オリーブオイルをひとまわし - 料理・家事にこだわる男性のためのメディア | メディアインタビュー

「男性」のための料理・家事メディア『オリーブオイルをひとまわし』。女性向けのメディアが多い中、増加傾向にある家事をする男性をターゲットとし、特徴ある情報発信をしています。「オリーブオイルをひとまわし」を運営する株式会社ディライトクリエイションの清水様にお話を伺いました。

――いきなりですが、「オリーブオイルをひとまわし」って面白いサイト名ですね。

「オリーブオイルをひとまわし」(略称:オリひと)は、「知識で広がる男の暮らし」をサイトのコンセプトにした、仕事でも家庭でも頑張る男性を応援する料理・家事メディアです。
料理も家事もちょっとした「知識」さえあれば、料理にオリーブオイルをひとまわしするように、劇的に美味しくすることも簡単にすることもできます。この名前には、料理や家事に役立つ知識によって日々の暮らしを豊かにしたい、そんな願いが込められています。

オリーブオイルをひとまわし

――サイトの特徴について教えてください

「男性向け」というのが大きな特徴です。世の中には、多くの料理や家事メディアがありますが、基本は女性をターゲットしており、男性の比率は10%ほどです。一方、「オリひと」は、男性比率約40%と男性ユーザーが多いところが特徴です。
またコロナ禍における「おうちじかん」の増加に伴って、料理や家事を始めた男性の比率も高まっており、食品メーカー様を中心にご相談頂く機会も増えています。今後も新たな生活様式の中で、男性×料理・家事はより一般化されていくのではないか、と考えています。

また、様々な興味関心のきっかけとなる「知識」を切り口に解説する、記事型のコンテンツもポイントです。男性と女性では、情報の受け取り方が違うのではないか、と私達は考えています。例えば、ある商品情報を見た時に、女性は、比較的「これかわいい」「これおいしそう」といった直観的に捉えた情報が興味関心の決め手になる傾向がありますが、男性は、商品の裏側にある「豆知識やうんちく」といった知識情報が興味関心のきっかけになる傾向があります。

そのため、メディアを作るうえでも写真中心というよりは、「なぜそうなのか」「どうしてこうなるのか」といった背景や理由を深堀りしていくような、知識解説型のコンテンツを提供しています。

――サイトを拝見しましたが、料理や家事だけでなく「バレエを子どもに習わせる前の予備知識」のようなユニークな記事もありました。記事はどのように選んでいるのでしょうか?

料理・家事に関する情報がメインですが、読者により楽しんでいただくため、より役立つ情報をお届けするために、ライフスタイル全般から記事のネタを選定しています。例えば、挙げていただいた記事は、オリひとの読者に30~40代の子持ち世帯が多いことから、若い親世代に関心のある情報をセレクトしてお届けしています。

――人気のコンテンツは?

最も読者に支持いただいているのは、「食・料理」のコンテンツです。「ツナ缶の油にある栄養はメリットだらけ」のような食材の栄養に関する記事、「お酒のカロリー比較」のような食材や料理のカロリー系の記事、他にも調理法や調味料の使い方などの記事が人気です。

最近では、「電子レンジの使い方」など身近な調理家電や調理器具の使い方に関する記事も人気が出ています。コロナ禍で料理を始めた方が増えていることも背景にありますね。

――先ほど、男性向けなので写真より知識の解説が記事の特徴とおっしゃられていましたが、記事の作りでポイントはありますか?

人気記事を事例に挙げますと、「ご飯が固い時に柔らかくする裏技」という記事では、いきなり裏技を紹介するのではなく、そもそも「ご飯ってなんで固くなっちゃうんだっけ?」という、前提となる予備知識をインプットしたうえで本題に入っていく構成にしています。
前提情報というステップを挟んだほうが、男性としては理解しやすいです。企業様とのタイアップ記事を制作する際にも、冒頭からPR商品の紹介に入るのではなく、まずは関連する商材や原料に関する、意外と知らない豆知識を切り口として紹介する構成にしています。

男性向けの料理・家事メディアではありますが、読者の半数は女性です。先ほど挙げた男女の情報の捉え方は、もちろん全ての方に当てはまるわけではありませんので、「オリひと」の知識解説型の記事は、知識欲の高い女性にもご支持いただいています。

――UU数など教えてください。

月間で600万UU(2021年5月現在)になります。コロナ禍で在宅時間が増え、料理や家事を始められた方が増えたことも起因し「オリひと」の読者数は着実に増えています。
キーワード検索を中心に、スマートニュースやYahoo!ニュースに提供している記事やオリひとの公式SNSアカウント上での投稿を経由して記事にアクセスされる読者の方もいらっしゃいます。

――読者に特徴はありますか?

