産業として健全に発展するよう、地球環境時代のリーディングペーパーとしての役割を果たしています。週刊/水曜日、74,000部発行。24,000円/年( 税別・送料込)

コンテンツ


1面:各面からの厳選記事、キーマンインタビュー、コラムなど
エネルギー、低炭素面:地球温暖化対策、低炭素社会、電カ・ガスシステム改革、再生可能エネルギー、省エネルギー、燃料電池、スマートコミュニティ、環境放射の除染・廃炉など
環境経営、CSR面:環境管理(環境ISO、エコアクション21入環境会計、環境コミュニケーション、環境金融、社会的責任投資、自然資本会計、エコプロダクツ、グリーン購入、エシカル消費など
資源環境面:循環型社会・3R、一般廃棄物処理、産業廃棄物処理、有害廃棄物処理、災害廃棄物処理、各種リサイクル、ごみ発電、アスベスト処理など
水、土壌環境面:水環境保全、排水規制、生活排水対策、下水道・浄化槽·農業集落排水など関連技術·システム、土壌汚染対策、地下水汚染対策など
特集企画:随時増ページし、各関連テーマの詳細動向などをワイドに掘り下げて紹介。大特集は別刷り

BtoB

地球環境時代を生きる確かな情報紙『環境新聞』

北海道の農業専門誌『ニューカントリー』


北海道の農業専門誌『ニューカントリー』


『ニューカントリー』は食料基地・北海道の農業専門誌。近年話題のICTなど最新技術から栽培・土づくりといった基本技術、国際貿易交渉をはじめとする農政問題、農村での暮らしに役立つ情報まで、北海道の農業・農村に関わるさまざまな情報を掲載。
農業経営者やその家族、法人従業員、農業に関心のある方々、皆さんに楽しんでいただける一冊です。月刊/毎月23日、16,000部発行。17,512円/年(税別・送料込)

『ニューカントリー』の強み


1.農協営農指導の一環として、農協が「ニューカントリー」普及に力をいれている
2.水稲・畑作・果樹・畜産と「北海道」の最新情報を、農家・関係者を対象に提供
3.北海道農業雑誌 最大級の発行部数
4.ニューカントリー専用 Facebook、Instagramと連動し 最新の農業情報を発信
5.姉妹紙「日刊 酪農経済通信」「日刊 北海協同組合通信」発行
※酪農行政・乳牛業界の動向や、生産・消費 等 指導層に向けての専門誌としても高い評価を頂いてます。
※酪農の飼養管理技術と経営の専門誌「DAIRYMAN」も発行。

BtoB/農林水産業/月刊

北海道の農業専門誌『ニューカントリー』

最大発行部数を誇る酪農専門誌『DAIRYMAN』


最大発行部数を誇る酪農専門誌『DAIRYMAN』


『DAIRYMAN』には酪農家の知っておかなければならない最新の飼育管理技術が満載です。
また、全国各地の優良事例、海外の最新酪農技術、酪農時事問題なども豊富に掲載され、読んですぐ役立つよう編集されています。
酪農経営者が多く購読し、商品の購入決定権を持っている方々に購読されている専門誌です。月刊/毎月25日、10,900部発行。年間36,683円(税別・送料込)

『DAIRYMAN』の強み


1.飼育管理技術と経営の専門誌
2.全国の酪農家を取材 地域読者に密接した記事を掲載
3.酪農専門雑誌 国内最大級の発行部数
4.デーリィマン誌/ホームページから 酪農用品(物品)購入が可能
5.全国の共進会にて乳牛個体を撮影 誌面に反映
6 .「オールニッポン・ホルスタインコンテスト」開催(夏季臨時増刊号:5月号同送にて発表)
※全国の共進会で活躍した乳牛の中から66頭を選出。農林水産大臣賞(名誉賞)を決定。
※全国酪農協会と共催し、農林水産省・日本ホルスタイン登録協会などの後援を得て開催しています。
7.姉妹紙「日刊 酪農経済通信」「日刊 北海協同組合通信」発行
※酪農行政・乳牛業界の動向や、生産・消費 等 指導層に向けての専門誌としても高い評価を頂いてます。
※北海道農業専門誌「月刊 ニューカントリー」発行。

BtoB/農林水産業/月刊

最大発行部数を誇る酪農専門誌『DAIRYMAN』

ものづくり・産業技術専門誌『月刊JETI』


ものづくり・産業技術専門誌『月刊JETI』


『月刊JETI』(ジェティ)は、工学専門分野をベースに諸分野・諸業種の特集や関連業界の最新動向、製品情報を掲載する専門誌です。1952年の創刊以来、最新の技術論文や企業・製品情報を掲載しながら、ケミカルからロボット、ライフサイエンスまで幅広い分野を網羅しています。メーカーとユーザーを結ぶ、業界唯一の総合誌として幅広い分野の業界研究者・関係者へPRが可能な上、他業界の新製品、トレンドを基にシナジー効果を得られます。月刊/毎月22日、5,000部発行、定価2,500円。

『月刊JETI』のコンセプト


「月刊JETI」は副題を「ものづくり・産業技術専門誌/Japan Engineering & Technology Intelligence」と改訂し、工学専門分野をベースに、エネルギー工学、材料工学、自動車工学、環境工学、建築工学、電子工学、電気工学、IT工学、ロボット工学、化学工学、ナノ工学、生命工学、農業工学、食品工学、測定分析工学、航空工学、宇宙工学等の諸分野・諸業種を総合的、横串的に俯瞰できる特集づくりを行うと共に、毎月号において、ニーズに応え得る関連業界の最新動向、製品情報を発信しています。

『月刊JETI』の強み


・「多業種へ幅広くPR」
 ケミカルからロボット、ライフサイエンスまで幅広い分野を網羅しているため、企業の研究員から企業経営陣、大学教授まで多業種の機関へリーチし、幅広くPRすることが可能です。

・「高い信頼」
最新の技術論文、企業・製品情報や最新の技術動向、価格動向、特許動向を分析・掲載することで、高い信頼を寄せられています。

経営者/BtoB/月刊

ものづくり・産業技術専門誌『月刊JETI』

関連記事

前の記事へ

タブロイド判に関する広告・媒体の比較、まとめ

次の記事へ

石油に関する広告・媒体の比較、まとめ