バイクに関する広告・媒体の比較、まとめ

バイクとは自動二輪車のことを指し、大型バイク、中型バイク、原動機付自転車などの総称として使われる言葉です。排気量によって専用の免許を取得する必要があり、価格も安くないものがほとんどなため、生活必需品というよりは嗜好品に近い乗り物でもあります。そのため専門誌や情報誌も数多く出版され、愛好家が多いのも特徴の一つです。趣味や嗜好品に関する情報誌は掲載されている内容への関心度が高い傾向にあり、広告媒体として高い効果が期待できます。今回は、そんなバイクに関する広告やメディアについてまとめました。

オールドスクールチョッパーのバイク専門誌『RIPPER MAGAZINE』


オールドスクールチョッパーのバイク専門誌『RIPPER MAGAZINE』


『RIPPER MAGAZINE』は、OLD SCHOOL CHOPPERS ONLYをテーマに1984年までのHarley-Davidsonのカスタム車両を中心に紹介していくバイク専門誌です。こちらも姉妹誌「ROLLER MAGAZINE」と同様に日/英のバイリンガル表記となっており、国内のみならず世界中のエンスージァスト (熱狂的ファン) より購読されているのも特徴です。

サブテーマとなる“斬捨御免”のロゴがあしらわれたオフィシャルグッズも、リリースすれば速攻完売するほどの人気商品で、ブランド力の高さも兼ね備えた媒体です。年2回/1・7月の末日、7,400部発行。

コンテンツ


・国内外の秀逸なオールドスクールカスタムチョッパーを紹介する「V.A RIPS」
・TriumphやNortonを中心とする英国車カスタムを紹介する「UK / DK」、等

男性/30代/40代/50代/クルマ・バイク

オールドスクールチョッパーのバイク専門誌『RIPPER MAGAZINE』

オールド・モーター サイクルのバイク専門誌『ROLLER MAGAZINE』


オールド・モーター サイクルのバイク専門誌『ROLLER MAGAZINE』


『ROLLER MAGAZINE』は、VINTAGE MOTORCYCLE STUFFをテーマにHarley-Davidsonを中心としたオールド・モーターサイクルを紹介するバイク専門誌です。日/英のバイリンガル表記となっており、国内のみならず世界中のエンスージァスト (熱狂的ファン) が購読しているのも特徴です。日本・アメリカを中心にまだ知られざるオールドモーターのストーリーを毎号紹介していく唯一無二のコンテンツを得意とする媒体です。季刊/2・5・8・11月の末日、7,100部発行。

コンテンツ


・長瀬智也の連載コラム「純正御免 / ANTI NORMAL」
・国内外の希少なH-DやTriumphを紹介する「VINTAGE ARCHIVE」
・世界各地のイベントに訪れたバイカーをSNAPする「My Way or The High Way」、等

男性/30代/40代/50代/クルマ・バイク/季刊

オールド・モーター サイクルのバイク専門誌『ROLLER MAGAZINE』

二輪免許受講者向けフリーペーパー『JACLA BIKE MAGAZINE』同封広告


二輪免許受講者に確実に届く、JACLAオリジナルマガジンへの同封サンプリング


二輪免許を取得する年間27万人のライダー向けの媒体です。免許取得のコツや、ライダーになってから役に立つ情報を掲載。入校時に自動車学校の職員から教習生に直接配布します。

JACLAとは


JACLA は、全国1,300校の自動車学校のうち65%にあたる約850校の自動車学校をネットワークし、年間160万人の新たな運転免許取得者数の約80%を包括します。
そのうち大手自動車学校約250校の待合室にはデジタルサイネージ(JACLA TV)を設置して、インターネットを介して教習所専用番組を毎日放映しています。JACLA TVの1日の平均視聴者数は約10万人。しかも18歳から25歳が80%を占める、年齢層でセグメントされた場所なのです。10万人の若者を、毎日1カ所に集めることは困難且つ莫大なコストを要しますが、JACLAは、それに匹敵する効果をローコストでしかも容易に実現できるメディアです。
また、サンプリングや、アンケート調査、イベント開催など、ユーザーに直接触れ合う機会を創出することで、より効果の高いプロモーションを実施することができます。

