宛名付きで訴求できるハイエンドマガジン『AFFLUENT(アフルエント)』 | メディアインタビュー

東京都心を中心とした富裕層に宛名付きでダイレクトに訴求できるハイエンドマガジン「AFFLUENT(アフルエント)」。今回は、AFFLUENTの誌面の特徴や読者の特性などについて事業部長の森様にお伺いしました。

――AFFLUENT(アフルエント)はどのようなメディアでしょうか?

都市部に在住かつ、経済的にゆとりある世帯を対象にした富裕層向けハイエンドマガジンです。東京23区約10万世帯(大阪・阪神版は約2万世帯)の高級マンションや高級住宅街一戸建ての住民、開業医、地主・生産緑地所有者、士業の方などの高所得者に価値ある情報を毎月お届けしています。

宛名付きで送付しているのが特徴で、全体の約85%を宛名付きで配送しており、残りは高級タワーマンションや高級エリアの戸建てなどにポスト投函をしています。AFFLUENT配布先以外にも富裕層のリストを60万件持っており、全国の経営者の自宅や開業医・士業などにDMを送付することができます。

――AFFLUENTの特徴は?

宛名付きで送られるというのが他社と比べても大きな違いです。
一世代前だとフリーペーパーはラック設置が主流で、空いている時間に自由に読んでもらうのが目的でした。ですが、その時間はスマートフォンに奪われていて大きく価値を落としています。
AFFLUENTは宛名付きで送られるメディアなので、家の中にまで入り込み、じっくり読んでもらうことができます。コロナ禍で看板や交通広告などのオフラインメディアは非常に厳しい状況ですが、AFFLUENTは巣ごもり需要の影響
もあり、広告の掲載がむしろ増えています。

誌面の中に読者プレゼントのコーナーがありますが、毎月1000件前後の応募があります。発行部数からすると1%の反応率で、一般的な雑誌のプレゼントに比べると10倍近い数字です。フリーペーパーでもすぐに捨てられず、しっかりと記事を読んでいただけてる結果だと思っています。富裕層向けで「家の中まで入るオフラインメディア」というのは、他にはありません。

配布のクオリティが低いと届けたい人に届けられないのが現状です。不動産の登記簿謄本や地図情報など、多岐にわたって情報を取得しており、リストの収集や発送にコストが多くかかっていますが、その分しっかり富裕層の方に届けられます。

――AFFLUENTの構成について教えてください。

全体の半分が当社企画の記事コンテンツで、残りの半分が記事タイアップを含めた広告となっています。富裕層の方が興味を持ちそうな「旅」や「食」や「物」などをテーマにした巻頭特集やプレゼントのコーナーは非常に人気です。近々コロナ禍のニーズを反映した、宅配サービス特集やおこもり旅の特集を考えています。(2021年4月現在)

また人気店のシェフにおススメの店やシェフを紹介してもらう「グルメバトン」も人気です。シェフ同士がバトン形式で取材を受けてくれるので、普段は取材NGのお店なども掲載いただき、読者から好評いただいています。

――読者の方の特徴は?

40歳から60歳までの経済的にゆとりのあるミドルシニアの方が中心です。年収1000万円以上の読者が68.6%を占めています。

――ラジオも始められたと伺いました。

2021年4月から毎週火曜日の夜に「髙橋真麻 RADIO AFFLUENT~大人のこだわり」という番組をラジオ日本で配信しています。おかげさまで「AFFLUENT届いているよ」という声も多数いただき、富裕層の方からの認知度は非常に上がっています。今後は、富裕層以外の方に対しても「AFFLUENT」の認知度もより上げていきたいと思っています。

フェラーリを乗っている人が特別感を味わえるのは、フェラーリが高級なものと誰もが知っているからですよね。同じようにAFFLUENTの知名度を上げるのは、富裕層の方に購読の優越感を感じてもらううえでも重要だと考えています。

――広告のメニューについて

大きく3つあります。
1つ目はAFFLUENT本誌内での掲載広告です。商品やサービスの案内広告や記事のタイアップの広告を中面などに掲載し、富裕層の方に訴求します。東京版でしたら10万部すべてに掲載されるので、エリアを問わず首都圏全体にアピールしたい人やAFFLUENTに掲載することによりブランド力を上げたいに向いています。後に紹介する同梱やDMより単価が安く実施できます。

