えんとつ町のプペル、新宿駅で復活上映の告知広告をサイネージで掲載

2021年10月22日から10月31日の期間限定で復活上映される映画「えんとつ町のプペル」のサイネージ広告が東京メトロ新宿駅構内にて配信されています。

映画「えんとつ町のプペル」は累計発行部数70万部を記録した絵本「えんとつ町のプペル」が原作。絵本の脚本・監督も務めたお笑いコンビ・キングコングの西野亮廣さんが映画版の製作総指揮と脚本も務めました。
本作は2020年12月25日に公開された作品ですが、ハロウィーンの時期にあわせ、2021年10月22日から10月31日の期間限定で復活上映されることになりました。

今回の広告キャンペーンでは、東京メトロ新宿駅の定期券うりば前にあるデジタルサイネージをジャックし、映画「えんとつ町のプペル」の復活上映をPRしています

東京メトロ新宿駅の柱サイネージをジャック

駅構内がプペル一色でした。

掲出されたメディア

『東京メトロ MCV 単駅ジャック販売 新宿駅(定期券うりば前)』

東京メトロ新宿駅の定期うりば前にある柱サイネージをジャックできる広告プランです。シートの掲出のオプションも実施できます。

広告料金を見る


関連記事

前の記事へ

ブルーロック、単行本16巻発売に併せて渋谷駅で広告掲載

次の記事へ

見える子ちゃん、渋谷駅で大型広告を掲出