10代/20代/クルマ・バイク/手渡し

二輪免許受講者向けフリーペーパー『JACLA BIKE MAGAZINE』同封広告

国内唯一のスクーター専門誌『WELLER MAGAZINE』


国内唯一のスクーター専門誌『WELLER MAGAZINE』


『WELLER MAGAZINE』は、IRON SCOOTERS ONLYをテーマに1990年代までのVespaやLambretta、そしてRabitやピジョンといった国産鉄スクーターを紹介する、国内唯一のスクーター専門誌です。またモッズカルチャーやSkellyカルチャーなどスクーター文化と密接にリンクした往時のムーブメントの深淵も掘り下げています。姉妹誌の「Roller」や「Ripper」と同様に日/英のバイリンガル表記も特徴です。年2回/3・9月の末日、6,400部発行。

コンテンツ


・国内外の鉄スクーターを紹介する「Archive」
・希少なパーツやグッズを紹介する「Goods & Parts」
・スクーターを愛してやまないオーナーたちを紹介する「Scooterist」

男性/30代/40代/50代/クルマ・バイク

国内唯一のスクーター専門誌『WELLER MAGAZINE』

バイクをもっと身近にする情報メディア『バイクのニュース』記事広告


バイクをもっと身近にする情報メディア『バイクのニュース』 記事広告


月間105万人が利用するサイトにおいて、編集部ならではの視点で記事を作成し、PR商品の魅力をユーザーに伝えます。

バイクのニュースとは


知的好奇心を満たすバイクの気になる情報を分かりやすく紹介するWEBメディア。以前バイクに乗っていた方や若年層、バイクビギナーをターゲットとしたコンテンツを制作。カルチャーやライフスタイル、エンタテインメント、グルメ等をバイクとリンクさせ、コンテンツを展開しております。

20代/30代/40代/ドライバー/クルマ・バイク

バイクをもっと身近にする情報メディア『バイクのニュース』記事広告

総合二輪雑誌『Motorcyclist』


総合二輪雑誌『Motorcyclist(モーターサイクリスト)』


『Motorcyclist』は、初心者からベテランまで、モーターサイクルを趣味とする幅広い層の興味に応える総合二輪雑誌です。スクープや新車紹介、ロードテスト&試乗インプレッションなどを通してバイクを多角的にレポートしています。また、ツーリング情報、ライテク、バイク用品、旧車紹介などモーターサイクルを取り巻く情報を掲載しています。月刊/毎月1日、155,000部、定価880円(税込)。

『Motorcyclist』のコンセプト


モーターサイクルが持つ魅力を、正確かつ資料性も高い新車情報やインプレッション記事などハード面のみならず、無味乾燥なカタログに終始させずに購買意欲を駆り立たせるようなアパレル、ヘルメットなどの用品企画、魅力的な写真に思わず出かけたくなるようなツーリング特集など、ソフトの面からも伝えています。この3つをバランスよくパッケージ化した二輪誌はほかになく、特徴のひとつです。

また、編集で重視しているキーワードが“快適”てす。モーターサイクルに乗る年齢層が高まるなか、ストィックにバイクと向き合うことよりも、気軽に楽しく、そして長く乗り続けることへの関心がとみに高まってきており、そのような市場のニーズを『Motorcyclist』では、“快適”という言葉に集約し、車両本体はもちろんカスタムパーツやライディングギア、そしてライフスタイルなどを独自の切り口で伝えています。

クルマ・バイク/月刊

総合二輪雑誌『Motorcyclist』

クルマいじりが好きな人のためのメンテナンス情報誌『オートメカニック』


クルマいじりが好きな人のためのメンテナンス情報誌『オートメカニック』


『オートメカニック』は、休みの日野ガレージや家の駐車場などでクルマいじりをする「クルマ趣味生活を送っている人たち」がターゲットの、メンテナンス情報誌です。パーツ交換や修理の際などにDIY派のユーザーが直面するちょっとした疑問、質問に役立つ情報を提供する教科書のような誌面構成が特徴。隔月刊/偶数月8日、30,000部発行。

『オートメカニック』の特長


読者のメインはサンデーメカニックですが、自動車系専門学生やディーラー、整備士、整備機械系メーカーの方など滝にわたります。そのため、様々なジャンルの特集を組み、読者に飽きさせない作りとすることで、プロ、アマ問わず支持が厚いのが本誌の特長です。

