タブロイド判に関する広告・媒体の比較、まとめ

広告プラットフォーム「Bizpa(ビズパ)」に掲載されているタブロイド判に関する広告をまとめています。気になる広告がありましたら、ぜひお問い合わせください。

静岡県の暮らしを応援する生活情報紙『静岡新聞びぶれ』


静岡県の暮らしを応援する生活情報紙『静岡新聞びぶれ』


『静岡新聞びぶれ』は、静岡県西部の各市町(浜松・湖西・磐田・袋井・掛川・森・菊川・御前崎)に、23万3000部発行している元気な暮らしを応援する生活情報誌です。静岡新聞購読者を中心に、新聞折り込みによる無料配布を行っています。ショッピング、グルメ、健康、美容、イベント など身近で役に立つ生活情報を幅広く提供しています。隔週/毎月第1,3木曜日(月により変則)、233,000部発行。

『静岡新聞びぶれ』の強み


1,「読者が見やすい編集」
巻頭特集や地域インフォメーションコーナーを設置すると共に、フルカラータブロイド判で情報をわかりやすく、よりダイレクトに伝えへ読者の心をキャッチします。

2,「地元読者からの高い信頼」
創刊から20年以上で、地元読者からの信頼が厚く、企業の魅力発信ツールとして効果的にご活用できます。

3,「読者参加型・地域密着型の紙面作りの実現」
投稿や読者参加型企画、そしてモニター会員・サポーター会員制の導入により読者ニーズをダイレクトに紙面に反映しています。

4,「多種多彩なイベント企画」
地域にお住いの方に広く親しまれている静岡新聞・SBS静岡放送のノウハウを生かし、連帯または単独で各種イベントを展開します。紙面とイベントを連動させた立体的な企画を推進することにより、強力なマーケティング活動が可能です。

5,「メディアとの連携も可能」
毎週金曜日に "Radio de びぶれ" をSBSラジオで放送中。また、WEBサイトで "Net de びぶれ" を運営しているので、メディアミックスも可能です。

女性/新聞折込/隔週/10万部以上

静岡県の暮らしを応援する生活情報紙『静岡新聞びぶれ』

東京新聞読者の生活情報紙『暮らすめいと』


東京新聞読者の生活情報紙『暮らすめいと』


『暮らすめいと』は東京新聞の読者に配布されているタブロイド判情報紙で、東京新聞のメーン読者であるシニア向けに編集しています。映画や演劇、旅行、そして仲間づくりなど身近な話題にスポットをあて、テレビや雑誌とはひと味違う"読み物"が楽しめます。配布エリアは1都7県。東京新聞に折込し配布しています。

コンテンツ


健康、お金、住まい、防災、介護、旅行などシニアの暮らしに役立つ情報を掲載しています。

男性/手渡し/50代/60代/70代/シニア/新聞折込/月刊/10万部以上

東京新聞読者の生活情報紙『暮らすめいと』

東京・埼玉・神奈川のくらしと買い物情報誌『ショッパー(所沢・川越・さいたまエリア)』


東京・埼玉・神奈川のくらしと買い物情報誌『ショッパー(所沢・川越・さいたまエリア)』


日本で2番目にタブロイド版のフリーペーパーを発行開始。さいたま市から相模原市にかけ、国道16号線に沿って20版、毎週約85万部配布しています。埼玉県・東京都・神奈川県での広告による集客支援を行っています。
店舗周辺の認知度No.1を目指しながら、集客のお手伝いをいたします!

