空港に関する広告・媒体の比較、まとめ

空港とは、飛行機の発着を行う飛行場のことをいいます。日本国内の空港数は、約100か所にも及びます。(「共用空港」と呼ばれる自衛隊の設置する飛行場も含む) 国内で最も利用者の多い「東京国際空港(羽田)」では、国内線、国際線を合わせると年間約8,500万人の方が利用されています。空港内では、手荷物を預ける際や、搭乗手続きの際に待ち時間が発生することから、たくさんの方の注目を集めることが可能です。今回は、そんな空港の利用者に向けて出稿できる広告やメディアについてまとめました。

ANA空港メディア ANA FESTA 紙袋広告


ANA FESTA紙袋(中) の正面(片面のみ) に貴社の広告を掲載


紙袋の正面に貴社の広告を掲載できるため(片面のみ)視認性が非常に高い媒体です。空港利用時だけでなく、2次利用も期待でき、広告効果も高まります。

富裕層/経営者/会社員/旅行

ANA空港メディア ANA FESTA 紙袋広告

ANA空港メディア レシート裏面広告


空港内にある店舗「ANA FESTA」各店舗のレシートに広告を掲載


レシート裏面を使って、購入者に直接アプローチ可能な媒体です。

富裕層/経営者/会社員/旅行

ANA空港メディア レシート裏面広告

ANA空港メディア 保安検査証裏面広告


空港の保安検査場通過時に発券される保安検査証の裏面を広告媒体化


ANA国内線限定、保安検査場通過時に発券される保安検査証の裏面広告。搭乗者全員に発券されるため、幅広くリーチが可能。

富裕層/経営者/会社員/旅行

ANA空港メディア 保安検査証裏面広告

成田・関空で富裕層にアプローチ『VIP LOUNGEサイネージ』


成田・関空で富裕層にアプローチ 『VIP LOUNGEサイネージ』


成田国際空港と関西国際空港には、各種ゴールドカード保持者の為のVIPLOUNGEがございます。成田国際空港は「第一・第二ターミナル」に、関西国際空港では「比叡ラウンジ」として、搭乗開始までの自由な時間をこの施設で存分に満喫して頂いております。ご利用になる富裕層を対象として、室内に“TVモニターとパンフレットラック”を設置しました。

お客様がEXECUTIVEという事で、ご利用者の層が明確で、そのターゲットに向けてCM放送やインフォマーシャル放映は勿論のこと、パンフレット等を添える事で、今後の集客促進にも十分に繋がると思われます。

ラウンジでご利用頂けるゴールドカードは、
VISA(2020年から成田空港のみ)・JCB・SAISON・UC・AMERICANEXPREESS・DC・MUFG・UFJ・NICOS・CITI・DINERS・TS3・ORICO・EPOS・MICARD・APLUS・PriorityPassとなります。

40代/50代/60代/富裕層/経営者/会社員/BtoB/旅行

成田・関空で富裕層にアプローチ『VIP LOUNGEサイネージ』

首都高速1号羽田線沿いの屋外ビジョン『平和島ロードサイドビジョン』


首都高速1号羽田線走行中に大きく見える屋外ビジョン


都心と羽田空港・横浜を結ぶ首都高速1号羽田線沿いに設置された約400インチの高輝度フルカラーLEDディスプレイを2画面並べて設置した、ロードサイド大型デジタルサイネージです。羽田空港まで車で10分という好立地で、空港方面へ向かう車両に向けタイムリーな情報や広告を発信します。

平和島ロードサイドビジョン設置区間の確定通行量は平日1日あたり27,840台、1台の平均乗車人数(1.38)を掛けると約38,682人にのぼります。2つ並んだ大画面は300m手前から視認でき、通行するクルマ1台1台に向け長時間(時速60km走行時に約18秒間)の広告訴求を実現します。

15秒可

首都高速1号羽田線沿いの屋外ビジョン『平和島ロードサイドビジョン』

松山空港ビジョン広告 2階国内線出発ロビー


中四国最大級の空港、松山空港内のデジタルサイネージビジョン


5面サイズは、ダイナミックでロビー利用者の興味を引く迫力です。4面・3面サイズの場合、お客様の広告以外の面に、空港を利用される方に役立つ情報を放映いたしますので、広告をより効果的に放映できます。