2つ目はAFFLUENTと一緒にチラシ同梱し配布する、「AFFLUENT同梱」です。毎月定期的にお届けしている媒体と同梱することで、チラシの受容性が高く、富裕層の中でも、さらに細かくターゲットを絞っての同梱ができるのが特徴です。「高級マンション居住者」「開業医」「弁護士」「地主・生産緑地所有者」「高級マンション複数所有者」などの属性でセグメントできるほか、高級マンション単位や郵便番号単位などエリアでのセグメントが可能です。

3つめは当社が持つ60万件の富裕層の送付先に対してのDM送付です。本誌掲載や他社と一緒の同梱でなく、自社単独でDMを送りたい方やイベントやキャンペーンなどの都合で発行日以外のタイミングで送付したい方にご利用いただいております。定期的に届くAFFLUENTからの送付で、かつ宛名が入っているので、購読率は79%と不特定多数で届くDMに比べると非常に高いです。

――郵便番号単位まで細かくできるのは、相当ピンポイントに訴求できますね。

経営者向けだと会社の規模、不動産だと地主の規模、開業医でもどの医者がいいのかとか、医療法人の理事長だけとか、広告主の訴求ニーズに幅広く答えられます。

例えば、カーディーラーなど支店単位でプロモーションエリアが決まっている場合に、エリアを細かくセグメントして配布したり、不動産でも仕入れを目的として地主だけに配信するなど非常に柔軟性高く訴求できます。ある企業様がコロナ対策商品を売り出すのに、医療法人の理事長や代表理事の自宅にピンポイントでDMを送付し、非常に多くの問い合わせがあったと伺っています。

――初めての方が試しやすい広告商品やプロモーション施策はありますか?

AFFLUENT同梱に関しては、チラシお持ちであれば最低5000部で65,000円からでき、DMもはがきサイズなら1000通150,000円から実施可能です。最低に近い部数を毎月定期的にご発注いただいているお客数もいらっしゃいますので、少額でも全く問題ございません。

――どのような方の出稿が多いですか?

不動産仲介やディベロッパー、外車カーディーラー、百貨店、旅行、リゾート、リフォーム、インテリア、クリニック、資産運用、自治体、スクールなど富裕層をターゲットとした幅広い業種の方にご利用いただいています。

――反響や出稿されたお客様の満足度はいかがでしょう?

カーディーラー様がチラシ5万部を3か月間配布して高級車が33台成約したり、2億円の高級墓地の成約が決まったりとか、満足いただけている声を多数いただいています。資産運用セミナーを運営するクライアント様は、ターゲットとしている金融資産5000万以上の方が12名参加いただけたということで大満足いただけました。

高価格帯の商品が多いので、1回出稿して成約したかどうかではなく、複数回継続しての成果を見て判断される方が多いです。また、広告を見て来店したり購入したりしたユーザーの方は、その知人友人を紹介していただくことが多く、そのように間接的な効果があるのが富裕層向けメディアの特徴かなと思っています。

――広告を検討されている方へ一言お願いします

世の中的に二極化していると感じており、中間層が減ってきています。その分富裕層へのニーズは非常に増えています。一方で、100人の富裕層がいたら100通りの富裕層セグメントがあると言われるほど、富裕層向けのマーケティングは非常に難しいですし、自力で富裕層の方を開拓するのは非常に困難です。当社では専門の営業がおりますので、一から丁寧にご提案やサポートできますし、少ない金額から実施が可能なので是非お試しいただければと思います。

「AFFLUENT(アフルエント)」でのプロモーションの詳細はこちら

株式会社affluent 事業部長
森 正太郎 様

アパレル業界からフリーペーパー上場会社へ転職し広告業界へ。エリアマーケティングから教育、不動産事業、大手広告代理店担当などを経て、富裕層メディア「AFFLUENT」の事業責任者に就任。その後事業部ごと独立させ2020年に株式会社affluentを設立。AFFLUENTの事業責任者としてメディアの発行・運営を行う。

関連記事

前の記事へ

大宮駅エリアのおすすめ広告! | 交通利便性抜群の埼玉のメインターミナル!

次の記事へ

【2021年4月版】ネットでバズった面白い広告3選 | 折込チラシ風の駅広告