フットサルチーム「パルドラール浦安」が屋内水泳プールのネーミングライツ取得

日本トップリーグに所属するフットサルクラブ「パラドール浦安」が浦安市とネーミングライツ・パートナー契約を締結しました。

これによって、令和2年4月1日から令和12年3月31日まで、浦安市運動公園総合体育館・屋内水泳プール(浦安市舞浜2番地27)は「パルドラール浦安アリーナ」となります。

契約施設:浦安市運動公園総合体育館・屋内水泳プール
愛称:バルドラール浦安アリーナ
契約期間:令和2年4月1日から令和12年3月31日まで(10年間)

ビズ美
ちゃん

そもそも“ネーミングライツ”って何か知っている?

屋内水泳プールの名前にフットサルチームの名前がついているけど、何か関係しているの?

ビズ子
ちゃん

日本語にすると“命名権”と呼んだりするね。

自治体などが持つ公共施設の名前を付与する権利と、付帯する諸権利のことだよ。

ビズ美
ちゃん

なるほどね!

でも、施設に名前がついて何かメリットはあるの?確かに「ビズ美運動場」とか名前つけられたらうれしいけど…。

ビズ子
ちゃん

例えば、今の「味の素スタジアム」は以前は「東京スタジアム」だったんだよ。知ってた~?

みんなイベントの度に「味の素スタジアム」と連呼するから企業にとっては大きな宣伝効果が期待できるんだよ。

ビズ美
ちゃん

確かに「待ち合わせは味の素スタジアムね!」って話になりそうだね。

「浦安市運動公園総合体育館の屋内水泳プール」だと長いからね!確かに「パルドラール浦安アリーナ」って愛称があると良いね!

ビズ子
ちゃん

そうそう。

10年契約だから、長く市民に親しまれそうだね。

ビズ美
ちゃん

確かに!

みんなに親しまれる広告って最高だね!

配信元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000024.000039862.html

(編集:ビズパ編集部)


費用対効果がわかりやすく、比較的低単価なイメージがあるインターネット広告を使う企業が増えてきた一方、ネーミングライツのような広告手段も注目されてきています。

一時の数字だけで見ればインターネット広告の費用対効果では太刀打ちできないかもしれません。しかし、ネーミングライツのように「連呼されることで認知が拡大」したり「地域貢献」が出来ることはインターネット広告にはないメリットでもあり、強みでもあります。ブランドイメージの形成など副産物的な効果も見込めます。

BIZPAではそんなインターネット広告以外の、いわゆる「オフライン広告」を検索、比較・検討、発注までできるWebサービスです。取り扱い広告は20,000点以上。 随時新しいオフライン広告媒体を掲載しているので、まずはこちらから、是非ご活用ください。

関連記事

前の記事へ

先週末の「外出自粛」「隣接4県からの移動自粛要請」の効果

次の記事へ

プロサッカーチーム「大分トリニータ」がユニフォームスポンサー契約を締結