電算システムが「StratosMedia」を活用したデジタルサイネージをフジテック製の新型エレベーターに提供

株式会社電算システムは、フジテック株式会社が4月1日より販売を開始した、多機能エレベーター「エクシオール」のオプションとして、2020年7月から「StratosMedia(ストラタスメディア)」を活用したデジタルサイネージソリューションを提供します。

ビズ美
ちゃん

エレベーターにデジタルサイネージが付くってことだよね。

で、デジタルサイネージって何のこと?

   

ビズ子
ちゃん

デジタルサイネージは、電子広告とか電子看板とか言われるやつだよ。

上の画像だと天気予報が映ってる部分がデジタルサイネージだね。

ビズ美
ちゃん

なるほど!じゃあこのストラタスメディアっていうのは?

活用するってどういうこと?

   

ビズ子
ちゃん

ストラタスメディアはデジタルサイネージの管理システムなんだって。

エレベーターは移動するし揺れたりもするからこのシステム選びは重要みたいだね。

StratosMedia(ストラタスメディア)が採用された理由として、移動を前提とした過酷な環境下での安定した稼働実績が挙げられます。

設置に際して、サーバー構築が不要なクラウド型サービスで、低コストかつスピーディーな導入が可能な点や、インターネットを通じたコンテンツの即時更新が可能な点も、エレベーターに設置するデジタルサイネージに適していると考えられます。

電算システムとフジテックは連携を強化し、エンドユーザー側で配信コンテンツの管理が行える点の価値訴求をさらに強めていく考えです。

ビズ美
ちゃん

そっか。1階から最上階までずっと映し続けるっていうのも大変なんだね。

ちなみに映像はずっと天気予報なのかな?

   

ビズ子
ちゃん

政治やスポーツとか、6ジャンルから最新ニュース5本と天気予報が配信できるんだって。

ビル毎とか地域単位毎に配信コンテンツを選べるらしいよ!

<配信コンテンツについて>

StratosMedia(ストラタスメディア)を活用したこのデジタルサイネージでは、時事通信社提供のニュース6ジャンル(政治、経済、社会、スポーツなど)から最新のニュース5本と、天気予報(全国12都市)を配信可能です。

配信コンテンツを単位毎に変更でき、設置ビル毎や地域単位毎で配信コンテンツのジャンルを変更するなどの使い方も可能です。

ビズ美
ちゃん

エレベーターって退屈だし、ニュースや天気予報はありがたいね。

この電算システムさんはデジタルサイネージソリューションをやってる会社なの?

   

ビズ子
ちゃん

電算システムは情報サービス事業と収納代行サービス事業がメインの事業だね。

クラウドサービス事業も今力を入れだしてるみたいだね。

ビズ美
ちゃん

情報サービス事業は何となくわかるけど…。

収納代行ってあのコンビニで支払ったりするやつのこと?

   

ビズ子
ちゃん

そうそう!コンビニの収納代行サービスを民間企業で始めてやったのが電算システムなんだって!

直接デジタルサイネージとは関係なさそうだけど、システム開発が強い会社ってことなのかな。

ビズ美
ちゃん

そう聞くと、このデジタルサイネージも安心って思っちゃうね!

安心して任せられる会社が出してるのが、低コストでスピーディーに導入可能っていうのはありがたいね。

ビズ子
ちゃん

エレベーターのデジタルサイネージはたくさんの人が毎日見るものだしね。

安定してコンテンツが提供できるものっていうのが重要だよね。

配信元:https://www.atpress.ne.jp/news/207419

(編集:ビズパ編集部)

関連記事

前の記事へ

三重県の伊賀鉄道がネーミングライツ権売却

次の記事へ

<1,000人調査>広告媒体に関する意識調査を実施