食品を購入する際に重視するポイントとして、生産地・原材料・成分特徴などを気にされている方が多いです。食材選びにこだわりをもっている読者の方が多いようです。

また、こだわりをもちながらも好奇心旺盛で、納得したものにはお金をしっかりかける読者が多いのも特徴だと思います。

もちろん男性が読者数の約40%を占めている点は、他の料理・家事系メディアにはない強みです。昨今の男性の料理・家事頻度の高まりを背景に、男性をターゲットに販促プランを検討されている企業様からのお問い合わせは増えておりますので、今後も弊社は独自の調査機関「オリひと 男の料理研究所」でのアンケート調査などを通じて、「男性マーケティングの重要性」を強く発信していきたいと考えています。

――人気の広告メニューを教えてください。

一番はタイアップ記事広告です。単にPR商品の特徴を紹介するのではなく、商品のこだわりであったり、製法であったり、商品の魅力をより深く、知識を切り口に解説していきます。認知を獲得するだけでなく、商品に対する理解を促進したうえで、購買促進につなげていくことを企図したプランになります。記事の内容は、ご出稿いただいているクライアントからも評価いただいており、出稿記事は永久アーカイブされるので、ブランドサイトにバナーを設置し、タイアップ記事へ誘導されているクライアントもいらっしゃいます。

また、TwitterなどSNSで活躍している料理系インフルエンサーを起用し、商品を使ったアレンジレシピを開発いただき、タイアップ記事と一緒に発信を行うインフルエンサータイアップ記事広告も人気です。弊社では、食に特化した投稿を行う300名超のインフルエンサーを、公式アンバサダー組織「オリひと倶楽部」として組織化しています。フォロワーが数十万人のトップインフルエンサーから、1~5万人規模のマイクロインフルエンサーまで様々な料理家が参画していますので、企業様のご予算やPRの方向性に合致する最適なインフルエンサーを、都度ご提案させていただいています。

――その他の広告メニューを教えてください。

SNS上で、商品の体験情報を拡散・蓄積することを目的に、「オリひと」読者や一般の消費者の方々を巻き込んで実現する「SNS投稿型キャンペーン」プランもあります。
例えば、袋麺のPRのためのSNS投稿型キャンペーンの場合、まず袋麺を使ったアレンジレシピをコンテスト形式で募り、指定のハッシュタグ付きでSNS上に投稿してもらいます。そうすると、ハッシュタグで投稿がSNSに蓄積されますので、キャンペーン終了後も、消費者が袋麺を使った料理をSNS上で検索すると、キャンペーンで集まった数多くのアレンジレシピが表示され、PR商品を継続的に訴求することができるというプランです。

SNS利用者数の増加とともに、消費者の情報探索行動にも変化が表れており、何か気になったときにGoogleで検索する(通称「ググる」)ことに加え、昨今ではSNS上でタグ検索(通称「タグる」)を行う傾向が年々高まっています。Twitter利用者の約7割、Instagramも利用者の5割以上が、特定のキーワードやハッシュタグで検索を行っているというデータも出ており、「おうちじかん」が増えたコロナ禍においても一層その傾向が高まっていると思われます。そのような消費者の行動変容にも対応するため、プロモーションを設計する際にSNSの活用を検討されている広告主様も増えています。

SNS投稿型キャンペーンプランについては、情報拡散・蓄積のみならず、キャンペーン参加者による商品購買に直結しますし、担当者様が思ってもみなかったアレンジメニューが多数集まり自社コンテンツとして2次利用いただくこともできるので、リピートでご出稿いただく企業様が多く、好評いただいております。

――広告主からの反響の声はいかがでしょう?

過去ご出稿頂いた企業様の約7割以上にリピートでご出稿いただくなど、記事広告やSNSキャンペーンなど、各施策においてクライアントニーズに応える形で成果を出すことができています。同一商品を4回以上リピートでご出稿頂いている企業様もいらっしゃいます。弊社としても成果が出るよう全力を尽くして運用しますし、その結果として再度ご出稿いただけることは、大変嬉しいですね。

主に食品は、依然としてECよりもスーパー等のリアル店舗での購入が中心なので、なかなか実売での効果は測りづらいですが、PV・UU・滞在時間などの数字や、インフルエンサーによる投稿のインサイトデータなど、定量的に計測可能な数値やSNSの反響などについて、数十ページの成果レポートを作成し施策の振り返りをさせていただいております。
また、新しい商品・新しいオプションプランを出し続けているという点も評価いただいているところかなと思います。

――掲載いただきたい広告主は、食材メーカーや調理器具・調理家電が中心ですか?

食以外にもお届けしている情報のカテゴリーは広がっており、伴って読者の属性も広がりつつあります。在宅時間の増加で自身の身だしなみ改善や、運動不足解消のための筋トレ情報などに関心をもたれている読者も増えていますし、関連する商材との親和性も高いと思っています。生活消費財や自動車など、男性へのプロモーションを検討されている企業様は、企画案を検討致しますので、ぜひ一度ご相談いただければ幸いです。

――最後に一言お願いします。

普段から料理や家事を行い、知識欲と気に入ったものには投資を惜しまない傾向をもつ「男性に対してのプロモーション」に興味をお持ちの企業様がいらっしゃいましたら、ぜひ気軽にご相談ください。商品の情報発信に留まらず、商品ならではの魅力を解説することを通じて読者の関心を高め、情報を拡散・蓄積することを通じて、商品の購買やロイヤリティ形成を図る一貫したサポートプランをご提案させていただきます。

オリーブオイルをひとまわしの料金確認・資料ダウンロードはこちら

営業部アカウントマネージャー 
清水 貴熙 様
2019年に編集部ディレクターに就任し「オリーブオイルをひとまわし」を運営。現在は各種タイアップ広告等を通じ、企業様のプロモーション課題の解決をサポート。

関連記事

前の記事へ

タクシー広告のCM事例|BtoB企業編

次の記事へ

エンタメ系メディアのバナー広告について解説! | 広告の種類や事例など