男性/40代/50代/ドライバー/クルマ・バイク/隔月

クルマいじりが好きな人のためのメンテナンス情報誌『オートメカニック』

新車購入をメインとしたバイヤーズガイド『月刊 自家用車』


新車購入をメインとしたバイヤーズガイド『月刊 自家用車』


『月刊 自家用車』は、主に新車購入を検討する40~50代の会社員がメインターゲットの雑誌です。新車スクープ/新車アルバム/購入時の値引き情報という3企画が柱ですが、近年はカーナビやドライブレコーダー、スタッドレスタイヤなどの用品系の記事も揃え、新車購入だけでなく、多様化するニーズに合わせたお買い得情報をユーザーに届けています。月刊/毎月26日、80,000部発行。

コンテンツ


新車購入をキーワードに、スペックや価格、装備や室内の快適性、前後席の乗り味、値引きやリセール情報など様々な視点から読者が気になる情報を紹介しています。新車購入に合わせて購入を検討するナビやドラレコ情報はもちろん、気になる用品小物など、カーライフをサポートする紹介記事が満載です。

男性/40代/50代/会社員/クルマ・バイク/月刊

新車購入をメインとしたバイヤーズガイド『月刊 自家用車』

マニア時代の国産車雑誌『高速有鉛デラックス』


マニア時代の国産車雑誌『高速有鉛デラックス』


『高速有鉛デラックス』は旧車、ネオクラシック、北米仕様、働くクルマなど、今なお愛すべき“国産旧車”が主役のマニアックなクルマ雑誌です。30~50代のマニアな読者へ訴求が可能です。隔月刊/偶数月25日頃発行、全国の書店にて販売。

『高速有鉛デラックス』とは


2006年にフリーペーパーの『高速有鉛』を創刊。スポーツカーやGTカーが主役の国産車雑誌が溢れているなか、これまでスポットを当てられていなかった野暮ったい4ドアセダン、パトカーなどの働く車、そして変な顔つきの北米仕様車をフィーチャー。発行当初から一部のマニアから大きな反響がありました。2008年に『高速有鉛デラックス』として有料化、増ページ&豪華な内容でする井クルマの魅力を発信しています。

男性/クルマ・バイク/隔月

マニア時代の国産車雑誌『高速有鉛デラックス』

国内唯一のレーシングカート専門情報誌『月刊 ジャパンカート』


国内唯一のレーシングカート専門情報誌『月刊 ジャパンカート』


『月刊 ジャパンカート』は国内唯一のレーシングカート専門誌として、1978年に創刊。以来、カート人口の増加とともに、そして時代のニーズに合った内容を盛り込みながら、多くの読者のカートライフをサポートしています。キッズカート講習会やジュニアカートスクール、カート初心者走行会など、各種イベントやコース会場でも販売されており、レーシングカート愛好者の皆様に認知されています。月刊/毎月10日、24,500部発行。

20代/30代/40代/会社員/スポーツ/クルマ・バイク/月刊

国内唯一のレーシングカート専門情報誌『月刊 ジャパンカート』

クルマ好きのためのメディアプラットフォーム『Motor-Fan』記事広告


クルマ好きのためのメディアプラットフォーム『Motor-Fan』 記事広告


JIAAのガイドラインに従いタイアップ記事であることを表記した上で、通常記事同様に当該商品・サービスを編集記事にて訴求します。
記事掲載時はTOPページでの表示、その後はTOPページ・中面ページからタイアップ記事ページへと誘導を図ります。

『Motor-Fan』とは


『Motor-Fan』 は自動車専門雑誌を数多く制作する出版社(三栄)が運営するクルマ好きのためのメディアプラットフォームです。新車情報からドレスアップ、チューニングから最新テクノロジー解説まで、長年自動車雑誌を出版してきたベテラン編集チームが独自取材と分析に基づいた自動車関連記事を中心に、カーライフを楽しむためのトピックから、業界動向を探る考察まで、クルマに関わるすべての人が楽しめる内容をタイムリーに発信しています。

