飲食店向けBtoB広告について解説! | 広告の種類や事例など

飲食店向けBtoB広告をピックアップしました。飲食店のオーナー向けのWebサイトや情報誌など、さまざまな媒体でBtoB広告を出すことができます。

飲食店向けBtoB広告について

飲食店向けBtoB広告は主に飲食店のオーナー向けのメディアで掲出することができます。例えば飲食店の経営に関する情報や食品に関する情報などを提供しているWebサイトや情報誌の会員は、飲食店経営に関わる人が中心になっているため、このユーザーに向けて広告を出すことで、効果的なBtoB広告の展開が可能です。

飲食店向けのWebサイトや情報誌などでは広告を掲出できるだけでなく、資料請求した飲食店オーナーへサンプリングを行えたり、メディアのSNSPRが行えたり、さまざまな広告プランがあるので、どのような広告展開を行うかで商品・サービスに合ったプランを選ぶと効率的に広告活動が行えます。

出稿事例としては厨房機器や食品メーカー、POSシステムの開発・販売企業、販促グッズの企画・製造企業などが挙げられます。また、決済サービスやフードデリバリー代行サービスなどの出稿事例も増えています。

BtoB広告の概要や種類に関する説明は以下をご覧ください。

BtoB広告のポイント解説 | マーケティング担当者向け

飲食店向けBtoB広告のおすすめ

外食の経営情報を発信するリーディングマガジン『月刊食堂』

『月刊食堂』はメニュー開発や接客サービスの極意などを紹介している外食関連者向けの専門誌です。ファミレスやファーストフードなど幅広いジャンルの外食関連者に読まれています。

広告料金を見る

外食産業の日刊専門紙『外食日報』

『外食日報』は月~金曜日まで毎日発行されている外食関係者向けの専門誌です。主に大手外食ユーザーに読まれています。現在はPDF版で発行されています。

広告料金を見る

中小外食ユーザー向け専門紙『日本外食新聞』

『日本外食新聞』は外食業界の動向についてや新店情報、経営セミナー、統計分析などの情報を発信している専門誌です。居酒屋経営者のユーザーが多い媒体です。

広告料金を見る

外食・中食産業の経営者向け情報誌『フードビズ』

『フードビズ』は外食・中食産業についての情報を掲載している専門誌です。毎号12,000部発行されています。

広告料金を見る

まとめ

おすすめの飲食店向けBtoB広告についてご紹介しました。
どの媒体も飲食業界の最新情報だけでなく、飲食店経営に関する知識など、飲食店経営者にとって役立つ情報を発信しているものばかりでした。
飲食店向けBtoB広告の掲出を検討される際はぜひこの記事を参考にしてくださいね。

弊社が運営する広告プラットフォーム「ビズパ」では、1万を超える様々な広告メディアの価格や詳細情報の閲覧、資料のダウンロードがすべて無料でご利用いただけます。 ビズパに掲載されている広告商品のほとんどは、媒体社・メディア・総代理店が直接掲載しています。中間マージンが発生しないので適正な価格での取引や小ロットでの取引が可能です。

ビズパへの会員登録(無料)はこちら


関連記事

前の記事へ

BtoB向けダイレクトメールを使った広告手法について解説! | 広告の種類や事例など

次の記事へ

農林水産業向けBtoB広告について解説 | 広告媒体の事例など