会社員/15秒可/BtoB

松山空港ビジョン広告 2階国内線出発ロビー

松山空港ビジョン広告 1階インフォメーション&国内線到着ロビー


中四国最大級の空港、松山空港内のデジタルサイネージビジョン


到着ロビー・飛行機到着時刻表の横にビジョンを設置しています。到着客以外に、お迎えなど利用者の多くの注目が集まります。ビジョンの上には飛行機発着の様子を映すモニターもあり、注目度バツグンです。

会社員/BtoB/音声あり/15秒可

松山空港ビジョン広告 1階インフォメーション&国内線到着ロビー

海外でも配布、訪日外国人にアプローチ『リムジンバス』チケットホルダー広告


海外でも配布、訪日外国人にアプローチ 『リムジンバスチケットホルダー裏面広告』


外国人旅行者に手渡し配布するチケットホルダー裏面を使った広告媒体です。袋形式のホルダー型仕様で、裏面全枠が広告スペースとしてご利用いただけます。外国語などの表示と、キャンペーンクーポンなど目的に応じてのご利用が可能です。海外では全14カ国、日本(成田・羽田)に向かう訪日外国人旅行者へ、現地各国の様々な旅行会社事務所で配布。国内では成田空港と新宿駅西口で配布します。QRコード・クーポン券の掲載可能です。

インバウンド/旅行/車内

海外でも配布、訪日外国人にアプローチ『リムジンバス』チケットホルダー広告

リムジン車内常備誌『Via』


リムジン車内常備誌 『Via(ヴィア)』


『Via』は、英文(一部簡体字文)からなる海外旅行者のための情報誌。成田・羽田空港と主要ホテル及び都心間を1日1,200便運行している、リムジンバス全車両のシートポケットに常備されております。海外へ出掛ける日本人旅行者にホットな情報を提供すると共に、訪日外国人旅行者には、日本の文化と相互理解を深めるツールとして、重要な役割りを担っています。

『via』は世界の人々との暖かな心のふれあいをモチーフに、1980年(昭和55)に成田空港開港当初『LimousineCityGuide』として創刊されました。1992年4月に『via』に変更(その意味は、経由・通過点)現在に至っております。素晴らしい旅、人々との出会い、リムジンバスを利用される方々の車内でのくつろぎ、そしてこれからはじまる旅への期待。次の旅の提案、誌面でたどる異国の地、本誌には旅のエッセンスが満載されています。また、外国からいらっしゃるお客様にも、読んでいただけるよう、英文(一部簡体字文)ページも充実しています。

2017年4月より、デジタル版としても刊行。WEBを通してさらに多くの読者にご覧いただけるようになりました。
成田空港と都心の主要ホテルをダイレクトにアクセスするリムジンバスは、お客様と海外を結ぶ「旅の架け橋」です。

コンテンツ


『via』の特徴は、大きく2つに編集しております。
(1)旅心を演出する特集仕立ての日本文のページ
(2)伝統文化や社会現象を通して、日本を紹介する英文(一部簡体字文)のページ

日本人、外国人の方々が利用するリムジンバス。本誌は、日英両語及び一部簡体字の併用記事など、その特性をフルにいかした編集内容で、これからも読者のニーズにあった斬新な誌面づくりを目指して参ります。

インバウンド/旅行

リムジン車内常備誌『Via』

羽田・成田空港、リムジンバス乗車場で配布『Pocket Via』


羽田・成田空港、リムジンバス乗車場で配布 『Pocket Via』


リムジンバスを利用して、成田・羽田空港から都心に向かう訪日外国人旅行者へ手渡し配布する媒体です。A5サイズ(定形)・3つ折り仕様で、表紙以外のスペースが、広告スペースとして、ご利用いただけます。繁体字・簡体字・韓国語・英語などの表示とキャンペーンクーポンなど目的に応じてのご利用が可能です。多様なご利用の仕方で、外国人旅行者の集客手段として、ご活用ください。

インバウンド/旅行/車内

羽田・成田空港、リムジンバス乗車場で配布『Pocket Via』

福岡空港前の屋外ビジョン『NSS VISION』福岡空港前 空港通り


旅行客からビジネスマンまであらゆる世代層にPR


年間1,700万人以上が利用する福岡空港国内線の目の前にある大型LEDビジョン。空港通りを通る車、福岡空港を利用する観光客からビジネスマンまであらゆる世代層に対して、企業CMやイベント告知など効果的にPRすることが可能です。