男性/40代/50代/60代/会社員/ドライバー/クルマ・バイク

クルマ好きのためのメディアプラットフォーム『Motor-Fan』記事広告

はじめての自転車LIFE超入門『首都圏発週末自転車さんぽ』


はじめての自転車LIFE超入門『首都圏発週末自転車さんぽ』


自転車は、新型コロナ対応下でも楽しめる屋外レジャーとして、人気の高まりを見せています。
自転車専用ルート・レーンやレンタサイクルショップなど、ハード面の整備も日々充実しています。
本書は、自転車ライフの楽しみ方、相棒にぴったりのギア探し、自転車レジャーのハウツー、おススメの楽しみ方など、自転車に興味を持ち始めた初心者向けの、超お手軽な入門読本です。予価1,000円 (税別)

コンテンツ


[GEAR] 「はじめての自転車購入AtoZ」
ママチャリ超え、本格スポーツバイク未満 女子にうれしいおしゃれれ街乗りバイク、クロスバイク、Eバイク、ベロバイク

[HOW-TO]
自転車LIFEのために知っておきたいコト☆50
公道の走り方、備えたい自転車保険、無理のないプランの立て方、標識、使えるナビアプリ、ウーバーイーツ体験ルポ

[TRIP]
あこがれのチャリ旅にチャレンジ~自転車LOVERSの聖地へGO!
サイクリストの聖地 しまなみ海道 LIVE ルポ

[COSEGUIDE]
WEEKEND RIDE PLAN20

クルマ・バイク/旅行

はじめての自転車LIFE超入門『首都圏発週末自転車さんぽ』

くるまをもっと身近にする情報メディア『くるまのニュース』記事広告


くるまをもっと身近にする情報メディア『くるまのニュース』 記事広告


専⾨媒体特有のコア層向けだけではなく、ライト層を含めた幅広いユーザーに、分かりやすく・簡潔にをモットーとした記事を制作します。商品の持つ特徴・魅⼒を最⼤限に引き出し、広告主様の商品LPへと送客します。

『くるまのニュース』とは


『くるまのニュース』は、くるまをもっと⾝近にするWEB情報メディア。知的好奇⼼を満たすクルマやバイクの気になるあれこれを紹介。新⾞情報・クルマ選び・ドライブ情報・メンテナンス⽅法・レンタカー・公共交通・カーシェアリングまで魅⼒的なカーライフを発信します。

『くるまのニュース』の強み


1,クルマ業界を知り尽くした豪華ジャーナリスト陣が執筆します
記事の執筆は、くるまのニュース編集部員のほか、複数のモータージャーナリストの中から、案件によって最適な⽅を起⽤します。執筆ジャーナリストを指定いただくことも可能です(要相談)。

2,記事への圧倒的なリーチ数
1記事あたり1ヶ⽉間で30万PV超を記録するなど、届けたい層に確実にアプローチすることができます。タイアップ広告には最低PV保証を設定でき、安⼼して掲載ができます。公式SNS(Twitter/Facebook)からもリーチします。

男性/20代/30代/40代/ドライバー/クルマ・バイク

くるまをもっと身近にする情報メディア『くるまのニュース』記事広告

「乗りもの」に特化した総合情報サイト『乗りものニュース』記事広告


「乗りもの」に特化した総合情報サイト『乗りものニュース』 記事広告


『乗りものニュース』は乗りものや交通インフラを利用する数多くの人々に向けて、ニュースや解説記事、オリジナルコラムなどを配信する「乗りもの」に特化した総合情報サイトです。記事の切り口や体裁などを工夫して広告主様の商材が持っている魅力を多くの方々へ伝えます。ユーザー属性は男性が7割で、25~44歳の働き盛りのミドルエイジを中心に幅広く読まれています。

『乗りものニュース』の4つの強み


1,ファンへのリーチ力
「乗りもの」に興味・関心のあるユーザーへ、確実にアプローチできます。

2,「乗りもの」を知り尽くした制作陣
鉄道やクルマ、バス、飛行機など、業界への深い知見を持つ「乗りものニュース編集部」スタッフが、商材の魅力を深堀りすることにより、情報の価値を高めて発信します。

3,専門性や知名度が高いライター、カメラマンの起用が可能
「乗りものニュース」が信頼を寄せる専門ライターやカメラマンが、質の高い記事を制作します。業界トップレベルの知名度を誇るスタッフを起用することで、記事の注目度や拡散力を高めることも期待できます。

