物流向け広告6選|物流市場と媒体選定のポイント

物流業界にリーチできるメディアをまとめています。最近は、倉庫業向け効率化システムやトラック運送業者の顧客マッチング等少しずつ進んできていますが、まだまだIT化は遅れており、WEBより紙やラジオなどオフラインメディアが有効です。ひとえに物流業界といってもトラック運送業界・倉庫業など幅広く、また経営者なのかドライバー等の従業員なのかターゲットによりメディアも異なります。

物流業界の市場規模

国土交通省の統計資料によると物流業界の市場規模は、24兆円あり、労働就業者数は258万人となっております。全産業就業者数の約4%で非常に大きな市場になっております。

出典:国土交通省「物流を取り巻く動向について」(令和2年7月)

市場としては大きいですが、事業者数は決して多くありません。一番大きい市場のトラック運送事業でも約62,000事業者、かつ99.9%とほぼ中小企業です。

トラックドライバーの労働環境・ターゲット年齢

トラックドライバーの年間労働時間は、全産業と比較して、大型トラック・中小型トラック運転手ともに約2割長いという現状です。拘束時間が長く、トラック内で過ごす時間も多いと言えます。

出典:国土交通省「物流を取り巻く動向について」(令和2年7月)

また、トラックドライバーの年齢構成は、年齢階級別労働力人口の変化に比べ、29歳以下の比率が少なく、特に大型の場合は、40歳以上で8割以上となっています。

出典:国土交通省「物流を取り巻く動向について」(令和2年7月)

物流業界向けの媒体選定

物流業界をターゲットとした媒体選定には、トラック運送業界・倉庫業等どの領域をターゲットとしているか、また経営者向けなのか従業員向けなのかを判断する必要があります。また、荷主側も読者として含む媒体もあります。実際には特化した媒体は少なく、媒体資料などからメインとなるターゲットを読み解かなければなりません。

見本誌をダウンロードし、広告出稿事例等からも媒体の傾向を探ることができます。車両・タイヤメーカーやデジタコ等の事例が多ければ、トラック運送業界向けと言えますし、マテハンや倉庫機材などが多ければ倉庫業向けと言えます。また、運行管理システム等、経営にかかわる出稿事例もターゲット選定では参考になります。

■協会誌・会報誌
・広報とらっく 約55,000部
■物流新聞・雑誌(全般)
・物流ニッポン 約158,000部
・物流Weekly 161,000部
・運輸新聞 約48,200部
・輸送経済 約28,000部
・月刊ロジスティクス・ビジネス 約10,000部
■海運・港運
・日本海事新聞 約41,200部
■メール・物流ニュース 約10,000部

物流向け広告媒体6選

物流業界の専門誌『物流ニッポン新聞』


物流業界の専門誌 『物流ニッポン新聞』

『物流ニッポン』は、業界最高峰の情報網「全国8支局自社ネットワーク」で、トラック、鉄道、倉庫、港運、海運、空運などを総合的にカバー。
さらに、一般産業(荷主)の物流担当者、関係府省庁、事業者団体とのパイプも太く、各界から高い評価を得ています。速報性、オピニオン性、タイムリーな企画記事など、他紙の追随を許しません。週2回(火・金曜日)発行。

コンテンツ

豊富な情報、高いアンテナをベースに、問題提起も踏まえ、深く掘り下げた記事を提供。
陸・海・空に加え、荷主、物流機器、物流情報まで網羅。
ベテラン編集委員による社説は、業界の指針となっています。

BtoB

物流業界の専門誌『物流ニッポン新聞』

物流業界最大級のメールマガジン『物流ニュース』メール広告


物流業界最大級のメールマガジン『物流ニュース』メール広告

『物流ニュース』は、物流業界の最新ニュースや他社の事例を毎日配信するメールマガジンです。1999年の配信開始以来、新聞や雑誌、WEBに掲載された膨大な情報から物流の話題だけを抜き出し配信されるので物流関係者に好評で、物流という限られた業界の中で登録者数は1万人を超えています。

1日2回 (毎朝・夕) 配信されることによって、最新ニュースをタイムリーにキャッチできるので便利だと評判のメルマガです。

コンテンツ

① 物流ニュース(朝刊)
平日8時に配信されます。基本24時間以内にリリースされたニュースを中心に、物流関連のニュースだけを取りまとめ、平日8時にお届けしています。このニュースを朝チェックしていけば、最新の物流トレンドを押さえられます。

