ブルーロック、単行本16巻発売に併せて渋谷駅で広告掲載

2021年10月15日に発売される漫画「ブルーロック」の第16巻発売にあわせて、渋谷駅周辺が「ブルーロック」の広告でジャックされています。

漫画「ブルーロック」は原作を金城宗幸氏、作画をノ村優介氏が手掛けるサッカー漫画。2018年より、週刊少年マガジンでの連載がスタートし、同年11月には単行本1巻が発売。先日、2022年にアニメ化されることが発表されました。

今回の広告キャンペーンでは、2021年10月15日の「ブルーロック」第16巻発売に併せて、渋谷駅周辺でPRを実施。2021年10月16日から29日までの期間、渋谷の街頭に人気キャラクター6人のポスター広告合計240枚を掲出。さらに2021年10月18日より、東京メトロ半蔵門線渋谷駅の地下コンコースに柱巻広告と巨大な駅貼りポスターを掲出し、渋谷の街をブルーロックがジャックしています。渋谷駅の柱巻広告と駅貼りポスターは2021年10月24日まで掲出される予定です。

渋谷駅に掲出されていた柱巻広告

主要キャラクターが描かれた巨大駅貼りポスター

掲出されたメディア

『東京メトロ 渋谷駅柱巻』

東京メトロ渋谷駅構内の通路にある12本の柱に広告が掲出できます。他の広告との連動も可能なのでインパクトのあるPRが実施できます。

広告料金を見る

『東京メトロ 半蔵門線 渋谷プレミアムセット ハーフ』

東京メトロ渋谷駅の地下コンコースに駅貼りポスターが掲出できます。B0サイズ20枚のハーフセットで高い訴求効果が期待できます。

広告料金を見る


関連記事

前の記事へ

ヲタ恋、新宿駅で最終巻発売を記念した大型ビジョン広告を掲載

次の記事へ

えんとつ町のプペル、新宿駅で復活上映の告知広告をサイネージで掲載