4,SNSの活用
計およそ40万人のファンを誇る「乗りものニュース」公式SNSを通じ、ユーザーを記事や指定サイトへ誘導できます。

男性/20代/30代/40代/ドライバー/クルマ・バイク

「乗りもの」に特化した総合情報サイト『乗りものニュース』記事広告

アートトラックの専門誌『カミオン』


アートトラックの専門誌『カミオン』


『カミオン』はトラッカーの仕事の内容をより深く理解した記事や実際の仕事に役立つ記事や転職や独立などステップアップに役立つ情報を掲載するトラック総合誌です。月刊/毎月1日、150,000部発行。定価727円(税別)

コンテンツ


・巻頭特集
巻頭特集では毎号、全国の働くドライバーとその愛車を取り上げます。
日本各地を走り回るプロのトラックドライバーの仕事ぶりや愛車へのこだわりを紹介するコーナーです。
・道連れフォトストーリー
トラックドライバーの1日に密着して、その様子を写真とともに紹介します。
同行取材により鮮明になるドライバーのプロ意識が読者の共感を呼ぶ人気コーナーです。
・全国のイベント紹介
全国で行われているトラッククラブのボランティア活動やチャリティイベント、ミーティングなどを広く掲載しています。

男性/ドライバー/クルマ・バイク/月刊/10万部以上

アートトラックの専門誌『カミオン』

自動車業界人からの圧倒的支持『月刊 ニューモデルマガジンX』


自動車業界人からの圧倒的支持『月刊ニューモデルマガジンX』


1985年に新車スクーブを中心として刊行されたのが『月刊ニューモデルマガジンX』です。
創刊以来、車社会の問題を鋭く取材し新車情報のみの雑誌とはひと味違う記事作りが読者の共感を得て、現在は自動車雑誌の中で常にトップクラスの実売を確保しています。新車スクープのみならず、新車・中古車販売情報や自動車行政、また他紙が書けない鋭い新車批評や技術情報などなど、車に関わるタイムリーな話題満載の内容が読者に支持されています。月刊/毎月26日、120,000部発行。定価590円。

コンテンツ


迅速な『月刊ニューモデルマガジンX』は真実のみを追いかけます。自動車メーカーに媚びない鋭い批評、有名評論家による記事などでクルマ好きの読者にとって本当に必要な情報をお届け。クルマの購入を考えている人は必読の雑誌。交通関連の政策など政治問題にも切り込んでおり読み応え抜群です。

クルマ・バイク/月刊/10万部以上

自動車業界人からの圧倒的支持『月刊 ニューモデルマガジンX』

世界最大級の自動車専門日刊紙『日刊自動車新聞』


世界最大級の自動車専門日刊紙『日刊自動車新聞』


『日刊自動車新聞』は、世界最大級の自動車専門紙です。1929年(昭和4年)の創刊以来、世界の産業・経済のリーダー役であり、社会生活の担い手、文化のバロメーターとして欠かせない自動車にフォーカスし、自動車産業の発展とともに歩んでまいりました。最先端の新商品・新技術はもちろん、自動車に関連する各分野の動向や地域に密着したきめ細やかな情報などを、ニュースや連載、特集などの形で新聞およびWebでお伝えしています。自動車業界向けにアピールをご希望される方に最適な媒体となっております。日刊/月~土曜日、102,600部発行。

コンテンツ


最先端の新商品・新技術はもちろん、業界の様々な情報を広く深く取材しています。業種別・商品別・企業別特集をはじめ、周年・総会・キャンペーン・イベント企画など、各分野における様々な出来事に即応して、タイムリーに発行しています。

会社員/BtoB/クルマ・バイク/日刊

世界最大級の自動車専門日刊紙『日刊自動車新聞』

クルマ好きの心に届く雑誌『driver』


クルマ好きの心に届く雑誌『driver(ドライバー)』


『driver』は、ニューモデルの情報を中心に展開する自動車総合誌です。速報に加え、比較インプレッションなども盛り込んだバイヤーズガイド。カーナビなど用品の情報も取り入れています。月刊/毎月20日、175,000部発行。定価570円(税込)

コンテンツ


インターネットで有象無象の情報が乱立する昨今、読者が求めているのは信頼性の高い情報です。それらをわかりやすく楽しく伝えるため、専門誌ならではの生の情報にこだわり、ニューモデル情報では、実車でのテスト、開発者インタビュー、海外取材なども積極的に行います。テストコースでの定地検証も弊誌の特色のひとつで、経験値のある媒体ならではの、信憑性の高い情報を掲載しています。