② 物流ニュース(夕刊)
平日17時に配信されます。当日にリリースされたニュースを中心に、物流関連のニュースだけを取りまとめ、平日5時にお届けしています。朝刊よりボリュームが少なめで、一日の振り返りにはぴったりです。

BtoB

物流業界最大級のメールマガジン『物流ニュース』メール広告

業界最大手の海事・物流の日刊経済紙『日本海事新聞』


業界最大手の海事・物流の日刊経済紙『日本海事新聞』

『日本海事新聞』は、1942(昭和17)年、政府外郭団体の機関紙として創刊され、戦後の1946(昭和21)年に民間企業・日本海事新聞社発行の日刊総合物流紙として新たな船出をしました。国内最大発行部数の日刊総合物流紙(日本新聞協会加盟)として、外航・内航海運、ロジスティクス、造船・舶用、港湾・倉庫、荷主、金融・保険、クルーズの各企業、関係官公庁・団体、教育・研究機関など、広範な読者から支持を得ており、海事・物流産業のクオリティーペーパーとして評価されています。日刊/土日祝日以外、41,200部発行。

コンテンツ

・1面:総合(外航海運ほか)
各分野から選りすぐりの特報・速報ニュースをはじめ、最新の産業・政策トレンドに関する分析・解説記事、インタビュー記事、企画連載記事など、今を読み解き、時代の潮流が見える情報を掲載。

・2面:海運・造船
外航、内航の素材・資源エネルギー輸送動向、ドライバルク、タンカー市況、造船・舶用メーカーの受注・製品開発、フェリー業界の動向などを掲載。

・3面:港湾・ロジスティクス
世界貿易のインフラであるコンテナ輸送を担う海運企業をはじめ、港運、倉庫、フォワーダー、国際物流(航空貨物を含む)各企業の動向とともに、国内外の港湾事情などを掲載。

・4面:オピニオン等
有識者の提言・論評や読者投稿、本紙記者による解説・問題提起欄「記者の視点」などを掲載。

・5面:地域ワイド、オーシャン、各種データ
各地の港湾事情、分野別企画記事、ニュースの深層を解説する記者座談会、大型寄稿などのワイド紙面のほか、貿易統計など各種データを掲載。

・6面:イベント・文化
企業・団体・行政のイベント開催スケジュールや開催結果のリポートをはじめ、海にまつわるエッセー、書評、写真記事、各種文化記事などを掲載。

会社員/BtoB/日刊

業界最大手の海事・物流の日刊経済紙『日本海事新聞』

広報とらっく

公益社団法人全日本トラック協会の機関紙で、都道府県トラック協会に所属する会員のトラック運送事業者全社に直送しています。
このほか関連団体、荷主団体、国会議員、関係行政機関、地方自治体、各種研究機関、関連資材メーカー、サービス事業者などにも直送しています。
トラック運送事業経営者、管理職、現業責任者を対象として、トラック運送事業に必要不可欠で有益な情報を提供するとともに、業界課題への取り組みや、主張、提言を積極的に公表しています。

広告媒体の問合せ・資料請求

物流ウィークリー

物流ウィークリーは、物流・運送・ロジスティクス業界の情報に特化した業界専門紙です。業界内外の最新ニュースを、広く全国各地の物流関係者の読者に提供しています。
国内貨物輸送の9割を占めるトラック運送業に関する情報について、全国10拠点で取材活動を展開。最新のマテハンや物流システムの紹介では、インタビュー記事を中心とした斬新な紙面構成で読者を増やし続けてます。増ページや紙面のカラー化など、読者ニーズを限りなく追求しています。
ホームページとメルマガで情報発信。日々の業界情報の発信に加え、本紙で反響のあったインタビュー記事などを掲載しています。業界の著名人による連載やブログも毎週更新。
物流メルマガは、毎週火曜日に配信しており、多忙を極める業界人の皆様に活用されています。

広告媒体の問合せ・資料請求

月刊ロジスティクス・ビジネス

専門誌『ロジビズ』は、物流市場でも運輸市場でもない、ロジスティクス市場とも呼ぶべき新たな市場カテゴリーを提供している。荷主企業が47%、物流企業が38%。荷主企業のマネジャー層と3PLの経営者層の双方をカバーしています。
荷主企業のロジスティクス/SCM部門にPRしたい企業や一般の運送会社ではなく物流子会社や3PLに販売したい企業向け。

広告媒体の問合せ・資料請求


関連記事

前の記事へ

ラックに関する広告・媒体の比較、まとめ

次の記事へ

車に関する広告・媒体の比較、まとめ