レシートに関する広告・媒体の比較、まとめ

レシートとは消費者が購入した商品やサービスに対して現金を支払った際に、金銭授受の履歴として受け取る明細表のことを指します。多くは商品の名称や数量と金額、支払った金額とお釣りなどが記載されているだけですが、最近ではこのレシートを利用した広告サービスも増加しています。ほとんどの人が受け取った際に一度は目を通すものでもありますので、レシートに出稿する広告宣伝は一定の効果が期待できます。レシート表面の下部や裏面など広告出稿が可能なスペースは広告出稿を受け付けている企業によって様々です。今回は、そんなレシートに関する広告やメディアについてまとめました。

家計簿アプリ『2秒家計簿おカネレコ』ディスプレイ広告


家計簿アプリ『2秒家計簿おカネレコ』 ディスプレイ広告


総ダウンロード数450万突破の日本最大級の家計簿アプリサービス内にて、バナー広告やアプリ起動時のスプラッシュ枠で貴社の情報を掲載します。

『2秒家計簿おカネレコ』とは


『2秒家計簿おカネレコ』は誰でもわかりやすいインターフェースと、レシート読取りや様々な集計機能を備えた高機能家計簿です。20代~30代の女性層に非常に人気があり、毎日入力・閲覧されるため、将来的に、家庭を持ち、家計を担う潜在顧客層を獲得するには最適なアプリです。

女性/20代/30代/会社員

家計簿アプリ『2秒家計簿おカネレコ』ディスプレイ広告

タワーレコード レシート広告


タワーレコード渋谷店 レシート広告


購入者へお渡しするレシートの上部に広告を掲載。ショッピングバッグに同梱するため確実にユーザーにリーチします。

タワーレコード レシート広告

タクシー車内向けメディア レシート裏面広告


タクシー車内向けメディア『レシート裏面広告』


日本で唯一24時間稼働する公共交通機関、タクシーには社内外をフルに利用した広告メニューがございます。他業種のレシートと違い、経費精算で必要な方はもちろん自費で乗車される方も、忘れ物などした際にどこの会社を使ったか忘れないために持ち帰る方が多いタクシーレシート。受取率はなんと80%~90%と高水準。さらに、経費精算で掲出が必要な場合などに一定期間保管する上に内容の再確認をするなどの視聴率が高くなります。

タクシー車内向けメディアの特徴


1,中高年齢層がメインターゲット
40代以上が約80%を占めています。
男女比はさほど変わりませんが、利用用途は男女で異なる傾向にあります。
(男性:仕事の移動など/女性:買い物など)

2,獲得顧客の成約額が高い、リピート率が高い
可処分所得の高い方がタクシーを日常的に利用しています。
過去の実績から、タクシー広告経由の獲得顧客は、成約額やリピート率が高くなる傾向があります。

50代/60代/富裕層/BtoB/会社員/経営者/手渡し

タクシー車内向けメディア レシート裏面広告

ANA空港メディア レシート裏面広告


空港内にある店舗「ANA FESTA」各店舗のレシートに広告を掲載


レシート裏面を使って、購入者に直接アプローチ可能な媒体です。

富裕層/経営者/会社員/旅行

ANA空港メディア レシート裏面広告


関連記事

前の記事へ

副業に関する広告・媒体の比較、まとめ

次の記事へ

ラッピングに関する広告・媒体の比較、まとめ