15秒可

福岡空港前の屋外ビジョン『NSS VISION』福岡空港前 空港通り

成田・羽田空港発着の『リムジンバス』デジタルサイネージ


リムジンバス車内モニターでのCM放映


リムジンバス車内には、行先・経由地の案内として一部車両に液晶モニターを設置いたしております。最終経由地を出発し、一連の旅客向け運行情報画面終了後、MPEG4型式でコマーシャル画像を放映することができます。羽田空港・成田空港の両空港を利用する国内外のビジネスマン、各国から来日するFITのお客様への訴求が可能となります。

エアポートリムジンバスとは


Airport Limousine Busは「都心の主要駅・ホテル等」と「成田空港・羽田空港」を結ぶ快適で便利な空港アクセスのパイオニアとして常に高い支持を得ております。昨今の航空旅客の動向を常に分析し、今日では、1都6県へネットワークを広げ、1日約1,300便、年間859万人ものお客様にご利用いただいております。
日本人の高速バス利用率は、成田空港で24.3%、羽田空港では22.4%とと高く、外国人においては、成田空港で43.9%、羽田空港でも30.7%と多くの方に選ばれております。

会社員/インバウンド/旅行/車内

成田・羽田空港発着の『リムジンバス』デジタルサイネージ

成田・羽田空港発着の『リムジンバス』エアポートインフォメーション


リムジンバスのシートポケットに設置の空港案内に広告出稿


エアポートインフォメーションは4ヶ国語表記(日本語・英語・中国語※「簡単字」「繁体字」・韓国語)の空港案内です。成田・羽田空港と主要ホテル及び都心ターミナル間を1日約1,300便運行しているリムジンバス全車両のシートポケットに常備されております。空港利用者にとって空港案内は注目率が高く、また、平均乗車時間が約60分と長いことから、高い広告接触率が期待できます。

エアポートリムジンバスとは


Airport Limousine Busは「都心の主要駅・ホテル等」と「成田空港・羽田空港」を結ぶ快適で便利な空港アクセスのパイオニアとして常に高い支持を得ております。昨今の航空旅客の動向を常に分析し、今日では、1都6県へネットワークを広げ、1日約1,300便、年間859万人ものお客様にご利用いただいております。
日本人の高速バス利用率は、成田空港で24.3%、羽田空港では22.4%とと高く、外国人においては、成田空港で43.9%、羽田空港でも30.7%と多くの方に選ばれております。

会社員/インバウンド/旅行/車内

成田・羽田空港発着の『リムジンバス』エアポートインフォメーション

成田・羽田空港発着の『リムジンバス』車体ラッピング広告


エアポートリムジンのバス車体をジャック


成田・羽田空港と都内各所を結ぶリムジンバスのラッピング広告は、アクティブな国際派の導線において高いリーチを獲得し、インタ-ナショナルなイメ-ジ醸成に大変効果的です。空港、一流ホテル、国際性、旅とセグメントせれたターゲットに対するブランドプレゼンス向上の一端を担います。

運行本数の70%以上が東京の一流ホテルを経由


リムジンバスは成田・羽田空港を起点とし、主要ターミナル駅及び主要ホテル間を結ぶ路線を運行しています。運行本数の70%以上が東京の一流ホテルを経由する路線を運行しているため、ハイエンドターゲットへの高いリーチが期待できます。1台/1日当たり平均2往復しています。

エアポートリムジンバスとは


Airport Limousine Busは「都心の主要駅・ホテル等」と「成田空港・羽田空港」を結ぶ快適で便利な空港アクセスのパイオニアとして常に高い支持を得ております。昨今の航空旅客の動向を常に分析し、今日では、1都6県へネットワークを広げ、1日約1,300便、年間859万人ものお客様にご利用いただいております。
日本人の高速バス利用率は、成田空港で24.3%、羽田空港では22.4%とと高く、外国人においては、成田空港で43.9%、羽田空港でも30.7%と多くの方に選ばれております。

会社員/インバウンド/旅行/車体ラッピング

成田・羽田空港発着の『リムジンバス』車体ラッピング広告

JR東日本 J・ADビジョン 品川駅自由通路 44面


JR東日本 J・ADビジョン『品川駅自由通路』


44面の70インチ大型画面で品川駅自由通路をジャックできるセットです。
中央改札口から新幹線のりばや港南口へ向かう通路を44面のJ・ADビジョンでジャックします。
品川駅からビジネス街や空港に向かう利用者へ強力に訴求します。

