ケシオン、一棟丸ごとプロモーションスペースに活用可能なビルを大阪ミナミにオープン

大阪の広告代理店、株式会社ケシオンは、心斎橋筋商店街にプロモーション専用スペース「ZeroBase」を2020年9月に期間限定でオープンします。

ZeroBaseは、『ゼロベースで新たなコミュニケーションを生み出す』というコンセプトのもと、様々なコミュニケ―ション手段によるプロモーションを可能とします。すでに東京で複数展開しているZeroBaseの既存店舗と併せた展開も可能となります。

ビズ男
(後輩)

ポップアップストアを活用したプロモーションはよく見かけますが、一棟まるまるプロモーションに活用できるスペースってなかなかないですよね。

ビズ菜
(先輩)

そうですね。

フロアごとに違ったコミュニケーションがとれるので、そのブランドやサービスについて、より深い理解が期待できそうですね。

ビズ男
(後輩)

試食スペースを設けたり、インスタ映えを狙ったスペースを設けたり、幅広い使い方ができそうな、プロモーションの可能性を広げてくれるビルですね。

ZeroBaseは、心斎橋駅から徒歩2分とアクセス良好で、付近には百貨店、高級ブティックもあり、買い物客も多く訪れるエリアに位置しています。コロナウイルスの影響もあり、プロモーションのスタンダードはWebに移行していきつつある中、それでもデジタルでは解決できないブランディング・コミュニケーション実現のために、リアルな体験を提供できる場を求める声は根強く、ZeroBaseはまさしくそうした需要にこたえるスペースです。

ビズ男
(後輩)

デジタルで伝えられる情報はたくさんあるけど、

どうしても限界はありますよね。

ビズ菜
(先輩)

そうですね。

オンラインでは動画によるプロモーションが訴求力が強く効果的ではあるけど、臭いだったり、味、手触りみたいな五感に訴えるものは、リアルな体験でしか伝えられないですよね。

ビズ男
(後輩)

ただ、コロナウイルスの影響で、これからしばらくは3密を避ける行動が求められていく中で、オフラインでのプロモーションのあり方もこれまで同様というわけにはいかないかもしれませんね。

ビズ菜
(先輩)

だからこそ、ZeroBaseのような幅広い可能性のあるスペースから、これからのウィズコロナ時代の新しいオフラインプロモーションが誕生してほしいですね。

配信元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000013.000045871.html

(編集:ビズパ編集部)

関連記事

前の記事へ

TAASとモードメディア・ジャパン、情報コンテンツの供給における提携を発表

次の記事へ

串カツ田中、クラウドファンディングのリターンのため、期間限定で店舗名を「串カツ宮迫」へ