5つの魅力


1. 生活情報紙の老舗
1971年の創刊(町田・相模原・座間・大和版)以来、地域密着で情報を発信。それだけに読者から厚い信頼を得ています。

2. 1軒1軒、確実に配布
地域に住む専属の「ショッパーメイト」が一般家庭のポストに確実に配布。地域の主要施設などにも常設場所を用意しています。

3. ターゲットは主婦
ショッパーの主読者は、家庭の財布の紐を握る主婦層です。 女性の視点・観点でつくる生活密着型のフリーペーパーなので、特に主婦層を狙うターゲットマーケティングにはピッタリの媒体です。

4. 販促媒体として多様な活用
編集機能を活かした販促や広告活動(編集連動やペイドパブ) 、紙面と連動したクーポン広告、読者参加のイベント・催事への集客 、ショッパーwebとの連動など、多様なプロモーションミックスの展開が可能です。

5. 発行エリアの細分化
読者の生活圏に合わせ、町田・八王子・所沢・川越・さいたまの地域を20エリア(約3~4万世帯)に区切り、エリア毎に特色ある紙面編集を行っています。エリアを自由に選択出来るので、的を絞った効果的な販促活動も可能です。

10万部以上/女性/ポスティング/30代/40代/50代

東京・埼玉・神奈川のくらしと買い物情報誌『ショッパー(所沢・川越・さいたまエリア)』

東京・埼玉・神奈川のくらしと買い物情報誌『ショッパー(町田相模原・八王子エリア)』


東京・埼玉・神奈川のくらしと買い物情報誌『ショッパー(町田相模原・八王子エリア)』


日本で2番目にタブロイド版のフリーペーパーを発行開始。さいたま市から相模原市にかけ、国道16号線に沿って20版、毎週約85万部配布しています。埼玉県・東京都・神奈川県での広告による集客支援を行っています。
店舗周辺の認知度No.1を目指しながら、集客のお手伝いをいたします!

5つの魅力


1. 生活情報紙の老舗
1971年の創刊(町田・相模原・座間・大和版)以来、地域密着で情報を発信。それだけに読者から厚い信頼を得ています。

2. 1軒1軒、確実に配布
地域に住む専属の「ショッパーメイト」が一般家庭のポストに確実に配布。地域の主要施設などにも常設場所を用意しています。

3. ターゲットは主婦
ショッパーの主読者は、家庭の財布の紐を握る主婦層です。 女性の視点・観点でつくる生活密着型のフリーペーパーなので、特に主婦層を狙うターゲットマーケティングにはピッタリの媒体です。

4. 販促媒体として多様な活用
編集機能を活かした販促や広告活動(編集連動やペイドパブ) 、紙面と連動したクーポン広告、読者参加のイベント・催事への集客 、ショッパーwebとの連動など、多様なプロモーションミックスの展開が可能です。

5. 発行エリアの細分化
読者の生活圏に合わせ、町田・八王子・所沢・川越・さいたまの地域を20エリア(約3~4万世帯)に区切り、エリア毎に特色ある紙面編集を行っています。エリアを自由に選択出来るので、的を絞った効果的な販促活動も可能です。

10万部以上/女性/ポスティング/30代/40代/50代

東京・埼玉・神奈川のくらしと買い物情報誌『ショッパー(町田相模原・八王子エリア)』

函館の地域密着型フリーペーパー『青いぽすと』


函館の地域密着型フリーペーパー『青いぽすと』


『青いぽすと』は1991年の創刊以来、グルメ、レジャー、イベントガイド、エッセイ、医療、美容、観光情報など、読者の皆さまの生活に潤いを与える役立つ情報を発信し続けている「函館の地域密着型フリーペーパー」です。旧函館市、北斗市、七飯町の配布エリアに通常号を月2回、季節の話題やグルメ情報がメインの増刊号を年4回発行しております。

各ご家庭の郵便受けに直接投函する「ポスティング形式」で、旬の情報をお届けしており、読者の皆さまからは「面白い!役に立つ!」、広告依頼主さまからは「反響が大きい」と、高い評価を得ています。

紙面構成


青いぽすとはタブロイド版・全8ページ・11段構成となっており、1~7ページが上部7段記事広告スペース+下部4段デザイン広告スペースで構成されています。最終面8ページのみ、全11段分全てをデザイン広告として利用することが可能です(全面広告)。

純広告の強み


コマーシャル内容や企業・店舗イメージ、年齢層や性別にターゲットを絞った個性的な広告を掲載したい方にオススメです。本紙営業スタッフとイメージの打ち合わせをしていただければ、ご要望に応じたデザインの広告を作成いたします。