JR東日本 J・ADビジョン 品川駅自由通路 44面

蔦屋書店インストアメディア『羽田空港 蔦屋書店』


蔦屋書店インストアメディア『羽田空港 蔦屋書店』


蔦屋(TSUTAYA)書店の来店者へアプローチが可能です。書店内での提案展示・販売、イベントの企画・制作 / スペースの提供、パンフレット配布、小冊子制作・顧客分析と様々なメニューがあり、企画運営からご相談可能です。生活に余裕があり、感度の高い来場者がメインターゲットとなります。

『羽田空港 蔦屋書店』店舗特性


・"手土産=日本の最新カルチュア" をコンセプトに、日本文化や最新情報を提案。これから海外へ旅立たれる方々に手土産となるような日本の文化と、インスパイアする最新情報を紹介。
・店舗にて、月替りのPOP UP SHOPを実施、手土産や、人に語りたくなるストーリーを提案。

会社員

蔦屋書店インストアメディア『羽田空港 蔦屋書店』

エグゼクティブ・ビジネスマン向けフリーマガジン『Urban Safari』


エグゼクティブ・ビジネスマン向けフリーマガジン『UrbanSafari(アーバンサファリ)』


『UrbanSafari』は、一般の書店では販売しない新しい出版形態で、一部の特別な方のみにお届けするタブロイド紙となります。『Safari』とはひと味違う切り口で、都会的なエグゼクティブ・ビジネスマンに向けた最新情報やトレンドを発信し、年6回(不定期)の刊行予定です。

『UrbanSafari』の強み


・日本経済新聞・中日新聞の読者層へアプローチ
関東・東海・名古屋・関西在住の40~59歳、購買意欲の高い、平均年収1,000万円以上のエグゼクティブな男性に20万人に配布

・全国の空港ラウンジ、ラグジュアリーホテルへの設置
計14箇所の全国の空港ラウンジ(国内・国際線)や都内5箇所のラグジュアリーホテル、高級スポーツクラブなど、富裕層が集まるエリアに設置

・SafariLoungeの優良顧客へ直送
可処分所得の高い優良顧客20,000人に対してダイレクトにアプローチ

・SafariOnlineへの記事掲載とSNS記事配信

・ジオデモグラフィックデータ活用による配布5万部

40代/50代/60代/富裕層/会社員/隔月/10万部以上/郵送

エグゼクティブ・ビジネスマン向けフリーマガジン『Urban Safari』

JR東日本 J・ADビジョン 品川駅中央改札内 2柱 8面


JR東日本 J・ADビジョン『品川駅中央改札内』


一日平均乗降者約65万人、高感度で機能的なビジネスゾーン品川駅に、「J・ADビジョン」を設置しました。
フロア広告やアドピラー、イベントスペース等のSP媒体とも近く、同時展開が可能です。また、品川駅から横浜方面や羽田空港に向かうお客さまへの告知にも適しています。

15秒可/1箇所からOK

JR東日本 J・ADビジョン 品川駅中央改札内 2柱 8面

観光ビジネス専門メディア『トラベルジャーナル・オンライン』記事広告


TRAVEL JOURNAL ONLINEとは



1. 質の高い情報を、アウトバウンド・インバウンドの両面から

1964年、日本人の海外渡航自由化とともに創刊した観光ビジネス専門誌「週刊トラベルジャーナル」。以来、時代とともに様々な情報を提供しています。
2019年に創刊55年迎え、アウトバウンド・インバウンドなど観光ビジネスにまつわるポータルサイトとして、質の高い情報を提供することを目的に19年9月にサイトをフルリニューアル。スマートフォンや、タブレット端末などでの視認性もアップ。

2. 統計資料などデータも充実

「週刊トラベルジャーナル」創刊以来、独自調査のもと掲載している日本発航空座席調査や、国内主要空港の利用者数、客室利用数などの観光にまつわる統計資料も紹介。

3. 各国のデスティネーションレポート、講演録も掲載。

世界の様々な国や地域の情報、セミナーやシンポジウムの講演載録、イン&アウトバウンドの
情報や、業界を知る執筆陣によるコラムも閲覧可能。

観光ビジネス専門メディア『トラベルジャーナル・オンライン』記事広告


関連記事

前の記事へ

英語に関する広告・媒体の比較、まとめ

次の記事へ

地下鉄に関する広告・媒体の比較、まとめ