クルマ・バイク/月刊

クルマ好きの心に届く雑誌『driver』

旧車レストアファンのバイブル『Old-timer』


旧車レストアファンのバイブル『Old-timer(オールド・タイマー)』


『Old-timer』は、古いクルマ(=旧車)と徹底的につき合う雑誌です。旧車のレストアを通じて、旧車のあるライフスタイルを提案しています。修理やメンテナンス、さらには不動車両の再生を通じて、旧車のメカニズムについても理解を深められます。隔月/偶数月26日、150,000部発行。定価970円(税込)

『Old-timer(オールド・タイマー)』のコンセプト


弊誌はレストアを通して、それぞれに携わる人たちの生き方や様々な思い入れを描いています。そこには旧車+人の物語が存在しているのてす。また、編集部自らのレストア体験でのノウハウをドキュメントした記事は、読者から絶大な支持を得ています。

何でも、パソコンやスマホで知りたい情報はすぐに調べられる時代ですが、『Old-timer』は人と会い、人と話す中で拾った情報を企画にしています。レストアする人たちの立場からクルマをとらえ、豊かな心とゆっくりしたテンポで旧車を走らせることに喜びを感じる人のために作られた雑誌が『Old-timer』です。

クルマ・バイク/月刊

旧車レストアファンのバイブル『Old-timer』

プレミアムサイクリングマガジン『Cycle Sports』


プレミアムサイクリングマガジン『Cycle Sports(サイクルスポーツ)』


『Cycle Sports』は、日本でもっとも売れている自転車の総合誌です。ロードバイク・マウンテンバイクを中心に、用品の使いこなし方やツーリングの情報なども盛り込んでいます。月刊/毎月20日、200,000部発行、定価780円(税込)

『Cycle Sports』のコンセプト


スポーツ用の自転車に特化した総合専門誌としてロードバイクやMTBを中心に、そのトレンドを捉えながら、独自の視点によってサイクリストが知りたい事柄を深く掘り下げる誌面作りを使命としています。

特に自転車ジャーナリストやプロライダーによるバイク、パーツ、アクセサリー類の試乗、テストレポートは本誌ならではの視点が好評を博し、多くのサイクリストの信頼を集めています。それだけでなくプロライダーや専門コーチを起用して分かりやすく解説されたテクニック、トレーニング企画、多くの読者が興味を持つツーリングに関するコースガイドやノウハウが充実しているのも特徴です。

クルマ・バイク/月刊

プレミアムサイクリングマガジン『Cycle Sports』

キャンピングカーの総合誌『オートキャンパー』


キャンピングカーの総合誌『オートキャンパー』


『オートキャンパー』キャンピングカーの総合誌です。新型車の紹介やメンテナンスなどの情報に加え、キャンピングカーを使った旅企画など、ハード・ソフト面の情報を網羅しています。月刊/毎月15日、115,000部発行、定価700円(税込)。

コンテンツ


・車中泊に遮したキャンピングカーの最新情報
・購入後の“クルマの使い方”をわかりやすく紹介
・オーナーの使い方や趣味に合わせた装備やパーツの紹介、DIYやメンテナンス情報
・オートキャンプ場や車中泊に便利な道の駅、RVパークや立ち寄り湯などの旅先で役立つ情報
・オートキャンプ場で作る本格的な料理や旅先の車内で簡単に作れる料理の仕方&レシピ
等キャンピングカーや車中泊仕様のクルマで行く旅の楽しみ方を数多く掲載しています。

クルマ・バイク/月刊

キャンピングカーの総合誌『オートキャンパー』

クルマが好きな人へアプローチできる情報誌『CAR and DRIVER』


クルマが好きな人へアプローチできる情報誌『CAR and DRIVER』


美しく、見やすい自動車誌の代名詞として、創刊40年以上を誇る総合自動車情報誌『CAR and DRIVER』。国産・外国車の新車解説では、外観、内装、エンジンまわりまで詳しく紹介。カーAV・ナビやアクセサリーなど細かな部品も掲載し、クルマ生活に役立つ情報をお届け。ユーザー目線の試乗記や、車のルーツがわかる復刻版カタログは必見です。