記事広告の強み



原則として本紙記者が取材・執筆しますので、ニュース性のある広告を掲載することができます。店舗の新装オープンや新しいメニューの広告などニュース性のある話題のほか、文章による詳しい内容の説明が必要な広告にオススメです。

・P4~5「なるほどトピックス」
青いぽすとP4~5の中面見開きページに全8枠掲載されている青いぽすとで最も人気のある広告枠です。広告料金がリーズナブルで、高い広告効果が得られることから、予算に限りがある方、ちょっとしたPRをしたい方にオススメです。

・P3「ヘッドライン」
青いぽすとの巻頭特集に続いて掲載されるP3トップ面の記事広告です。コーナー名通りトップニュースが掲載されるページであり、ニュース性を最重視される方、他の記事や広告と差別化を図りたい方におすすめです。画像が大きく掲載できる点も魅力です。

ポスティング/季刊

函館の地域密着型フリーペーパー『青いぽすと』

千葉東部と西部に心温まる話題をお届け『ふれあい毎日』


千葉東部と西部に心温まる話題をお届け『ふれあい毎日』


『ふれあい毎日』は、月1回(第一水曜日)発行のタブロイド版情報誌。地域密着型の情報誌です。市川・浦安・船橋・習志野・鎌ヶ谷・八千代・佐倉・白井・成田・印西・酒々井・富里・栄の13市町で新聞に折込配布しています。

コンテンツ


地域の情報(福祉・教育・環境)をクローズアップし、読者とのコミュニケーションの場を提供します。

新聞折込/月刊

千葉東部と西部に心温まる話題をお届け『ふれあい毎日』

千葉東葛エリアに楽しいをお届け『東葛まいにち』


千葉東葛エリアに楽しいをお届け『東葛まいにち』


『東葛まいにち』は、月1回(最終水曜日)発行のタブロイド版情報誌。松戸、柏、我孫子、流山、野田市の「楽しい!」をお届けします。

コンテンツ


地域の情報(福祉・教育・環境)をクローズアップし、読者とのコミュニケーションの場を提供します。

新聞折込/月刊

千葉東葛エリアに楽しいをお届け『東葛まいにち』

神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙『タウンニュース(横浜地区)』


神奈川県全域と東京多摩地域のタウン誌『タウンニュース(横浜地区)』


タウンニュースは行政区単位に細分化された地域密着型の無料紙です。発行エリアは現在、神奈川県全域と東京多摩地域。合計2,000,000部以上発行。フリーペーパーでありながら、身近なニュースを生活情報とともにお届けする「地域の新聞」を標榜しています。

タウンニュース3つの強み


<価値ある情報を無料で提供>
単に広告やイベント情報のみを掲載する「情報誌」とは明らかに異なり、全国紙や全県紙などでは取り上げることがない生活者が必要とする情報を丁寧に取材し、記事にしています。取り扱うネタは最新のニュースはもとより、地域の歴史・文化、教育、時事問題、議会、選挙報道、経済ネタ…と多岐にわたり、時に権力に対する批判、提言なども行います。

<家族・地域の皆に読んでもらえる地域の新聞>
『トップ記事』は地域で一番大きな話題、タイムリーな話題を提供します。政治・経済・文化・スポーツ・教育分野までさまざま。
『人物風土記』は地元で活躍する人々を紹介するコーナー。老若男女を問わず、先週は「地元出身のJリーガー」、今週は「絵画展で入賞した同じクラスのあの子」だったりします。

<毎日150名の記者が担当エリアに張りついて情報収集>
地域のニュースや生活情報、関心事など多彩な話題を提供しており、日刊紙には載らない〝ネタ〟が豊富に集まります。結果として、これらの地域の情報が通常紙面の8割前後を占めています。

主婦/新聞折込/10万部以上/週刊

神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙『タウンニュース(横浜地区)』

関連記事

前の記事へ

業界紙に関する広告・媒体の比較、まとめ

次の記事へ

農業に関する広告・媒体の比較、まとめ