男性/30代/40代/50代/クルマ・バイク/月刊/10万部以上

クルマが好きな人へアプローチできる情報誌『CAR and DRIVER』

自動車教習生向けフリーペーパー『JACLA ポケット MAGAZINE』同封広告


確実に教習生の手元に届く、JACLAオリジナルマガジンへの同封サンプリング


これから社会人デビューする若者と、企業様を繋ぐコミュニケーションマガジンです。新たに運転免許を取得する若者に向けて、学校の職員から教習生に手渡しする媒体です。

JACLAとは


JACLA は、全国1,300校の自動車学校のうち65%にあたる約850校の自動車学校をネットワークし、年間160万人の新たな運転免許取得者数の約80%を包括します。
そのうち大手自動車学校約250校の待合室にはデジタルサイネージ(JACLA TV)を設置して、インターネットを介して教習所専用番組を毎日放映しています。JACLA TVの1日の平均視聴者数は約10万人。しかも18歳から25歳が80%を占める、年齢層でセグメントされた場所なのです。10万人の若者を、毎日1カ所に集めることは困難且つ莫大なコストを要しますが、JACLAは、それに匹敵する効果をローコストでしかも容易に実現できるメディアです。
また、サンプリングや、アンケート調査、イベント開催など、ユーザーに直接触れ合う機会を創出することで、より効果の高いプロモーションを実施することができます。

10代/20代/クルマ・バイク/手渡し

自動車教習生向けフリーペーパー『JACLA ポケット MAGAZINE』同封広告

自動車教習所メディア『JACLA』ショップカード&ポスター掲出


自動車教習所メディア『JACLA SHOPCARD&POSTER』


JACLAは、全国1,300校の自動車学校のうち65%にあたる約850校の自動車学校をネットワークし、年間160万人の新たな運転免許取得者数の約80%を包括します。そのうち大手自動車学校約250校の待合室にはデジタルサイネージ(JACLA TV)を設置して、インターネットを介して教習所専用番組を毎日放映しています。JACLA TVの1日の平均視聴者数は約10万人。しかも18歳から25歳が80%を占める、年齢層でセグメントされた場所なのです。10万人の若者を、毎日1カ所に集めることは困難且つ莫大なコストを要しますが、JACLAは、それに匹敵する効果をローコストでしかも容易に実現できるメディアです。
また、サンプリングや、アンケート調査、イベント開催など、ユーザーに直接触れ合う機会を創出することで、より効果の高いプロモーションを実施することができます。

『JACLA SHOPCARD&POSTER』は、
JACLA TVと連携して、実店舗への誘導を図ります。商品のカタログやチラシ、イベントの案内や割引クーポンなどを設置することで、来店機会を創出して新たな顧客の獲得を促します。

10代/20代/ドライバー/クルマ・バイク/1箇所からOK

自動車教習所メディア『JACLA』ショップカード&ポスター掲出

自動車教習所メディア『JACLA』デジタルサイネージ


自動車教習所メディア『JACLA TV』


JACLAは、全国1,300校の自動車学校のうち65%にあたる約850校の自動車学校をネットワークし、年間160万人の新たな運転免許取得者数の約80%を包括します。そのうち大手自動車学校約250校の待合室にはデジタルサイネージ(JACLA TV)を設置して、インターネットを介して教習所専用番組を毎日放映しています。JACLA TVの1日の平均視聴者数は約10万人。しかも18歳から25歳が80%を占める、年齢層でセグメントされた場所なのです。10万人の若者を、毎日1カ所に集めることは困難且つ莫大なコストを要しますが、JACLAは、それに匹敵する効果をローコストでしかも容易に実現できるメディアです。
また、サンプリングや、アンケート調査、イベント開催など、ユーザーに直接触れ合う機会を創出することで、より効果の高いプロモーションを実施することができます。

『JACLA TV』では、
・15秒スポット広告枠
・1分から5分程度までのインフォマーシャル広告枠
の2つから貴社に最適なプランを選択いただけます。

10代/20代/クルマ・バイク/音声あり/15秒可

自動車教習所メディア『JACLA』デジタルサイネージ


前の記事へ

福岡に関する広告・媒体の比較、まとめ

次の記事へ

料理に関する広告・媒体の比較、まとめ